サラリーマンに適した副業|いろんな方向性から28種類を紹介!

サラリーマンに適した副業

サラリーマン・OLの皆さんは副業について一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

    「週末に副業で5万円稼げれば生活が楽になる。」

    「趣味を副業にして小遣い稼ぎができれば最高だ。」

このように思ったことがある人は、この記事を読んで副業にチャレンジできる可能性を考えてみてください。

サラリーマン・OLに適した副業を紹介します!


サラリーマンに適した副業<ネット系>

1. アフィリエイト

自分が運営するウェブサイトに広告を掲載するアフィリエイト手軽に始められる副業の代表格です。

サイト訪問者が広告をクリックしたり商品やサービスを購入すると成果報酬が支払われる仕組みなので、うまくすればブログを書いているだけで副収入を得られます。

ただし、ある程度の金額を稼ぐことのできる人は5%ともいわれる厳しい世界です。

サラリーマンをしながら、副業でブログを書いて稼いでいる人たちがいます。多くはアフィリエイトという手法ですが、それ以外にも副業ブログで稼ぐ方法があります。ブログを書くことによって得られる収入と、それ以外のメリット、そして会社にバレないための注意点などを紹介します。

2. ドロップシッピング

ドロップシッピングとはネットショップで受注すると、メーカーや卸売業者(ベンダー)が注文者へ商品を発送する形態のビジネスです。

普通のネットショップとは違い、このしくみでは自分は注文の受付窓口に過ぎず、商品を製造したり在庫を抱えたりする必要がないため、サラリーマンが副業として始めやすいビジネスの1つです。

こちらも競争が激しく、まとまった金額を稼ぐ人は一部にとどまります。

3. 動画投稿

Youtubeなどの動画投稿も手軽さという点では、アフィリエイトに匹敵します。

動画を撮ってサイトにアップするだけなので簡単です。

ただし投稿動画の閲覧回数が少なければ、まったくおカネになりません。

4. 写真販売

一昔前と違い、今はプライバシーや個人情報の保護に気を配る必要があります。

企業が勝手に街中で撮った人物写真などを気軽に広告などに使うことはできません。

このため、一般人の日常生活の写真の買い手が存在します。家族のスナップショットが売れる時代なのです。

企業のニーズをうまくとらえれば、毎月コンスタントに稼ぐことができます。

5. ウェブライティング

副業 ライティング

さまざまなウェブサイトに掲載されている記事の大半は、副業ライターが執筆しているものです。

専業ライターや新聞・雑誌記者などのメディア関係者が書いている記事は、実はウェブ全体からみればほんのわずかです。

ランサーズやクラウドワークスなど、ライター募集を行っているサイトがありますので気軽にチャレンジできます。

上で紹介した副業とは違い、仕事に応じて確実に報酬が得られます。

本業の収入にプラスしたい、将来を考えて本業以外のスキルを身につけておきたいなど、さまざまな理由で副業に取り組み人が増えています。 副業...

6. アンケート・懸賞

企業のアンケートやクイズに何度も応募して謝礼金、電子マネー(ポイント)、賞品をコツコツ稼ぐ方法もあります。

少し手間のかかる面倒なものに応募すれば、抽選の場合でも当たる確率が高まります。

継続して取り組めばそれなりの金額を稼げます。

あまり深く考えたりする必要がなくスキマ時間で実行できるのが利点です。

7. 商品モニター(テスター)

商品モニター(テスター)は空き時間にできる点でメリットの大きい副業です。

ただし、金銭的な報酬を安定的に稼ぐのには向いていません。

8. 通信販売(ネットショップ)

独自のネットショップ、あるいはネット上のショッピングモールに出店して、モノを売ることもできます。

楽天などに出店するのはかなりハードルが高いですが、無料でネットショップを開設できるサービスもあります。

店舗を構える場合と比べて圧倒的に低リスクで商品を販売できるメリットがあります。

9. オークション

より手軽にモノを売りたいのであれば、オークションサイトがおススメです。

ヤフオク!やメルカリなどには簡単に出品できます。

ダメモトで出品を続けながら売れ筋を探すこともできます。

オフラインで集めた一部のマニア向け商品(一般人からみればガラクタ)をネットオークションで売り捌く人もいます。

ネットを使った副業は、ほぼ在宅で仕事が完結するのが大きなメリット。 現在、会社勤めの給料だけでは思うような収入を得られなくて、悩んでい...

ネットでできる副業はますます盛んになることが予想されます。

興味の持てるものがあれば気軽に取り組んでみるといいでしょう。

スポンサードリンク

サラリーマンに適した副業<バイト系>

10. 飲食店店員

いつも仕事が定時で終わる人は、夜の居酒屋やバーなどでバイトをするのが最も確実に稼げる手段です。

人手不足で時給が上がっているので、結構な額を稼ぐことができます。

学生時代にこうしたお店でバイトしていた人であれば、だいたいのマニュアルに書いてあるようなことはわかっているので気軽にとりくめるでしょう。

11. コンビニ店員

コンビニ店員

こちらも本業の会社で残業や休日出勤がない人向けです。

シフトをうまく入れて体力を温存しつつ継続すれば、安定的な給料が得られます。

12. ホステス・コンパニオン

女性であればクラブ、キャバクラなどのホステスや宴会コンパニオンなどのアルバイトをする手段もあります(男性ホストの副業は拘束時間が長くほぼ不可能です)。

なんといっても時給が高いのが魅力です。

ただし水商売の世界も競争が激しく、新しい若いコが次々と入ってくるため、OLとのダブルワークを長期間続けることは楽ではありません。

13. ポスティング

チラシ広告のポスティングは時間さえあれば誰でもできます。

ただし、単価や安く疲れるだけであまり儲かりません。

また地域によっては持ち込みでマイカーやバイクを必要とする場合もあります。

14. 警備員

工事現場やスーパーの駐車場などの警備員のアルバイトもハードルが低い副業です。

日中のサラリーマンの仕事を終えてから深夜の仕事になることがほとんどで、肉体的な負担は大きなものがあります。

短期的にスキル不要で稼ぐには向いていますが、長期にわたりサラリーマンと兼業することは難しいでしょう。

15. エキストラ

テレビや映画のエキストラはきちんと決まった休みが取れる人で、こうした世界が好きあれば楽しんで取り組めるでしょう。

一般的に報酬は低いため、まとまったお金が必要な人には向きません。

理由はさまざまですが、バイトの掛け持ちやダブルワークをしている人が増えているそうです。「少しでもたくさん稼ぎたい」「海外留学の費用を貯めたい」「独立・開業資金を貯めたい」ある人材派遣情報サイトが4,233人に行ったアンケートによると、57%がダブルワークの経験者とのこと。では、どんな仕事があり、どんな仕事が人気なのでしょうか?タイプ別にオススメの仕事を探ってみます。

サラリーマンに適した副業<投資>

16. トレーディング

副業 トレーディング

株式、FX、仮想通貨などの売買で稼ぐトレーダーは誰でも簡単になれます。

ネット証券で口座を開設すればすぐにトレードを始められます。

資金が少額でもレバレッジという仕組みで、大きく儲かることもあれば、資金のすべてを失い借金を抱えることになる場合もあります。

運用成績がよければブログを書いてアフィリエイトでも稼ぐ手もあります。

給料は少ないが何とかして今より自由に使えるお金を増やしたい。 株式投資はお金がかかりそうだし副業ははじめるのが難しい。 そんなサ...

17. 不動産投資

多少の自己資金は必要ですが、不動産投資もサラリーマンに人気の副業です。

ただし金融機関から借入をして投資する場合には、失敗したときの損失額を計算しておかないと身の破滅を招く恐れがあります。

やるなら真剣に勉強してから取り組みましょう。

18. ギャンブル

世の中にはギャンブルで生計を立てる人もいます。これも資金を投入してやる仕事には違いありません。

麻雀棋士や公営ギャンブルの予想屋などの公認職業だけでなく、パチプロなど非公認分野もあります。

裁判が話題になったように、ビッグデータを解析して中央競馬などで億単位のお金を稼いでいる人も実在します。


サラリーマンに適した副業<対面サービス>

19. 占い師・ヒーラー

女性を中心に占い好きの人は大勢いますよね。

スピリチュアルな手法でヒーリングを行う仕事も人気があります。

占い師もヒーラーも始めるのに資格はいりません。

基本的なことを勉強すればセミプロとして稼ぐことができるかもしれません。

20. 講師・トレーナー

副業 トレーナー

自分の特技を活かして講師やトレーナーになることもできます。

語学学校やカルチャーセンターなどのアルバイト講師の口を探すだけでなく、youtubeなどに自分の講義や実演を投稿する手もあります。

21. カウンセラー・コンサルティング

各種のカウンセラーや、さまざま分野の相談に乗るコンサルティングは男女問わず人気の高い仕事です。

ネットで集客するなどして、自由に活動することができます。

22. 家庭教師

学歴が立派な人は家庭教師をしましょう。

とくに地方であれば東大、京大など旧帝国大学系のブランド力は強いので多少年齢が上でも大丈夫です。

さらに地元のナンバースクール(旧制県立第一中、第二中など)や開成、灘などの超名門校を卒業していれば完璧です。


サラリーマンに適した副業<開業準備>

23. 飲食業

副業 飲食店

週末だけカフェを開くとか夜4、5時間だけショットバーをやるといった飲食店経営の副業をする人もいます。

一般的にはサラリーマンと飲食業の兼業は肉体的にかなりキツイので、脱サラのための準備でなければあまりおススメできません。

24. 店舗販売業

飲食店と同様に開店日・時間限定で物販店(雑貨やアパレルセレクトショップなど)を開く人もいます。

こちらもサラリーマンとの兼業はハードなので無理せずできる範囲をよく検討してから始めましょう。

やはり軌道に乗った後のこと(脱サラ)を考えた上での準備として取り組むことが望まれます。

サラリーマンに適した副業<その他>

25. 同人誌・フィギュアなどオタク系活動

一時の勢いは低下しましたが、漫画の同人誌で稼いでいる人はコミケに参加するサークルをはじめとしてたくさんいます。

フィギュア、コスプレなどもお金に代えられる可能性があります。

ネットでさまざまな情報発信・収集ができる現代では、モノの販売だけでなく動画や画像を売る余地もあります。

26. 農業

農家の大半は兼業なので、もっともポピュラーな副業といえなくもありません。

ただし新規で農地を利用するためには、地域の農業委員会の許可を得たり周辺農家との協力関係を構築したりする必要があるため、思うほど簡単には始められません。

サラリーマンをしながら、農業がしたい! そんな副業農家になるには土地や農具、栽培方法を学ぶことなど準備することが多くあります。そして人に指図されずに自分が工夫をこらして収穫、販売をするためには、経営的な視点も必要。大きなやりがいが感じられる副業農業に挑戦するための実践的知識を紹介します。

27. プログラミング

ITエンジニアであれば、会社と別に個人でプログラミングを受託することもできます。

ただし会社の仕事量も相当多いはずなので、下手に個人で仕事を請け負うとパンクする恐れがあります。

請負ではなく、自作のアプリなどを販売して稼ぐ方法もあります。

IT系の仕事をしている人の中にはフリーランスの人が大勢いますよね。 10年程度サラリーマンとしてスキルを磨いた後に、独立するパターンが...

28. 本業のスキルを活かす

インターネットが発したおかけで、手軽に多くの情報を得ることができるようになりました。

このため他者と差別化できる専門的な能力があれば、些細なことでもビジネスのネタになる可能性があります。

掃除、収納、弁当、総菜など家庭の知恵に過ぎなかったことが商売になる時代です。

工夫次第では本業のスキルを、会社以外の場所で活用することができる可能性があります。

マイクロ起業塾|web商売とITによる仕組み化を学ぶ講座


今後、サラリーマンの副業は増加傾向に

サラリーマン副業

実は政府もサラリーマンの副業・兼業やフリーランスの活用を後押ししています。

2018年3月頃には経済産業省、厚生労働省などが働き方の多様化を促すための報告書を取りまとめる予定です。

数年後には多くの企業の就業規則が変わり、副業を持つサラリーマンが大幅に増加しているかもしれませんね。

副業を超えて「複業」状態で働く人も増えています。
複業時代がやってきた!副業解禁の時流に乗る17のポイント

副業を頑張りすぎて、身体を壊したり本業での支障がでないようにするための注意すべきことは、
ダブルワークはきつい!副業・バイト掛け持ち7つの注意点

理由はさまざまですが、バイトの掛け持ちやダブルワークをしている人が増えているそうです。「少しでもたくさん稼ぎたい」「海外留学の費用を貯めたい」「独立・開業資金を貯めたい」ある人材派遣情報サイトが4,233人に行ったアンケートによると、57%がダブルワークの経験者とのこと。では、どんな仕事があり、どんな仕事が人気なのでしょうか?タイプ別にオススメの仕事を探ってみます。

あなたに適した副業で、しっかり収入アップできますように。