1. TOP
  2. 40歳からの転職が変わった!あえて50代も積極採用する企業の狙いとは?

40歳からの転職が変わった!あえて50代も積極採用する企業の狙いとは?

中高年サラリーマン

40歳からの転職が変わった!

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?

多くの企業では、50歳を過ぎた社員をコスト削減のために「早く辞めてほしい人」と、会社の発展に貢献する「残って欲しい人」に区別します。

辞めてほしい人にはアメとムチを駆使して早期退職を促します。

そしていざ再就職をしようとしても40歳を過ぎるころからは、ある意味 “普通の求人”はだんだんと少なくなり、それゆえ中高年の転職は難しい‥のはご存知のことでしょう。

50歳ともなると、「もうマトモな求人はない!」と言う人さえいます。

実際、40歳以上~定年までの転職市場の中では、ミドル~シニアという分類の中で求人募集が行われ、選考判断されていきます。

ここはまったくの“買い手市場”で、給与をはじめとする待遇は、募集する会社側の言いなり…と言ってもいいでしょう。

 

しかし、そんな中、40~50代の人材を、あえて高待遇で採用しようという企業が増えています。

 

こうした募集を行う会社には、いったいどんな事情があるのでしょうか?

また、あなたはそうした良い条件で迎えれられる可能性があるのでしょうか???

出世する人

・・・とても気になるところですが、ここで、実際に40代で転職に成功した人の声をきいてみましょう。

山本氏(40代、男性)
前 職: 外資系半導体メーカー プロダクトマネジャー/年収1300万円
転職先: 外資系通信機器メーカー マーケティングマネージャー/年収1500万円
(年収+200万円アップ)

山本氏
前職の年収が高かったため、希望に合う求人は多くはないと既知のヘッドハンターから言われていました。

そこで『ハイクラス人材の転職サイト』を謳うビズリーチなら、年収面の希望を叶える求人に出会えるのではないかと思い、会員登録をしました。

実際、スカウトメールもたくさんいただき、興味を持てる求人が多かったですね。

・・・ということで、見事に前職を+200万円上回る待遇で転職を成功させています。

もともと年収の高い人は、なかなかそれに見合う求人が見つからずに苦労するものですが、この人については適切な転職サービスを選ぶことによってその問題を回避していますね。

ところで、ここで出てきた「ビズリーチ」とは、管理職やスペシャリスト、海外経験のある人材などに特化した転職サービス。詳しくは後ほど紹介します。

 

それでは、40~50代をあえて高待遇で募集する企業の事情について見ていきましょう。

1) 年齢ピラミッド(年齢構成)の是正

40~50代を積極的に採用しようという企業の事情、まずひとつ目はズバリ、会社内のミドル~シニア層の不足です。

ベテラン社員が定年をむかえ相次いで退職した、あるいはその予定があるという時には、次世代の30~40歳の中堅社員が育つまで中継ぎ的に人材を補充し、後輩育成、技術や専門知識の伝承をしてもらおうという狙いがあります。

欲しいのは、若手がもう少し育つまで「中継ぎピッチャー」をしてくれる良き先輩社員です。

タイプ的には、なんでも親切にノウハウや知識を教えてくれるベテラン社員になります。

会社組織

ただしこの場合では、それほどの高待遇は期待できません

2) 他社との競争上どうしても専門性の高い人材が欲しい

次は、会社の持つ事業や技術面などに、新しい知見やノウハウを与えてくれる人材を募集する場合です。

たとえば激しさを増す開発競争IT対応海外(グローバル)を含む新規商圏への進出が対抗上必要になる時などです。

実際、そうした求人のニーズは増加しており、エグゼクティブ(ハイクラス人材)専門の人材紹介会社も業績を大きく伸ばしています。

こうしたケースでは高度な専門性やスキルをアピールすることで、大幅な年収アップも可能です。

高い専門性を持った人材を求めている場合は、募集要項の備考欄に、「○○に関する開発経験」、あるいは「海外での実務経験○年以上」などと書かれています。

IT エキスパート

ここは勝負のしどころなので、応募のときに求められている提出書類が「履歴書」「職務経歴書」だけであっても、自分の専門知識や技術力がわかる資料、成果物を別添資料(ポートフォリオ)にして、最大限PRできるようにしておくことです。

3) 新事業立ち上げのトップとなる幹部候補がいない

そしてもうひとつが、新規事業を立上げられる人材です。

こちらも2)のケースと同じく高い報酬での転職が可能です。

リーダーシップ

新しい事業を立ち上げようとする人材に必要なのは、まずはマネジメント力があることです。

これは単に管理者という意味ではなく、「ヒト、モノ、カネ」を目的に向けてコーディネイトしていける力です。

50歳と言えば社歴がおおよそ30年、この中で経験した「ヒト、モノ、カネ」の3つの観点からそれぞれ実績を語れるような準備が必要です。

40~50代で、いざというときに転職を成功させるには?

さて、自分が上記1)~3)に当てはまるような人材であるかどうかが気になった人には、いまの会社に勤めながらにして、簡単にチェックする方法があります。

 

さきほどの+200万円の年収アップを達成した人が利用した「ビズリーチ」には、ほかにも50代の管理職が年収そのままながらも希望の仕事に転職できた例や、+150万円、+250万円の年収アップの例などが多数。

まずは、その「ビズリーチ(BIZREACH)」でメルアドを登録します。

自分の経歴などのレジュメをその後で入力すると、人材を探している企業の採用担当者や転職エージェントから、スカウトのメールが届くようになります。
 
ここで募集している求人はほぼ年収で600万円以上のものばかり、そして40~50代の人にふさわしい年収1000万円を超える求人情報も5,000件以上待機しています。

企業から具体的な報酬の提示を受けたり求人の募集を見たりすることによって、自分が人材としてどのくらいの価値があるのかがわかるようになるのです。

 

いますぐの転職を考えていない人も、どんな企業がどういった待遇で募集をかけているのかを見ておけば、自分がいざというときにどうなのかがわかり安心感が得られます。

そして、ビズリーチのスカウト機能は、他転職サービスのダイレクトメールとは異なり、企業の採用者やヘッドハンターから直接スカウトが来る機能です。

そのスカウトを受けるために何より大事なのが「レジュメ」をしっかり記載することです。

企業の採用者やヘッドハンターは「レジュメ」を見て、あなたをスカウトするかどうかを判断しています。いい待遇のスカウトを多く受けるためには、「レジュメ」の内容を細かく充実させましょう。

まずは無料のメールアドレスの登録は、
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

 

40代、50代の人が希望の仕事に転職できた例などのほかにも、

1)幹部社員、専門職や役員などのハイクラスの人材に特化している

2)年収1000万円以上の求人情報が5000件以上ある

3)40代、50代を想定した求人案件が多数ある

4)企業の採用担当者転職コンサルタントからのスカウトメールが受けとれる

5)40~50代の転職での適性判断企業へのアピール方法などのアドバイスを受けられる

 

・・・一部のオプションサービスで有料のものもありますが、無料会員のサービスでも40~50代ベテラン社員向けの優良求人がたくさん用意されているのが嬉しいところです。

 

いますぐの転職は考えていなくても、まずはメルアドの登録だけでOKな無料の会員になって高待遇の求人情報を見ておいてはどうでしょうか。

 

それが、いざこのままの人生でいいのだろうか? とふと思ったり、会社に居づらい状況になったときに、あなたを救うことになるかもしれません。

新入社員の指導

 

40~50代に向けた無料の優良な求人情報は、まずはメールアドレスを入力して、レジュメを登録しましょう。
>>>選ばれた人だけの会員制転職サイト BIZREACH

年収1000万円を超える案件をはじめ、さまざな企業が40~50代のベテラン社員を想定した募集をかけています。

あなたも、いまこのときが最後のチャンスかもしれません。

まずはビズリーチでレジュメを登録するところから、一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。