1. TOP
  2. 転職した方がいい人に共通する、仕事を辞めていい状況11

転職した方がいい人に共通する、仕事を辞めていい状況11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職したほうがいい状況とは?

転職した方がいい人には、だいたい共通する状況というのがあります。

いまの勤め先の会社の状態や、そこでの人間関係、自分のキャリアや肉体・精神面の状態、そして転職したい業界の動向などなど。

何かのきっかけで転職したいと思っても、転職するなら、いま転職するべきか、もうちょっと先延ばしにするべきか、それとも転職しない方がいいのか…。

転職したいけど、何がしたいかわからないという場合もあります。仕事、会社を辞めるには、どうしたらいいのかも悩みますよね。

そんなあなたが、転職したほうがいいのかどうか、考えるために押さえておくべき確認事項について解説します。


転職した方がいい…よね?と思う時は例えば、

仕事を辞めたい!という気分はある日突然やってくることもあれば、いくつもの原因が重なり頭の中が徐々にいっぱいになっていき湧き上がることもあります。

例えば・・・

① 上司の仕事の進め方や物の言い方が気に入らない!経営者の考えや方針に納得がいかない。

② 仕事の割に、給料その他の労働条件に不満がある。サービス残業が多い…。

③ 同僚、上司、先輩後輩ほか、職場仲間の人間関係がうまくいかない。

④ 仕事でミスや失敗を多発。仕事を覚えられない、自分の能力や性格に向いていないのではないかと思う。

⑤ 会社の経営状況が思わしくなく、備品を買うのも厳しくチェックされるようになったり福利厚生が削られた…

⑥ 社風、風土がどうしても合わない…社訓を大声で唱えさせられたり、雰囲気がピリピリしてる…。

⑦ キャリアアップしたい!もっと能力を発揮したりスキルを磨いて将来に備えたい。

⑧ 昇進やボーナス査定の評価が納得できない。自分より仕事ができない同僚の方が上らしい…

⑨ 同期のライバルが同じ業界で転職したら年収が上がったらしい。

⑩ 仕事が体力的にキツくて身体を壊しそうだ…

⑪ 仕事がつまらない、ここにいても腐っていく感じがする…

・・・これらは程度の差こそあれ誰にも多かれ少なかれあると思います。

しかし、当てはまる項目が複数以上ある、またその度合が強いと、会社にいること自体が毎日辛くなり、転職した方がいいという結論になります。

忍耐強く我慢していまの仕事を続けることに向いてる人もいますが、あなたが会社を辞めたほうがいいかどうか、転職してよかったと思えるためには、以下の項目を参考に冷静に分析することが大切です。

スポンサードリンク

転職した方がいい年齢と他の条件との関係

1)年齢

転職を考える時、年齢は避けて通れない条件です。

・新卒で入社して3年以内の、いわゆる第二新卒枠に入る人。

・20代後半から30代の前半にかけての転職適齢期。

・35歳~40代前半の脂がのってきて一番仕事でバリバリ活躍できる時期。

・40代後半~管理者としてチームをマネージメントして成果を出す経験がものをいう年代。

しかし、この年齢なら転職してもいいとか、逆に転職してはいけないというものではありません。それは、他の条件との関係があります。

2)年齢に相応しいスキルを持っているか?

ひとつは、いま自分の持っているスキルとの関係です。

転職適齢期という意味では20代後半からですが、仮にほとんどスキルがなくて20代後半で転職するより、30代前半でそれなりのノウハウや専門知識、スキルがある人を企業はより重宝します。

また、専門職志向でより深い知識や技能のある人であれば30代後半から40代前半、あるいは管理職として実績を積んだ人であればそれ以上の年齢であっても、遅すぎるということはありません。

言い方を変えると、20代後半~35歳くらいまででそれなりにPRできるスキルを持っているなら、前段の「転職したい理由のある人」は転職した方がいい!ということになります。

3)転職回数

年齢と関係するもう1つの条件は転職回数です。

20代半ばで仮に2回目の転職だったとすると、一回目は20代前半でしょうか。

20代の途中で2回の転職だと転職理由をどう言ったとしても、企業側からはちょっと敬遠されます。

もしかしたら辛抱が足りない、考えの浅い人なのでは、と。

これが30代で2回目の転職なら、たとえばスキルアップやキャリアアップ目的の転職理由が通用します。

20代に勤めた最初の企業ではこんなノウハウや知識を習得でき、それにもっと磨きをかけるために1回めの転職をした。

そしてさらに今回、御社に転職してこれまで身につけたスキルを活かし、御社に貢献したいと考え応募した。

年齢のこともあるのでこれを最後の転職にして落ち着きたい」、というストーリーになります。

もっともこれも合理的な理由しだいです。

転職によって順調にキャリアアップしていたり、この転職を最後にしたいということが上手く説明できればOK。

また外資系企業のように転職回数にさほどこだわらない会社もあります。

 

・・・次のページでは、「これだったら転職した方がマシ!」という職場の状況について見ていきましょう。

 

 
転職した方がいい条件に当てはまることが多い人は、まず転職業界No.1であるリクルートの転職サイトでどんな求人があるのか検索してみましょう。

>>>リクナビNEXT

リクナビNEXTは会員数600万人以上の日本最大級の転職サイト。約85%が他社のサイトには掲載されていない求人になっています。

単に求人検索だけでなく、企業からのスカウトや、自己PRに活用できる自己分析の診断テストも無料で利用できます。

そして、転職のプロに相談しながら転職先を探してみたいと思ったら、リクルートエージェントが10万件を超える豊富な求人を抱えています。

リクルートエージェント 

これまで32万人以上の転職を成功させ、そのうち61%の人は年収UPしています。

詳しくは、
転職者の8割が利用!リクルートの転職サービスをみんなが使う理由は?

 

さらにあなたが条件を満たしていれば、同じくリクルートの高年収専門の転職サービスを利用してみるのもいいでしょう。

>>>ハイクラス転職サービス【CAREERCARVER(キャリアカーバー)】

いま年収600万円以上の人であれば、メルアドを入力して、その後にレジュメを登録すればOK。

よりいい条件、高待遇で自分をもっと活かせる仕事のオファーが来るかもしれません。

 

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす