1. TOP
  2. 40代女性の正社員での再就職【体験談】10年以上ブランクがあったけど…

40代女性の正社員での再就職【体験談】10年以上ブランクがあったけど…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代女性の再就職で正社員は…

結婚や出産を機に20代~30代で退職し、その後は家庭に入り、子育てに専念するため、専業主婦をしている方は多いことでしょう。

しかし、そのように何年か過ごした後に、経済的な理由から再就職しなければならない場合があります。

あるいは子供さんが大きくなって、そろそろ自分も外で働きたい…と思う人も多いです。

しかし、特に、会社を辞めてから10年以上が過ぎ、40代を迎えた人の場合は、

「体力面やスキルが通用するかな?」

人間関係の心配などから

「転職できる? 転職しても上手くいくか不安…」

と感じているのではないでしょうか。

また、40代女性の転職や再就職ではなかなかよい求人が少なく、働き口を見つけるのみ苦労する、あったとしても正社員の仕事ではないということもよく聞くかと思います。

そのような中で、適切な仕事を選び福利厚生もしっかりした会社に正社員として再就職を決める人は、どんなことに気を付けて行動したのでしょうか。

[43歳 女性 老人介護保険施設に再就職]の人のケースを見ていきましょう。


旦那の給料だけでは、生活が厳しい状況に

私が再就職しようとした理由は、生活が厳しいためです。

私は専業主婦をしていましたが、40歳を過ぎた頃から、旦那の収入だけでは生活が厳しいことをひしひしと感じるようになりました。

再就職の活動を始めた当時は、特に旦那が無職で転職活動をしていました。

そして、子どもが4人いて毎月かなりの生活費がかかるため、私は再就職を決心しました。

前職は、病院での看護補助業務を行う看護助手で、27歳まで仕事をしていました。

前職の経験が活かせる仕事をしたい、私が家族の生活費を稼がなければという思いがありましたので正社員での就職を希望していました。

スポンサードリンク

長年のブランクで、転職活動に不安

しかし、再就職するにあたってネックに感じたことは、前の会社を辞めてから10年以上が過ぎていたことです。

専業主婦の期間は13年になりました。

いろいろ考えて選んだ仕事は「介護職」でした。

看護助手から介護職への転職で、比較的近い仕事であり、以前働いていたときから業務の様子を見ることも多かったことから、仕事の内容については不安を感じませんでした。

逆に、不安に感じたことは、無事に就職できるのだろうか、ということ。就職できたとしても長続きするのだろうか、ということでした。

そのほかにも、40歳を過ぎ、長年専業主婦だったことから、仕事を再開するにあたって体力面が心配でしたし、他の社員の方とコミュニケーションをとれるかどうか、という点も心配でした。

生活のことを考えると働かなければならない状況でしたが、できることなら働きたくない、という気持ちでいっぱいでした。

40代の再就職は難しい?

就職先は、ハローワークで探しました。

2社の企業に応募し、面接に臨みましたが、どちらも不採用でした。

面接時の年齢が40歳ということもあり、条件的に厳しかったようです。

介護の仕事は人材不足であるため、すぐに仕事が見つかると思っていたのでこれにはショックでした。

不採用が続くと、40代での転職は厳しいのかな、ということをつくづく実感させられます。

しかし、こちらも4人の子どもの生活を支えなければならないので、なんとかして就職先を探さなければなりません。

引き続き、ハローワークで就職先を探しました。

 

・・・次のページで、再就職活動中の悩みなどについてお話ししていきます。

★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める

フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす