サラリーマン平均年収を年齢別で確認!あなたの稼ぎは平均以上?

年齢別の平均年収 お金

サラリーマン平均年収は、だいたい400万円台前半といわれています。でもそれは、サラリーマン全体の数字。やはり気になるのは、自分と同年代の人がいくらぐらいもらっているかではないでしょうか? 今回は年齢別、そして別の平均年収を調べてみました。

もちろん、業種や職種、会社規模によって給与水準は異なります。あくまで平均だということを頭において見てください。

データは「転職サービスDODA(デューダ)」を参考にしています。また調査は2014年、ホワイトカラー系職種の男女、正社員を対象にしています。

それでは20歳の平均年収から見ていきましょう。


1:20歳の平均年収

20歳の平均年収=260万円

20歳男性の平均年収=281万円

20歳女性の平均年収=241万円

20歳で働いているということは、ほとんどが高卒で正社員として働いている人たちです。全体では平均260万円。年収の分布は一番低い区分けの300万円未満が77%と多くなっています。次いで300万~400万が14%となっており、ここまでに9割以上の人が入ります。

男女別に見ると、男性の方が女性より40万円高くなっています。女性の多い職種や業種の給料が安いということもあって、この時点ですでに男女に収入の差がついています。

スポンサーリンク

1:25歳の平均年収

25歳の平均年収=333万円

25歳男性の平均年収=345万円

25歳女性の平均年収=315万円

この年齢になるとは大卒で働き出して2~3年目といった人が多くを占めます。25歳全体で見ると、333万円が平均となりました。細かい分布では300万円〜400万円が44%と半分近くになっています。ただその次、2番めに多いのが、300万円未満で32%となっています。

これは女性の年収が男性に比べて低く、最も多い41%が300万円未満になっているのが要因と考えられます。職種によって差があるので一概に言えませんが、男女格差というのは現実にあるようです。

2:30歳の平均年収

次は30歳の平均年収を見てみましょう。

30歳の平均年収=417万円

30歳男性の平均年収=439万円

30歳女性の平均年収=372万円

なんとたった5年で84万円も上がっています。分布で見ると、最も多い32%が300万円〜400万円のゾーンで、平均年収よりも低い人が多くなっています。次に多いのが27%で400万円〜500万円のゾーンになっていますから、この層が平均年収を引っ張りあげているようです。

いっぽう、男性の平均年収になると1位と2位が逆転し、400万円〜500万円が29%で1位。300〜400万円が28%で2位となっています。

また女性は300万円〜400万円が37%と一番多く、この点では男性の分布と変わりませんが、2位が300万円未満で25%となっています。男女の差は、昇給面でも差があるようです。


3:35歳の平均年収

35歳の平均年収=470万円

35歳男性の平均年収=500万円

35歳女性の平均年収=381万円

35歳になると平均年収は伸び悩むようです。25歳→30歳が84万円アップしているのに、30歳→35歳は53万円。ただしこれ男女によって差があります。男性が5年間で439万円→500万円と61万円アップしているのに比べ、女性は372円→381万円と、わずか9万円のアップに留まっています。

また、男性の場合は30歳平均でわずか1%だった800万円〜900万円の層が、35歳平均になると4%に増加しています。35歳というのは、キャリア的にも高額給与者が現れ始める年齢と言えそうです。

 

ところで、隣の芝生は青く見えるもの。

平均年収が気になったあなたは、そもそも自分の適性な年収がどのくらいか知りたいと思っているかもしれません。

200万人の転職実績データを分析し、転職した時にどのくらいの年収を提示されるのかを教えてくれるサービスは、
予想オファー年収】をスマホで把握!面接確約オファーですぐに面接できる会社を選ぼう!

実際に転職するかどうかは自由なので、年収で悔しい思いを抱えたままにしないで自分はどのくらい価値があるのか、ひとつの判断材料にしてみましょう。


4:40歳の平均年収

40歳の平均年収=540万円

40歳男性の平均年収=572万円

40歳女性の平均年収=417万円

まさに脂の乗りきった年齢である40歳。35歳→40歳で一気に70万円のアップとなっています。これはこの年代から管理職になるなど、キャリアアップをすることが影響していると考えられます。

また35歳では年収の分布はある程度固まっていましたが、40歳になると300万円未満から1000万円以上までだんだんとバラけてきます。これは業種や職種、会社の規模によって昇給額に差があるためです。入社して20年近くの積み重ねが、はっきりとしてきたということでしょう。

5:45歳の平均年収

45歳の平均年収=616万円

45歳男性の平均年収=647万円

45歳女性の平均年収=472万円

アップ額は40歳に比べるとプラス76万円。それよりも目につくのが高額給与者の増加で、40歳全体では1000万円以上が8%、40歳男性で9%と1割近くになっています。40歳では全体が4%。40歳男性が5%ですので、どちらもほぼ倍に増えていることになります。

ただ、この年令全体で最も多いのは、平均年収より低い400万円〜500万円の17%。30歳の平均年収が417万円、35歳の平均年収が470万円ですから、そのへんから給与が伸び悩む人が多いのかもしれません。


5:50歳の平均年収

50歳の平均年収=680万円

50歳男性の平均年収=707万円

50歳女性の平均年収=466万円

アップ額は45歳に比べるとプラス60万円。上昇幅は落ち着きましたが、高額給与者はさらに増加、50歳全体では1000万円以上が16%、50歳男性で同じく16%。50歳女性でも8%が1000万円を超えています。

ただ、女性の平均年収は6万円のダウン。300万円未満が24%に増加、割合として一番多くなっており、これが全体を押し下げているようです。

6:55歳の平均年収

55歳の平均年収=762万円

55歳男性の平均年収=779万円

55歳女性の平均年収=536万円

アップ額は50歳に比べるとプラス82万円。ここに来て平均年収の上げ幅はまた大きくなりました。高額給与者はさらに増加し、55歳全体では1000万円以上が25%。4分の1は1000万円以上となりました。55歳男性で26%。55歳女性は45歳と変わらず8%が1000万円を超えています。この年齢になると役職も部長以上、役員クラスの人も増え、定年前のラストスパートといったところでしょうか。

男性は高額所得者を除くと700~800万が全体の15%のボリュームゾーンとなっており、平均年収の779万もここに収まります。

そして女性の平均年収はここに来て70万円のアップ。分布でみると高額所得者と低所得者との間に700~800万、離れて400~500万の2つの山が出来ており、個々人の働き方などによる年収の層が形成されているのがわかります。


7:業種別の平均年収は?

先にも書きましたが平均年収は業種によっても大きく変わります。参考までに業種別の平均年収も付け加えておきます(79業種中のランキング)。

1位=医薬品メーカー(680万円)

2位=投信・投資顧問(676万円)

3位=家電・AV機器メーカー(581万円)

4位=ハードウェアメーカー(575万円)

5位=電子・電気部品・半導体メーカー(573万円)

1位になった医薬品メーカーは前年比でプラス70万円と、金額だけでなく伸びもおおきくなっています。他にも医療機器・医療関連メーカー(571万円)やバイオ関連(442万円)も伸び率は高く、メディカル業界全体が活況といってもいいようです。

2位の投信・投資顧問ですが、金額こそ高いものの伸び率は悪く、前年のマイナス108万円になっています。

また3位の家電・AV機器メーカーも前年に比べてマイナス45万円と大きく下がっています。これは大規模なリストラにより高額給与者がへったことが影響しているのでしょう。

ちなみに、下位の業種は、理容・美容・エステ、ホテル、百貨店、旅行、冠婚葬祭など、サービスや小売り・外食などが多くなっています。これは若い女性が多いということが影響していると思われます。

先にも書きましたが、業種や職種、会社規模によって給与水準は異なるため、給与は大きなバラつきがあります。ひとくちに平均年収と言っても、高額給与者が大きく引っ張りあげている場合もあれば、低い人が下げている場合もあるのです。平均はあくまで参考程度に考え、これを超えてみせると仕事に励むモチベーションにするぐらいが、賢い活用法といえるでしょう。

参考:平均年収/生涯賃金(100職種別) 2014年版 |転職ならDODA(デューダ)

さらに、大企業メーカーの40歳平均年収はこちら、
大企業40歳平均年収。一流企業のアイツはいくら貰ってる?

なお、ここに掲載した金額はボーナス+残業など各種手当込みで、かつ税金などは差し引かれていない額面給与いわゆる「給与(税込み)」です。自分の「手取り」と比べて、随分多いんじゃ?と感じた人は念のため、こちらも読んでおきましょう。
給与明細の見方。給料から差し引かれる金額が何かくらい知っておこう

 

 
あなたが専門職・スペシャリスト、管理職などマネージャークラス、あるいは海外経験が豊富な人であれば、現在の年収を維持しつつより条件のよい求人や、高収入の求人情報を覗いてみてはどうでしょうか?

ある程度以上のキャリアを持っている人向けの求人情報が多く、いま500万円以上の報酬を得ていてさらにキャリアップを考えている人は、まずはメルアドだけで登録OKです。
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

会員制の転職サービス「ビズリーチ」について詳しくは、
年収1000万円以上の求人が5,000件ある転職サイトとは?

 

会社からもらえる給料はそんなに簡単にあがりませんが、副業ならば、現在の給料にプラスして一気に収入をアップさせることも可能です。

ネットの副業で稼いで収入をアップさせるには、
ネットで副業したい初心者にお勧め。在宅ですぐに出来る仕事は?

また、思いがけない転職チャンスがあなたの年収をアップさせるかもしれません。

あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス
偶然の出会いが人生を変える、なんて思ったことはありませんか? たまたま出会った人と恋におちる。運命なんてそんなものだったりします。 出会いを求めて探しまくっている時ではなく、ちょっとした集まりや、ふとしたきっかけで誰かに紹介

年齢別の平均年収がわかったら、落ち着いていまの会社で仕事してられなくなるかも?

それでも、世の中の平均的なところを知って働き方を見直すことは大切です。

あなたがもっと高い報酬を得て、仕事に打ち込めますように。