1. TOP
  2. 40代~50代で初めて転職する人向け転職活動の注意事項!

40代~50代で初めて転職する人向け転職活動の注意事項!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40歳以降の転職心得

転職マーケットは20代、30代を中心に活況です。

若手の人材には、将来の成長の伸びしろや、若さゆえの活力に期待する部分が大きいから…ということは誰でもわかっていますよね。

では、40代50代はどうでしょう?

20代、30代に比べると、将来に向けた成長期待が薄まる分、一般的には厳しいと言わざるを得ません…。

しかし、長年の職業人生でつちかった専門性や、実社会で鍛えられた人間力をアピールして、即戦力の人材としてうまく企業側のニーズとマッチングさせれば、売り込める余地は十分あります!

ここでは、40代〜50代の中高年の転職に焦点を合わせ、会社が求める人材像に合わせる自己PRの方法、各選考プロセスごとの注意点などを紹介していきます。

スポンサードリンク

1.ミドル〜シニアを対象にした求人の特徴

人材紹介会社などが紹介する求人は、あらかじめ企業から求人対象者のおおよその希望が伝えられているので、それに応じて自分が納得できるものであれば応募していきます。

こうした紹介がある場合、この段階ではあまり問題ないでしょう。

一方、転職サイトや求人情報誌の内容を見てこちらから応募する場合は、募集内容をしっかり読み込んでチェックすることが大切です。

ミドル〜シニアの場合は、転職サイトにしろ求人情報誌にしろ、専用のページを作っていることが多いです。

まず自分がどんな働き方をしたいのか、あらためて確認しておきましょう。そしてどういった待遇、報酬を得たいのか、焦点を絞ります。

中高年の転職では、足元を見られているためどうしても契約社員や時間給募集が多くなります

製造現場や販売員など現業タイプの職種が多く、残業代込みの給与が書いてあったりします。

はじめて転職情報誌を見て、いい条件での正社員の募集が少ないことに驚いてしまうかもしれません。

しかし、ここは諦めずにあくまで正社員を狙いにいきます。

募集の多いこうした職種では、一般的に勤務時間が長くなり、体力勝負にならざるを得ない仕事が多いです。

これだと体力(健康)的にも金銭面(生活費を稼ぐ)でも苦しく、結果長続きしません。

40代、50代といってもあと10〜20年は勤めるわけですから、あくまで職務の経験値に対してそこそこ高い評価(=給与)をしてくれる企業を粘り強く探すことが大切です。

スポンサードリンク

2.職務分析、自己分析をしっかりやっておくこと

20代、30代は若いというだけで採用の優位性が上がります。

もっとも大きなアドバンテージポイントは、採用後自社のカラーに“染めやすい=育てやすい”という点です。

これは、40~50代の“扱いにくさ”の裏返しでもあります。

たとえば、過去の栄光をひけらかすとか、プライドが強いとかが代表的な“扱いにくさ”です。

前職の実績やスキルは転職時に有効なPRポイントですが、“謙虚さ”を持ち合わせないと、「難しい存在」というラベルを貼られてしまいます。

そこで、転職活動をする前に「今ある自分の棚卸」を十分にやっておくことが大切です。

その切り口は2つ、①職務分析 ②自己分析 です。

①40代、50代の職務分析方法

これは、いわゆる自分の「テクニカルスキル」を明確に文章化しておきます。

文章にするということは、早速「職経歴書」の作成時に役立つということと、書くことで、選考面接でPRするときに整理して述べることができます。

具体的なテクニカルスキルは、

たとえば営業系・販売系なら「顧客管理手法」「セールストーク」「商品知識」「人脈作り」「時間管理術」「交渉力」などです。

管理系・事務系なら「マネジメント力」「折衝力」「プレゼン力」「パソコンスキル」といったところです。

ポイントは、様々な項目でトータルにバランスよく備えていることをアピールすることです。

つまり、ある項目に特化した偏りのある人物ではなく、志望先の会社に受け入れてもらいやすいことがセールスポイントです。もちろん、特殊な専門性のみでの求人は除きます。

どこから質問を受けても、具体的なエピソードを上げながら自分の特徴を説明できるようにこれまでの経験を事例化してしっかり準備しておきます。

40代、50代といえば、社会人歴が20年~30年のベテランです。

職務経歴書という文書のまとめ方や、それを面接でPRすると言うプレゼンテーション力は、これまで培ってきた仕事そのものなので、若手には真似のできないレベルを見せつける必要があります。

②自己分析もベテランらしく

ここでいう自己分析は、ヒューマンスキルと言われる部分で、いわゆる人間的魅力とか、人間性のことです。

20代、30代に自己分析や自己PRをさせると、やたら「積極性」とか「粘り強さ」とかが長所として語られます。

これが40代、50代となっても、同じようなことを言っていてはベテランらしさが出ません。

よく聞くのが「積極性や粘り強さでは、若い人たちに負けない自信があります。」もいうセリフです。

ですが、それだと、競争相手が得意な土俵でわざわざ戦うようなものです。同じような積極性や粘り強さであったとしたら、会社としては年齢の高い人の方を中途採用する必要性がありません。

そうではなく、むしろ、自己PRとしては、落ち着いてしっかり仕事ができることを強調すべきなのです。

深謀遠慮という言葉がありますが、そのままいうと恰好をつけ過ぎなので「状況判断力」とか、一歩下がって「適応力」という言葉でPRするといいでしょう。

また、「柔軟性がある」という言葉は、前段述べた40代50代って堅くて扱いにくいのではというイメージを払拭してくれます。

「状況判断力がある」という言葉もそうですが、20代30代が使うより、40代50代が使った方がはるかに説得力のある言葉です。

3.選考段階ごとの注意点

①書類選考対策と書類作成

主な書類は履歴書と職務経歴書ですが、書類を送る時の表紙に当たる送付状と封書の宛名書きも含め、書類をトータルで捉えます。

志望する会社の規模を問わず、文書や書式の基本ルールをしっかり踏まえて作成します。

志望先が大企業であれ中小企業であれ、他社から入社してくるベテランに一からビジネスマナーを教えている暇はないので、応募書類が届いた時点でハッとする丁寧さで印象付けします。

履歴書や職務経歴書の内容もさることながら、送付状には今回の応募についての挨拶をきっちり述べておくと、印象は全然違います。

また、中小企業に転職する場合は、ビジネスルールや文書マナーに長けていることを書類の中でアピールすれば、違った意味でポイントを稼ぐことができます。

中小企業の場合は十分な企業研修の場が少なく、ビジネスの基礎力を身に付けている人は後輩指導に重宝するからです。

②履歴書

履歴書は、高校卒業以降から学歴・職歴について、年を追って書いていきます。

卒業後20年、30年も経過すると特に職歴は増えているはずです。仮に、会社歴が1社しかなくても同一社内での異動歴を書いて、“経験の豊かさ”をアピールできるようにします。

趣味、特技も社会人経験が豊富でビジネス場面に役立つようなものを書くようにします。

たとえば人脈開拓に繋がる異業種交流会や、個人的な趣味の会などが好例です。

また、接待や商談上手を連想させる幅広い趣味を書き、年功のあるところをPRします。

③職務経歴書

職務経歴書は、仮に会社歴が1社なら職務経験のある部署を列挙します。

そして、そこで「得たこと」「誇れる実績」「周囲の評判」などを職場ごとに書きます。

これは、いくつか会社を変わっていても切り口は同様で、それぞれ充実感を感じさせるように書きます。

会社をいくつも変わっていることを決してマイナスを思わず、あくまで“経験の豊富さ”と捉え直します。

職務経歴書は文字通り「経験した仕事の経歴」ですが、これを一工夫して「職経歴及び自己PR書」と題して、性格的な強みやテクニカルスキルを項目立てして書くのもいいでしょう。

いずれにしろ履歴書、職務経歴書は書類選考を突破するためは、内容に対して興味を持ってもらうように書くことが大切です。

スポンサードリンク

4.面接のキーワードは「マネジメント力」

いよいよ面接までこぎつければ、社会人、企業人としてまだまだ甘さの残る20代~30代と差をつけるチャンスです。40代~50代ならではの力を口頭PRします。

さて、その時のキーワードは「マネジメント力」です。

「マネジメント力」という言葉は、すぐ“マネージャー”を連想しますが、なにも管理職経験だけをいうものではありません。

タイムマネジメント、タスクマネジメント、コミュニケーション力など、仕事をする上でのトータルな実践力をいいます。

前段の、職務分析ではテクニカルスキル、自己分析ではヒューマンスキルという表現を使いましたが、面接では「マネジメント力=コンセプチュアルスキル」をPRします。

言葉はちょっと難しいのですが、総合力と言い換えてもいいでしょう。

わかりやすい表現では、常に「ヒト、モノ、カネ、時間」をトータルで考えて仕事ができる力のことを言います。

①「前職の仕事を紹介してください。」

「前職ではどんな仕事をされていましたか?」と聞かれた時、「はい、営業をしておりました。具体的には・・・」と答える時、ベテランらしい答えとしては、

中高年転職希望者
『はい、〇〇株式会社営業本部営業3課で営業をしておりました。

〇〇株式会社は、工業原材料の商社で営業力がすべての会社です。

その中で営業3課は、主として△△地区の担当です。△△地区はその業界では知る人ぞ知るの激戦区です。と言いますのも・・・』

・・・これは、仕事は必ず環境によって動きが変わるということを十分理解しているということのアピールです。

競合関係、ライバル社の動き、市場占有率の状況、自社製品の浸透度合いなど総合的にマーケット分析をした上で営業活動をしていることを述べることを心がけます。

中高年転職希望者
『営業3課の役割は、新規開拓を専門とする営業5課の先兵部隊として有望顧客情報を収集する役割もありますが、私はチーフ的役割も特命として持っていました。

その意味で、3課内での多営業マンとの連携、5課とのコミュニケーションで鍛えられた自信があります。

コミュニケーションで一番大事にしていたのは、「情報は双方向である」という大原則です。

発信のないところに情報は集まらないという基本に徹していました。私自身の営業活動に加えてチーム全体にどれだけ貢献できるか、もっと言えば営業本部全体への貢献を考えていました。具体的には・・・。』

・・・これは、営業マンと言っても“一匹狼”的な仕事ばかりではなく、チームワークや協調性を念頭においていることのPRです。

係長や課長をしていたらマネジメント的な話はたくさん言えますが、なにもマネージャーや管理職でなければマネジメントの話はできないかというとそうではないということの応答例です。

②「前職での具体的な実績はなにかあるでしょうか?」

前職での実績を聞かれたら、ここは勤務歴が長い分、もっともPRしておきたい部分です。

ですので、面接前の準備として、次のポイントに沿ってまとめておき、暗唱できるようにしておきます。

(1)数値表現のできる実績
・営業部門なら営業成績を期間、予算比、前年比などで表現
・管理部門なら作成データ、特命的な実績、プロジェクト期間など

(2)仕事への評価に関するもの
・実績に対する社内評価、自らの人事考課、社内評判、他メンバーとの比較など

(3)チームワークへの貢献
・職場のチームプレイ、リーダーシップ、メンバーシップ、ムードメーキングなど

実績を語る時に思いつくまま述べるのではなく、このように分類して話すこと自体が、自分の仕事をマネジメントできる人だというPRになります。

特に(3)は、一見実績とは違うように思えますが、先ほど上げた「ヒト・モノ・カネ・時間」の「ヒト」に相当する部分で、新しい職場で既存のメンバーにうまく溶け込んでやっていけるかどうかという「セルフマネジメント力」があるかどうかを判断される時に重要なポイントになります。

中高年の転職は「即戦力」アピールで勝負!

40代~50代の転職は、増えてきているとはいえ若い人との競争に立った場合はなかなか厳しいのが現実です。

しかし、以上述べてきたように準備次第で突破口は必ずあります。

20代~30代は、将来の成長性を見込んだ期待があるのは当然ですが、一方でそれはある意味では会社側に育てる根気と時間のかかることでもあるのです。

時間をかけた割には、結果は期待していたほどの成長を見込めなかったということも実際にはあります。

当たりはずれのある若手より明日からでも実力を発揮してくれる“即戦力”を欲しがっている企業はいくらでもあります。

応募書類や面接で自己PRを求められた時は、ためらわずに堂々と「即戦力があること」あるいは「新しい職場にすぐ馴染めること」と言い放つぐらいの自信で臨みましょう。

さすればきっと道は開けます。

 

ある程度の年齢になった人が転職を考えたら…転職業界No.1のリクルートのサービスを検討してみましょう。

中高年向けの求人も豊富です。
>>>リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

40代の転職で考えておきたいことは、
40歳からの転職で考慮すべき10のこと

40代で転職した人の体験談は、
40代で転職活動が長期化した私が、焦りをどう乗り越えたか…

あなたがスムーズに転職成功できますように。

なかなか表には出てこない高待遇の求人。
スキルと経験を活かせる専門職や管理職、海外勤務の募集情報は…

エグゼクティブ
年収600万円以上もらってる人たちに支持されるNo.1の転職サービス!

◎書類選考でつまづいたり、面接でなにをアピールしたらいいのかわからない…という人は、
あなたの強みが見つかる!
自己分析して書類作成→面接へスムーズな転職活動ができる無料の「グッドポイント診断」

第二新卒フリーター ☆学校出たけど働いたことがない ☆すぐ会社を辞めてしまった
…でも、こらからいい会社に正社員として就職したい人へ
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、大学中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

★自分がもし転職するときに、どのくらい人材として価値があるのか知りたい25歳~35歳までの人は、
転職した方がいいか?転職診断テストで自分の市場価値を見極めるには?

★…同じく35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

50歳を過ぎても別の会社で必要とされる人材3つのパターンとは?
中高年サラリーマン
40代からの転職が変わった!あえて50歳以上も積極採用する企業の狙いとは?

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす