すべて【無料】求人サイト!募集を成功させる7つの無料ツールの使い方 | はたらくす

すべて【無料】求人サイト!募集を成功させる7つの無料ツールの使い方

求人を無料で成功させる ビジネススキル

求人をしたいけれど、予算がない。

無料で求人募集するなら、ハローワークしかない?

企業が求人募集をする際には、手間もお金もかかってしまいますよね。

採用してもミスマッチというケースも珍しくはありません。

効率よく「無料」で求人をして、しかも自社の社風に合った人材を見つけるためには、どのようにしたらいいのでしょうか。

無料の求人募集のツールや成功させるための秘訣について、ご紹介します。


求人募集を無料で行うには?

無料で求人募集をする方法は大まかに分けて7つあります。

  • ハローワーク
  • 学校に求人を出す
  • 無料の求人サイトを利用する
  • SNSで採用活動をする
  • 知人の紹介
  • 自社のウェブサイトに求人ページを追加
  • 無料サービスで採用ページを作成する

それぞれの方法には、メリットデメリットがあります。

どんな方法が自社の募集にふさわしいか検討しながら読んでください。

スポンサードリンク

無料で求人募集したいときに利用できるツール

1. ハローワーク


求人を考えたら、1度は利用してみてはいかがでしょうか(手続きは郵送と電話でも可能です)。

窓口では、採用や選考にあたっての留意事項や助成金制度について教えてもらうことができます。

ただし最近、ハローワークの求人はあやしい企業が多いという噂が流れています。

そのため、若い人材からの応募を見込めず、年配者や求人条件に当てはまらない人からの応募が多くなる傾向にあります。

【利用方法】

事業所登録シートと求人申込書を記入すると、全国のハローワークにある端末から求職者が検索できるようになります。

また、希望すればインターネットサービスを利用することができます(仕事を探している人が、検索できるサービスです)。

地元で求人していることが同業他社にバレないようにしたい場合など、社名を公開する・公開しないを選べます。

ハローワークインターネットサービス

2.学校に求人を出す

大学や短大、専門学校、高校へ求人票を出す方法です。

新卒を雇う余裕がなくても、既卒者(第二新卒や大学院まで出ても就職先がみつからない人など)が就職課やキャリアセンターを訪れるケースがあります。

既卒者向けの求人を扱ってもらえるのか問い合わせてみましょう。

なお、アルバイトやパートを募集することはできませんので注意してください。

【利用方法】

ターゲットにする学校が決まったら、学校のHPまたは電話で問い合わせます。

求人票を取り寄せて学校へ郵送または、ネット上で登録をします。

今後も求人募集をする機会があると思いますので、時間があれば直接学校を訪問して挨拶をしておくと良いでしょう。

3.無料の求人サイトを利用する

リクナビやマイナビのような大手に比べると登録者数は少なくなりますが、無料で求人募集ができるサイトがあります。

地域や業界・職種で使い分けて積極的に利用してみましょう。

※プランにより有料の場合があるためよくご確認ください。

(1)地域限定で人材募集できるサイト

自治体や地域の商工団体などのほか、企業が運営している求人サイトもあります。

主にUターン、Iターン者向けに求人情報を掲載しているサイトが多いです。

自治体が運営しているサイトは、企業の掲載申し込み・問合せリンクがなかったり、募集期間が決められていて、限定数だったりするところがあります。

ただ、書類の提出が必要なサイトなどは、それだけ信頼度は高いといえるかもしれません。

(2)業界職種限定の無料で求人募集できるサイト

(3)全職種・全国対応の無料で求人募集できるサイト

4. SNSでの採用活動

FacebookやTwitter、Instagramなどを利用した採用方法です。

採用活動でSNSを利用するのは以下のようなメリットがあります。

  • 社風や事業内容を詳しく伝えることができること
  • 採用ブランディングも一緒に行えること
  • 情報を拡散できること

しかし、更新を怠ってしまうと興味を持っていた応募者が離れてしまうことがあります。

また、読み手が求職者に限定されていないため、企業のFacebookやTwitter、Instagramでできる母集団形成には限界があります。

こうした問題をクリアして求職者を集めたいのであればFacebook と提携しているSNS求人サイトWantedly Admin の無料30日トライアルを検討してみましょう。

スタートアップ企業が多く利用しているため、給与や安定よりもやりがいや社風を重視した人材にアプローチすることができます。

Wantedly Admin

5.知人の紹介(リファラル採用)

昔は縁故採用とも呼ばれていた採用方法です。

あらゆる人脈から仕事を探している人を紹介してもらうため、他の採用方法よりも人柄を把握できる強みがあります。

しかし、人柄採用となるので以下のような懸念点も出て来ます。

  • スキル不足
  • 勤務態度に問題があっても指摘がしにくい
  • 紹介者の立場によっては給与で優遇をしなければならない

また、無料といいながら謝礼で思わぬ出費がかかることが予想されます。

6.自社のウェブサイトに求人ページを追加する

採用で1番重視しなければならないツールが採用HPです。

ハローワークや学校の求人票、無料の求人サイト、SNS、知人の紹介どの経由をたどっても求職者が最後に見るのは採用HPでしょう。

求職者が企業や採用基準、自分の採用スキルや性格と照らしあわせて応募をするか否かを決定するのは採用HPだからです。

すでに自社のホームページを持っている場合は、そこへリクルーティングのページを追加しましょう。

CMS(Wordpressなど)でサイトを作っていれば、ITやウェブサイト制作の専門的な知識がなくても簡単にページが追加できます。

集客用のサイトやネットショップなどの販売サイトに求人募集のページがあれば、自社のサービス内容についてある程度の理解がある人の応募が見込まれます。

7. 無料サービスで採用HPを作成する

本当は無料ではなく数万円でいいのでお金をかけ、しっかりしたクオリティで、プロに採用HPや自社サイトへの採用ページの追加制作を依頼したいところです。

しかし、「いまはそんなお金の余裕も時間もない」という人のために、無料で手軽にクオリティの高いサイトができるサービスを4つご紹介します。

(1)Talent Cloud

http://talentcloud.jp/

募集要項3件までは完全無料(4件目からは有料)です。

スタッフインタビューや採用ブログ等のコンテンツを盛り込んだ採用HPを制作でき、ソーシャルメディアでの拡散機能もあります。

採用管理機能がついており、企業に興味を持っていても応募してこなかった人材にもアプローチができ、内定者フォロー機能も搭載されています。

(2)engage(エンゲージ)

https://en-gage.net/

最短3分で採用HPが制作でき、求人情報専門の検索エンジンへの自動的に掲載されます。

採用管理機能やスマートフォン対応はもちろん、『エン転職』会員約480万人へのスカウトまで完全無料で行えるため、採用HPだけである程度の母集団形成が可能になります。

(3)スタンバイ・カンパニー

https://stanby.co/

パソコンが苦手な人でも細かい修正を簡単に行えるため、採用HPの更新作業に時間を取られることがありません。

条件から検索して登録者をスカウトすることができます。

応募者管理機能では応募者とのメールのやりとり、求職者の履歴書や職務経歴書等の紙媒体をPDFで出力が可能になります。

(4)ACCUUM(アキューム)

https://accuum.com/jp/

会社のホームページに合わせてロゴ、オリジナルバナーや写真などを組み合わせて制作できます。

FacebookやTwitterへのシェア、Wantedlyとの提携、応募者管理も完備しており、リアルタイムで採用状況を分析できる機能が備わっています。

こちらは2週間の無料トライアルが可能です。

無料でも一手間かければ求人募集は可能!

以上、ご紹介したように無料で求人募集を行うツールがいまはたくさんあります

人材紹介会社に依頼すると確実ですが、そんな予算はないという場合は、少々の手間をかければ無料のツールでも求人をかけられます。

無料の求人募集のさい、採用活動で成功するための注意点

採用は求人を出すだけでは成功しません。

採用活動の成功率をアップさせるコツを紹介します。

1. 採用計画の基本をおさえる

採用計画では最初に下記のことを決めます。

(1) 採用活動を行う目的
(2) 欲しい人物像
(3) 募集方法
(4) 選考方法と合否ライン
(5) 採用活動の期間

(1) 採用活動を行う目的

目的が明確でないと採用方針がぶれてしまいます

また、求職者は「欠員補充」と記載しても、募集背景を知りたいものです。

自社が離職率の高い職場ではないことやブラック企業ではないことを明らかにするためにも、募集背景は必ず求人票に記載するようにしましょう。

(2) 欲しい人物像

欲しい人物像がしっかり決まっていないと、どんなにがんばっても採用活動は成功しません。

欲しい人物像をヒューマンスキルも含めて言語化しましょう。

  • どんな職種経験が必要か
  • 業務を遂行するために必要なスキル(ヒューマンスキルも含め)
  • どんな人物が自社の社風に合うか
  • 入社後の研修とフォロー体制

仕事経験やスキル、ヒューマンスキル、自社に合う人物像を思いつく限り書き出しましょう。

「こういう人材はいらない」という要件も書き出します。

    【人物像を言語化する例】

  • 能動的に動ける人、自分から仕事を探して動ける人、フットワークの軽い人、キャリアプランが明確な人、黙々と仕事に向かうのが好きな人etc
  • 責任をとらない人、何が言いたいのかわからない人、言葉づかいが悪い人etc

その後、書き出した要件を「MUST」「WANT」「NEGATIVE」の3つのグループに分けます。

この中で「MUST」に当てはまった要件=欲しい人物像になります。

ただし、気をつけたいのがあれもこれもできる人とMUST要件を高くしすぎないことです。
大手であっても採用難と実感している企業が多くあります。

しかし、それはMUST要件が高すぎて就職市場にいない人物を求めているからです。

MUST要件の中でも経験やスキルに関する部分のハードルは下げておきましょう。

入社後の研修とフォロー体制をしっかり決めることで、伸びしろに期待できるヒューマンスキルの高い人材を求めるようにしましょう。

(3) 募集方法

無料で求人募集できるツールのどれを使用するのかを検討をして、欲しい人物像が多くいるツールに求人を出しましょう。

(4) 選考方法と合否ライン

選考方法と合否ラインは欲しい人材像をから逆算すると決めることができます。

  1. 欲しい人材像のMUST要件NEGATIVE要件をまとめながら面接時に使うチェクシートを作成する
  2. 面接チェックシートでは確認できない部分や、より重点的に確認したい部分について、追加の試験(筆記試験、成果物の提出、実技など)が必要かを検討する
  3. 試験内容とMUST要件とNEGATIVE要件のバランスから合否ラインを決める
  4. 合否基準を紙に落とし込む

(5)採用活動の期間(タイムリミットを決める)

「いい人がいれば」と言っていると永遠に採用できないかも知れません。

タイムリミットを定めそれまでに採用できなかった時は、何が原因で採用できないのか振り返りを行いましょう。

採用基準が高い、転職市場にスキルを持った人がいない、社風や仕事内容が伝わっていないなど、あらゆる角度から見直しをして再度募集をかけてみましょう。

無料で人が決まらないのであれば、有料サイトや人材サービスの利用も検討しなければなりません。

2. 社風や仕事内容は明確に!

求職者が1番知りたいことは社風や業務内容です。

業務内容は箇条書きになっても良いので細かく記載するようにしましょう。

あまりにも細かい場合は、「お茶くみやコピー取り、社内の清掃など雑務をお任せすることがあります」でも構いません。

また、採用担当者が頭を悩ませるのが、「社風」です。

月に1回はみんなで飲みに行って親睦を深めている、上下関係のないフランクな雰囲気でもなんでも構いませんので、思いつくまま書き出しましょう。

どうしても思いつかない時は「まだ組織も固まっておらず、社風というものがありませんが、将来はこんな企業にしたいと考えている」と書きましょう。

他社の求人情報を参考にしても良いので、できるだけ多く記載しましょう。

3. SNSや採用HPでは印象の良い写真を掲載

社風を伝えるには、文章だけでは伝わりにくいことがあります。

そこで重要になるのが写真です。

写真に映りたくない社員もいるかも知れません。

でも、全員が映るようにすると求職者が面接で会社を訪問した時、その社員を見かけるだけで安心感を与えることができます。

現在はスマホでもきれいな写真が撮影できるので、普段からスマホでよく写真を撮っている社員に撮影してもらいましょう。

撮影時には光の入り具合に気をつけて写真全体が暗くならないようにします。

社内が清潔に映るようにデスクに書類があふれていたり、社内の観葉植物が枯れていることがないように気をつけてください。

全社員が並んで映るより、見ている人が働くイメージが持てるように打ち合わせをしているシーンPCに向かっているシーン休憩しているシーンなどを入れてみましょう。

募集職種の上司を1日写真で紹介するのも、入社後のイメージを与えることができるので効果的です。

4. 面接で職場の雰囲気を見せる

無料で求人募集を考えている企業はスタートアップ企業や少数精鋭で事業展開を行っている企業が多いでしょう。

そこで1つ提案です。

1次面接で職場見学を実施してみるのはいかがでしょうか。

求職者は、求人情報を読んでも「なんとなく忙しそうだな」「なんでもできないといけないんだな」というイメージしか持てないと思います。

実際に他の社員が働いている隣で面接(面談)を行うことで、職場がどのような状況なのかを理解してもらえます。

その上で、次の選考に進んでもらうと、入社後に「こんなはずではなかった」というギャップも生まれにくくなり、定着率が良くなるでしょう。

ぜひ、検討してみてください。


無料の求人ツールを効果的に使うために

「無料求人を使用している企業はあやしい企業」という認識を持っている人は多くいます。

この概念を覆すには、FacebookやHPの内容を充実させる必要があります。

「もう、これ以上書くことがない」と思うぐらい充実した内容にし、写真を多く使ってください。

それでも欲しい人物像にマッチングする人材に出会えなかった時は、選考方法を見直して原因究明を行い、他のツールを利用したり、求人情報を書き換えたりするなどして、再募集してみましょう。

採用難の時代、求人も大変ですが、無料のサービスやツールをうまく使って人手不足の解消を目指しましょう。

あなたの会社が、いい人材を採用できますように。