1. TOP
  2. 50歳からの転職は?もし50代で転職を余儀なくされたら…

50歳からの転職は?もし50代で転職を余儀なくされたら…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
50代で転職を余儀なくされたら…

(・・・前のページからの続きです。)

スポンサードリンク

50歳からの転職先の探し方

50代男性社員

1.勤務先の斡旋

一昔前の大企業では出世競争に敗れた人たちが50歳前後から関連会社へ転籍したり、取引先へ転職したりすることが一般的でした。

こうした再就職は勤務先の斡旋により行われます。とくに官公庁ではこれを「天下り」と呼びます。

なお、最近では再就職の斡旋を伴わない退職勧奨が増えています。それを受けるか否かは慎重に検討しましょう。

2.仕事上のコネクション

仕事の中で培った人間関係を活用し転職先を探す人もいます。

長年同じ分野で営業や調達関係などの仕事をしてきた人は社外に信頼できる知人が何人もいるはずです。

そうした関係者の推薦や引き抜きにより転職する人も少なくありません。

同期入社の友人で先に転職したり起業したりした人がいれば、それを頼ることもできるかもしれません。

3.私的なコネクション

血縁、地縁、学閥などの私的な人間関係を頼り転職先を探すことも考えられます。

地方の場合はこれが一番確実かもしれません。

学閥も米国MBAや有名進学校のネットワーク、異業種交流会や各種のセミナーや勉強会で知り合ったような人脈もそれなりに使えるはずです。

これらに比べると日本の大学閥は意外とこういった場合には使えないことが多いです。

4.ヘッドハンティング

ごく一部の人には、経営幹部のエグゼクティブサーチファーム(人材発掘)専門会社からヘッドハンティングの声が掛かることもあります。

エグゼクティブサーチファームのターゲットは経営幹部か技術者として実績を残した人に限られますので、大半の人にとっては無縁だと思ってください。

もしヘッドハンターからスカウトされたら、
ヘッドハンティング会社一覧~スカウトされたらどう応えるか?

5.人材斡旋会社(転職エージェント)

一般の人向けの転職斡旋としてはもっとも間口の広いルートです。よほど問題のある人物でない限り人材斡旋会社が転職希望者の登録を拒むことはありません。

ただし、登録=斡旋、ではありません。人材斡旋会社は転職希望者数の多さを求人企業に対する営業での1つのアピール材料にしたいということがありますので、取敢えず登録だけは受け付けるという可能性もあります。

それでもまずは登録してみないことには始まりません。実際、転職サイトで求人を探しても、条件によっては自力で面接・転職までこぎつけるのはなかなか難しい場合があります。

ここは転職のプロの力を借りてみるのが得策です。

幹部社員やグローバル人材など、ハイククラス人材向け転職支援サービス「ビズリーチ」については、
年収1000万円超えの転職を目標にしている人のための転職サイト!

これまでに転職エージェントのやり方が自分には合わなかったということのある人は、本当に親身になって相談にのってくれるエージェントがいいですよね。
「あなたの転職を全力でサポートします!」と言う転職エージェントの本音とは?

6.人材紹介会社(転職サイト・求人サイト)

インターネット上で、求人情報を調べることができる転職サイトは、転職を検討する取っ掛かりとしては最適です。

求人数の多さはもちろん、転職についてのノウハウなどの情報も抱負で、なにはともあれまずは代表的な転職サイトへ登録することから始めることをオススメします。

リクルートが運営するリクナビNEXTと、リクルートエージェントへの登録は、
転職の成功への王道。リクルートの転職サービスはなぜ強い?

7.ハローワーク

ハローワークも来るものは拒まずの姿勢なので、足を運べば相応に対応してくれます。

ただし都会では優良な求人案件は限られます。
ホワイトカラーの正社員での求人は少なく、紹介される仕事が各種団体の臨時職員(例:確定申告時の税務署の案内・受付)などの募集であったりすることも多いです。

ブラック企業が大量の求人を出しているケースも少なくありません。

企業が民間の人材紹介会社を利用すれば採用後(使用期間終了後)に採用者の年収の20~30%程度の手数料を支払う必要がありますが、ハローワークは採用する側の経費がタダなので闇雲に求人を出す企業もあります。

目先の収入を確保したいという人にはお薦めですが、慎重に転職先を選ぶ余裕があればハローワークより人材紹介会社を頼る方が無難です。

8.募集広告

新聞、折込広告、雑誌など紙媒体の募集広告をチェックする手もあります。

ただしインターネットが発達した現代では、こうした伝統的な媒体を利用した求人の中でお勧めできるものは多くありません。

薬剤師・看護師など難しい資格が必要な医療関係の求人以外では、警備員、清掃員、介護士、コンビニ店員、ファストフード店員、工場のラインでの勤務などの募集がほとんどです。

いま現在、生活に困窮していてすぐにでも再就職をしないといけない人など、目先の収入を急いで確保したいという人に適した媒体と言えます。

9.独立開業(フランチャイズ)

転職ではなく、コンビニ、飲食店などのフランチャイジーとして独立することも考えられます。

業態にもよりますが、手元資金300万円でフランチャイジー開業の可能性が拓けます。1,000万円あれば大抵の業態でフランチャイジーになれます。

脱サラ!独立できる仕事一覧。独立開業しやすい職種は?

10.起業・フリーランス

完全に自分一人(ないしは家族)で新たなビジネスを始めるのであれば、何歳からでも可能です。

サラリーマンを辞めて別の方法で稼ぐための手段としては、
仕事が嫌になったら…辞めたい時に考えるお金を稼ぐ7つの手段

ただし、それなりに精緻な計画を立てて取り組まなければ一家そろって困窮しかねません。これはフランチャイジーも同じです。慎重に検討してください。

スポンサードリンク

50歳からの転職先を決定する要素

1.収入

一番重要なことは、必要な年収と転職後に得られる年収のギャップを精緻に予測することです。

いま現在の年収、定年退職までのもらえる収入を減らしたくないという人は、相当な好条件を提示されない限り転職すべきではありません。

2.勤務時間・労働条件

50代で転職して長時間労働に従事したり、長すぎる通勤時間は、あまり現実的ではありません。

気持ちはあっても身体が若い時のような負荷に耐えられません。無理なく勤務を続けられる条件か否かを確認することが大切です。

3.やりがい

50代で、あえて転職する場合でも、“やりがい”は無視できない要素です。

20代~30代の若手であれば、まずは社会人としての経験やスキルを積み、キャリアアップのために働くことが大切。これが30代~40代くらいになると、家族と生活のために働くということが重要でしょう。

50代でも、まだまだ家族と生活のためにある程度以上の収入が必要という人がほとんどかと思われます。
しかし、子供が独立して家のローンの支払いもそろそろ終わるメドがたったというような人であれば、支出面での不安から開放され、精神的な充実を重視するということも考えてもいいかもしれません。

いろんな条件が許しさえすれば、たとえ安い給料でもやりがいを感じられる仕事をしたいという人も少なくないのではないでしょうか。
定年後を見据えて、田舎に移住したりすることも一種のブームになっています。

いま一度、自分の人生で、どんな仕事をしたかったのか、考えてみることも大切かもしれません。

50歳からの第二の人生を考えてみよう

定年前の50代の転職にはさまざまなリスクが伴います。できれば転職せずに定年を迎えたいと思っている人も少なくないでしょう。

リストラなどで転職を真剣に検討しなければいけない人は、上記のような要因をしっかり分析・把握し、仕事探しの方法を複数ためしてみてください。

年齢を重ねると保守的になりがちですが、平均寿命が延びていることを考えれば50代にはまだ一花二花咲かせるチャンスが大いにあるはずです。

無謀な冒険は控えるべきですが、大人の余裕を持って新たなチャレンジをしても良いかもしれません。

あなたが管理職などマネージャークラス専門職・スペシャリストであれば、現在の年収を維持しつつ条件のよい求人に応募できる可能性があります。

Sponsored Links

現在の生活水準や仕事のレベルはゆずれないという人は、登録をお勧めします。

>>>■□ 会員制転職・求人情報サイト ビズリーチ □■

あなたの50歳からの転職を、応援しています。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<女性に人気6つ>好きなことを仕事に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす