サラリーマン平均年収を年齢別で確認!あなたの稼ぎは平均以上?

年齢別の平均年収

サラリーマン平均年収は、だいたい400万円台前半といわれています。でもそれは、サラリーマン全体の数字。やはり気になるのは、自分と同年代の人がいくらぐらいもらっているかではないでしょうか? 今回は年齢別、そして別の平均年収を調べてみました。

もちろん、業種や職種、会社規模によって給与水準は異なります。あくまで平均だということを頭において見てください。

データは「転職サービスDODA(デューダ)」を参考にしています。また調査は2014年、ホワイトカラー系職種の男女、正社員を対象にしています。

それでは20歳の平均年収から見ていきましょう。


1:20歳の平均年収

20歳の平均年収=260万円

20歳男性の平均年収=281万円

20歳女性の平均年収=241万円

20歳で働いているということは、ほとんどが高卒で正社員として働いている人たちです。全体では平均260万円。年収の分布は一番低い区分けの300万円未満が77%と多くなっています。次いで300万~400万が14%となっており、ここまでに9割以上の人が入ります。

男女別に見ると、男性の方が女性より40万円高くなっています。女性の多い職種や業種の給料が安いということもあって、この時点ですでに男女に収入の差がついています。

スポンサードリンク

1:25歳の平均年収

25歳の平均年収=333万円

25歳男性の平均年収=345万円

25歳女性の平均年収=315万円

この年齢になるとは大卒で働き出して2~3年目といった人が多くを占めます。25歳全体で見ると、333万円が平均となりました。細かい分布では300万円〜400万円が44%と半分近くになっています。ただその次、2番めに多いのが、300万円未満で32%となっています。

これは女性の年収が男性に比べて低く、最も多い41%が300万円未満になっているのが要因と考えられます。職種によって差があるので一概に言えませんが、男女格差というのは現実にあるようです。

2:30歳の平均年収

次は30歳の平均年収を見てみましょう。

30歳の平均年収=417万円

30歳男性の平均年収=439万円

30歳女性の平均年収=372万円

なんとたった5年で84万円も上がっています。分布で見ると、最も多い32%が300万円〜400万円のゾーンで、平均年収よりも低い人が多くなっています。次に多いのが27%で400万円〜500万円のゾーンになっていますから、この層が平均年収を引っ張りあげているようです。

いっぽう、男性の平均年収になると1位と2位が逆転し、400万円〜500万円が29%で1位。300〜400万円が28%で2位となっています。

また女性は300万円〜400万円が37%と一番多く、この点では男性の分布と変わりませんが、2位が300万円未満で25%となっています。男女の差は、昇給面でも差があるようです。


3:35歳の平均年収

35歳の平均年収=470万円

35歳男性の平均年収=500万円

35歳女性の平均年収=381万円

35歳になると平均年収は伸び悩むようです。25歳→30歳が84万円アップしているのに、30歳→35歳は53万円。ただしこれ男女によって差があります。男性が5年間で439万円→500万円と61万円アップしているのに比べ、女性は372円→381万円と、わずか9万円のアップに留まっています。

また、男性の場合は30歳平均でわずか1%だった800万円〜900万円の層が、35歳平均になると4%に増加しています。35歳というのは、キャリア的にも高額給与者が現れ始める年齢と言えそうです。

 

ところで、隣の芝生は青く見えるもの。

平均年収が気になったあなたは、そもそも自分の適性な年収がどのくらいか知りたいと思っているかもしれません。

あなたが25歳~35歳までであれば、予想年収などがわかる転職力診断テストを無料で受けられる転職サイトがあります。
転職診断テストで転職の失敗を防ぐ!自分の市場価値を知るには?

また、上記の年齢以外の人も、200万人の転職実績データを分析し、転職した時にどのくらいの年収を提示されるのかを教えてくれるサービスは、
予想オファー年収】をスマホで把握!面接確約オファーですぐに面接できる会社を選ぼう!

この2つの結果と自分の実際の年収を照らし合わせれば、もし転職したら自分がどのくらい給料をもらってしかるべきなのかを把握できます。

いずれも実際に転職するかどうかは自由なので、年収で悔しい思いを抱えたままにしないで自分はどのくらい価値があるのか、ひとつの判断材料にしてみましょう。

 

・・・次のページでは、40歳を越えてからの平均年収について、さらに詳しく紹介します。