40代での脱サラが有利な点・不利な点|成功へのポイントは?

40代 脱サラ 秘訣 脱サラ・独立開業・フリーランス

40代のサラリーマンには長年の会社人生で培った経験や実績があり、自分の仕事に自信をもっている人が多くみられます。

その一方でトップエリートを除く大半の人たちには、サラリーマン人生のゴールが見え始めます。

こうした中で残りの社会人生活をより充実したものにするため脱サラを検討する人が増えてきます。

40代脱サラのよくあるパターン別に、40代が有利な点・不利な点、成功のポイントをあげ、脱サラに失敗しないための秘訣を紹介します。


40代脱サラ/パターン1: 現職から独立

40代が有利な点

40代は、社会人としてもっとも脂がのった世代です。

担当者としての知識・経験が豊富な上に、管理職としての実績もあり組織全体を見渡すことができます。

取引先とも長年にわたる信頼関係を構築できています。

このため独立して事業を運営するための基礎的な要件を備えている人が多いと考えられます。

とくに取引先の信頼の厚い人や高い技術力を有する人にはチャンスがあります。

40代が不利な点

40代は会社の中心を担う人材です。

このため現職から独立して同じ業界で事業を始めようとすれば元の会社から嫌がらせを受ける恐れがあります。

独立の妨害(強引な引き止め)、部下や同僚の引き抜き阻止、取引先との契約締結の妨害などが考えられます。

30代以下の若手の場合は会社がそれほど脅威を感じないため見逃すことも多いでしょうが、40代には仕事としてライバルになりうる可能性が高くなるため、厳しい態度で臨むケースが増えます。

一方で50代以上の幹部であれば全面戦争か協業関係の構築かのいずれかになることが多く、中途半端な嫌がらせの対象とはみなされません。

成功のポイント

これまでの職務経験を基に独立するので、円満退社できれば特率後の会社が成功する確率は高まります。

もめ事を回避するためには、自分が辞めることにより現職会社にメリットが生じるようにすることが大切です。

会社と代理店契約を結ぶとか新製品の共同開発を行うなど、自分と会社の利害が一致する提案を心がけることが重要です。

スポンサードリンク

40代脱サラ/パターン2: フランチャイジー経営

40代が有利な点

コンビニエンスストア等のフランチャイジーは家族経営が一般的です。

40代であれば、子育ても一段落していて夫婦で働きやすいはずです。

また、高校生以上の子供をアルバイトとして雇うこともできます。

ご年齢にもよりますが、ご両親にも働き手として手伝ってもらうこともできるでしょう。

フランチャイジーの契約期間は、コンビニエンスストアなど長期の場合は20~30年にわたります。

この点からみても40代はベストな参入時期と言えます。

40代が不利な点

40代は教育、住宅などにもっとも多くのお金を使う世代です。

このタイミングで無理をしてフランチャイジー経営を始めると、資金繰りの破綻が懸念されます。

フランチャイズ本部が示す最低自己資金を上回る手元資金や明確な事業計画がなければ自重する方が無難です。

また飲食チェーンの場合は、肉体的な負担に耐えられない可能性があります。

そもそも調理経験が乏しい人は、本部が定める提供時間や盛り付けなどの品質基準をクリアーすることが難しいかもしれません。

成功のポイント

フランチャイジー経営で成功する最大のポイントは、サラリーマン根性を完全に払拭することです。

フランチャイジー説明会に参加する多くの人は「経営者」とか「一国一城の主」といった言葉に釣られて集まってきますが、その一方で「本部が何とかしてくれる」という甘い期待を抱いています。

自分は独立した経営者で、本部はビジネスパートナーに過ぎないという意識をもって、独自に長期的な事業計画を立案できれば、フランチャイジー経営を軌道に乗せることができるでしょう。

40代脱サラ/パターン3: 個人店舗経営

40代が有利な点

個人店舗を始める上で40代の人が有利な点は、豊富な社会経験と人脈です。

開業するためには、法人設立登記、銀行取引、不動産賃貸契約、税務署・保健所・消防署・警察・市役所等への届出、近隣店舗等へのあいさつ回り、商品・原材料の調達先確保、スタッフの募集、会計帳簿の整備、ウェブサイトの開設などやるべきことが山のようにあります。

これらを効果的、効率的に進めるためにも相応の社会常識と人脈をもつ40代は有利と言えるでしょう。

40代が不利な点

40代にとってもっとも不利な点は「リスクを取りにくいこと」です。

個人店舗の経営は、脱サラの中でもリスクの高い選択肢です。

子どもの教育と住宅ローンの返済が終わっていない40代の人が、始めから攻めた経営計画を立てることは無謀に近いでしょう。

「1年間やって月次決算が黒字化しなければサラリーマンに戻る」といった条件を設定せざるを得ない人が多いはずです。

成功のポイント

個人店舗の経営を成功させる最大のポイントは、緻密な事業戦略の立案に尽きます。

撤退基準の設定も含め、論理的かつ合理的な計画を詰めることが欠かせません。

「一国一城の主になる」とか「好きな蕎麦打ちで生計を立てる」といった夢を見るばかりでなく、事業運営を客観視することが大切です。


40代脱サラ/パターン4: 家業の承継

40代が有利な点

40代サラリーマンの中には、親の引退に伴い家業を承継する人が少なくありません。

この世代で家業を引き継ぐ上でもっとも有利な点は、周囲の人が「大人」として接してくれることです。

20代、30代の若造がいきなり社長や副社長になれば反発する社員も大勢いるはずですが、十分な社会経験を積んだ40代の跡取りであればあまり波風は立ちません。

また仕事内容にもよりますが、40代であればまだまだ第一線の担当者として一から仕事を覚えることも可能です。

50代以上になるとマネジメントや営業以外の仕事を引き受けることは難しいでしょうが、40代であればまだ担当者として修行する時間もあります。

40代が不利な点

職人としての修業が必要な場合、40代で継ぐのは遅すぎるかもしれません。

例えば高級料亭では料理ができなくてもマネジメントに優れていれば社長業は勤まりますが、元料理人の社長の方が人心掌握しやすいことは否めません。

また閉鎖的な業界では新参者を受け入れない傾向があるので、業界内でのつき合いに苦労する恐れがあります。

成功のポイント

社長の息子や娘でも、中途採用の新参者であることに変わりません。

謙虚な気持ちを持って部下と接することが重要です。

会社を辞めて中小企業の経営を引き継ぐことになれば、改善すべき点がたくさん見つかるはずです。

しかし、性急に改革を進めれば誰もついて来ない恐れがあります。

まずは落ち着いて実態把握に努めることが重要です。

また衰退事業の場合は思い切って改革するか廃業することも検討しましょう。

家業という理由だけで継ぐと痛い目に遭いかねません。

冷静な見極めが明暗を分けます。


40代脱サラ/パターン5: Uターン・Iターン

40代が有利な点

Uターンでは、地元に残った同級生が家業、地場企業、県庁・市役所、銀行などの経営層や中堅幹部になっているため、豊富な人脈を活用できます。

Iターンの場合は人脈を頼れませんが、Iターンに積極的な地域では働き盛りの40代に対する期待は大きいため自治体や商工会議所などの積極的な支援を期待できます。

40代が不利な点

閉鎖的な地域の場合、Uターンでも地元を離れて20年以上経つ人はよそ者扱いされることもあります。

消防団や商工会の青年部に年齢オーバーで入れないと、仲間作りのチャンスが減ります。

ましてや地縁・血縁のないIターン移住者は、簡単に仲間として受け入れてもらえません。

子供が高校生以上に成長していて地元の学校に通わないとなれば、さらによそ者感が強くなってしまいます。

成功のポイント

一番大切なポイントは、積極的に移住者を受け入れる風土の地域を選ぶことです。

出身地でも地元組と転出組の溝が大きい地域では、40代で戻ってもなじめない可能性が高いでしょう。

自治体が長年にわたり移住者支援のための就職相談、住宅あっせん、教育補助などを積極的に行っている地域であれば、移住者でも飲食店やペンションなどを開業しやすいはずです。

40代脱サラ/パターン6: 好きなことで独立する

40代が有利な点

カメラマン、映像ディレクター、文筆業、工芸作家など芸術センスを活かした仕事で脱サラする人は、アマチュア時代の実績や人脈がモノをいうため、今後の伸びしろや多数の制作を期待できる40代が有利でしょう。

不動産・株式・FXなどの投資事業であれば、豊富な社会人経験と相応の体力を有する40代が相対的に有利な世代だと考えられます。

40代が不利な点

やはり40代がもっとも不利な点は、自由に使えるお金が少ないことです。

コストとリスクの制約が他の世代より大きいため、積極的なチャレンジは難しくなります。

またウェブやスマホアプリなどの分野では内容によれば20代以下の若者の感性についていくのが難しいため、相当な勉強をしない限り仕事にならない恐れがあります。

成功のポイント

投資事業や趣味の延長線上の仕事で成功するためには、他者を圧倒的に差別化できるモノを身につけることが不可欠です。

投資事業であれば独自の目利き力(投資基準や情報分析力)が求められます。

自分の好きなことや趣味を仕事にする人は、その分野で人よりも圧倒的に長けるほどの技量や知識が必要です。

そうしたモノを手に入れられないのであれば、脱サラを考え直したほうがいいかもしれません。


40代以降の充実した人生のために脱サラを選択肢に

40代 脱サラ 選択肢

高齢化と少子化が同時進行する中、今後は70歳まで働くことが一般化するでしょう。

そうした点を踏まえれば、40代は社会人生活の中間点に差し掛かった段階です。

一方でサラリーマン人生を20年以上続けていれば、限界も感じているはずです。

今後の人生をより充実したものとする上で、転職に加え脱サラ(独立)も1つの選択肢になり得ます。

しかし、いまの会社で勤め続けたり転職したりするよりもリスクが大きいことは間違いありません。

「やりがい」も含めたリターンとリスクをよく計算した上で悔いのない脱サラを目指しましょう。

 
独立するリスクについての考え方は、
脱サラ成功しやすい自営業の特徴7 独立リスクの低~中~高の仕事!

脱サラして独立開業できる仕事については、
独立開業しやすい仕事20|脱サラ!独立できる仕事一覧

自営業の種類一覧|脱サラも可!あなたの知らない世界がきっとある!
働くこと=会社勤めで給料をもらうこと・・・だけではありません。飲食店に小さなお店、職人、クリエイター、フリーランスなど、世の中には自分で開業して商売をしている自営業の人がたくさんいます。あなたが会社でやっている仕事も、自営業として取り組めるもの、あるいはその周辺のサービスで独立できるかもしれませんね。さまざまな自営業の種類を見ていきましょう。

あなたが脱サラに成功し、充実した仕事ができますように。