1. TOP
  2. 35歳の転職で未経験の仕事を探すときに17の大切なこと

35歳の転職で未経験の仕事を探すときに17の大切なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
35歳で未経験者が転職に成功するには?

今の業界は自分の性に合わない・・・

もう会社のやり方にはついて行けない・・・

とはいえ、35歳の転職は厳しいのが現実・・・

どうすれば、35歳で、しかも、いまとは違う未経験の職種に転職できる?

そんな方法はあるのだろうか?

・・・30代も後半に差しかかると、徐々に転職が難しくなると言われています。

おまけに、結婚して子供が成長真っ盛りである人も多く、生活費はこれからもっと必要になるという状況です。

そのため、35歳前後は転職に踏ん切りにくいという状況であるとも言われています。

それでもこれまでと同じ職種、同業種へ転職するのであれば、所属する会社が違うというだけで、仕事の中身自体はそれほど変わらないのでなんとかなりそうな感じがします。

しかし、思い切って職種を変えたい、これまでやってない種類の仕事をしたいと、未経験職種への転職を成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか?

仕事探しはもちろん、無事に転職ができた場合の後のことも含めて考えておくべきことはたくさんあります。

35歳で転職したい人をとりまく現実から見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

1.35歳転職限界説

35歳転職限界説」という言葉があります。文字通り、「転職するのは35歳が限界」という意味です。

それでは、なぜ35歳が転職の限界となるのでしょうか?

その理由は、新たに入社した人を、会社が「イチ」から育てるには、20代を中心とした若い世代ほどメリットが大きいからです。

若い世代ほど素直であること、新しく教えたことを短期間で吸収していく傾向にあるためです。

しかも、若い世代ほど、成長していく期間がまだまだ長いため、将来的に大きく成長することが期待できます。

反面、35歳で新たに入社した人を新たに「イチ」から育てるとなると、将来性や作業の習得しやすさの面から見ると、若い世代と比べると劣ってしまう傾向にあります。

そのため、会社としては、35歳前後の採用は敬遠する傾向にあるのです。

しかし、最近では「35歳転職限界説」は崩壊しているとの見方もあり、実際に35歳以上であっても転職に成功しているケースは多く見られます。

35歳を越えて転職に成功している人に共通していることは、成長の伸びしろといった部分を、これまでに培ってきた基本的な業務スキルや人間性でカバーしていることと言えるでしょう。

スポンサードリンク

2.結婚、子育てで生活費がかかる

35歳前後となるとすでに結婚している人が多く、また、子供がいる人も多いです。

結婚していない人も、そろそろ結婚したいと思ったり、家族をどう作っていくのか?といったことを真剣に向き合って決めていかなければいけない年齢でもあります。

ライフワークバランス

結婚して家族を養うとなると、食費や教育費など、独身の時よりも余計に生活費がかかることになります。

親の責任として、家族には少なくとも人並みの生活を送ってもらいたい、と考えている人は多いことでしょう。

一方で夫婦共働きであれば、生活にかかるさまざまなコストを分担することができて効率的という面もあります。

個人個人によってまったく状況はことなりますが、35歳という年齢の人たちの多くは、毎日の長時間労働や厳しいノルマを抱えながら働き、中には、心身に不調を抱えながらやっとの思いで働いています。

将来の自分の人生のため、家族の生活ために、そして、これから大きくなる子供たちのことを考えると、辞めようにもなかなか仕事を辞めることができない、そんな状況が35歳の現実と言えるでしょう。

3.中間管理職で厳しい立場に

35歳になると、中間管理職に出世する人が多くなります。

中間管理職は、部下をまとめ上げながら仕事を進めなければならない一方、上司からの指示もこなさなければなりません。

ビジネスマン

しかも、その指示は、部下を巻き込みながら進めなければならないスケールの大きな作業であることが多いです。

中間管理職となると、上司の立場を考えつつ、部下の立場も考えながら作業指示を出さなければなりません。
場合によっては、部下が納得しないこともあるでしょう。

上司と部下の板ばさみになりながら作業を進めていかなければならない。

それによってさまざまなストレスが発生して心身ともに厳しい…ということも35歳前後の時期に多く見られるケースです。

スポンサードリンク

4.いまの会社での先が見えてしまう

35歳の時点で、すでに会社での先が見えてしまう場合もあります。

例えば、自分自身が「主任」であるのに、同僚は、すでに課長や部長に出世してしまった、ということもあるでしょう。

また、後から入社してきた後輩が出世してきて、自分と同じ職位になったり、または、自分以上に昇進したり、中途採用で入った人に仕事を教えていたらいつの間にか抜かされていたり、自分より年齢が下の後輩に先を越されてしまうことがあります。

そのような状況に置かれると、自分の能力が低いかのように感じ、無力感にさいなまれてしまうこともあるでしょう。

また、「会社は自分を評価してくれない」と感じるかもしれません。

「30代半ばまで、何とか頑張ってきたけれど、この会社、この業界、この職種では無理なのかも知れない」と感じた時、まだ30代であれば、自分自身の得意な分野に転職するのは十分に間に合うタイミングでもあります。

60歳、65歳まで働くと考えれば、まだ半分も働いていません。

これから働く期間の方が長い、それが35歳です。

5.自分の得意、不得意が分かる

30代も半ばになると、社会人経験がある程度長く、さまざまな経験を積んだこともあり、自分の得意なこと、不得意なことが分かるようになります。

不得意なことは、自分でもすぐに気付きやすいです。

なぜなら、細かい作業が苦手、単調な作業は性に合わない、というように、不得意に感じる作業は苦痛に感じやすいためです。

仕事でミスをしたり失敗を責められたことがあり、それが記憶に強烈に残っているといったこともあるかもしれませんね。

しかし、得意なことは、仕事をずっとやっていても、自分ではなかなか気がつきにくいものです。

なぜなら、得意なことは、自分でも気がつかないうちに淡々とこなしていることが多いためです。

まわりの人から、「○○さんは、いい仕事をしていますね」と言われて、ハッと気がつくことがあります。

自分の得意なことは、社会人としての経験をしていくうちに、他人から指摘されてはじめて気が付く、自分自身を振り返ることが増えたときに気がつきやすくなるのです。

スポンサードリンク

6.今後やりたいこと、やれそうなことが分かる

自分の得意、不得意が分かれば、自然と今後やりたいこと、そしてやれそうなことが分かります。

例えば、営業経験が長く、話をすることやコミュニケーション能力に自信があるとします。

コミュニケーション能力に自信があり、しかも、車の運転が得意であれば、タクシーの運転手を目指す、という方向もあります。

ホワイトカラーでビジネスをバリバリやっているという状態の人にとっては、ちょっと極端な例かもしれませんが、実際にそうした転職をする人、そしてそれによって自分らしい充実した人生を送っている人はたくさんいます。

自分の気持ちだけのことに留まらず、タクシーの運転手が話し好きで面白ければ、タクシーの乗客は、目的に着くまで快適で愉快な時間を過ごすことができるでしょう。

それもあなたのできる社会への貢献のひとつの種類です。

今後やりたい仕事、やれそうな仕事を見つけるには、自分はどんなことが得意か、何が楽しいかということを、制限を取り払って見つめ直すことがポイントとなります。

7.身に付けた汎用性のあるスキル・経験が勝負を決める

今後やりたい仕事や、やれそうな仕事を見極めるには、これまでの社会人経験の中で身に付けた汎用性のあるスキルや経験が勝負を決めることになります。

転職希望者たち

営業のスキルやExcel・Wordを使いこなすスキルなど、仕事に関するスキルがあることはもちろんですが、35歳くらいになると、コミュニケーションスキルや部下をまとめて仕事を進めてきた経験など、仕事を円滑に進めるための経験も豊富にあることでしょう。

むしろ、35歳で転職する時に必要とされるスキルは、なにかに特化したノウハウよりは、「仕事を円滑に進めるためのスキルや経験」と言えるでしょう。

35歳で未経験の職種に転職したとしても、転職先で報告・連絡・相談など、コミュニケーションを密にすることで、仕事は十分に早く覚えることができます。

また、部下をまとめて仕事を進めてきた経験があれば、早い段階で管理職となる場合もあります。

これまでの経験を活かして、転職を進めていくと良いでしょう。

8.30代に最適な転職サイトを利用

それでは、35歳で未経験職種に転職し成功するにはどうしたらよいのでしょうか?

転職活動を行う時には、転職サイトを利用することが一般的となっています。30代の人が仕事を探すのに適した転職サイトを利用すると良いでしょう。

30代に最適な転職サイトのひとつに「リクナビNEXT(http://next.rikunabi.com/)」があります。

リクナビNEXTは、業界を問わずに求人数が多く、また、管理職向けの求人も多いことから、30代に特に人気のあるサイトです。

また、30代に限らず、40代も良く利用するサイトであることから、今後の仕事探しに登録しておいて損はないサイトと言えるでしょう。

ほかにも、転職サイトは多数あります。自分に合った転職サイトから仕事を探してみてはいかがでしょうか。

9.転職のプロに相談

35歳での転職においては、転職のプロに相談することが有効となります。

転職のプロとは、転職エージェントやハローワークのアドバイザーなどです。

転職サイトは、自分で転職情報を探すのに対し、転職エージェントは転職をサポートするアドバイザーからのアドバイスを受けられる点です。

転職エージェントのサイトの一例として、リクルートエージェントがあります。

リクルートエージェントの特長は、転職成功実績が高く、また、キャリアアドバイザーによるアドバイスが受けられる点です。

同サイトのキャリアアドバイザーは、IT系技術職、営業、販売など、幅広い分野にわたっています。また、職業体験が豊富なアドバイザーが多く、客観的な視点からアドバイスします。

また、アドバイザーと転職相談を行うことで、自分が得意とする分野と違う分野の職種を進められる場合があります。

例えば、IT系を志望していたのに、アドバイザーからは、「営業が向いている」というケースです。

アドバイザーは、多くの人の転職相談を行っています。意外とも思えるアドバイスが参考になることもあります。

じっくり話を聞いてくれて、あなたの希望に合った転職先を紹介してくれるのは、
転職者の希望を最大限に尊重してくれる転職エージェントって?

10.職業訓練校で学ぶ

これまで経験のないことをしたいという人のためには、「職業訓練校」で仕事のスキルを学ぶという方法があります。

職業訓練校とは、求職中の人が新しい職に就くために必要なスキルを身に付ける学校のことです。

職業訓練校で学べる内容は、Word・Excelの習得や建築、金属加工など、幅広い分野にわたります。

雇用保険を受給中の求職者の場合、就職に必要な技能や知識を習得する場合は、公共職業訓練(離職者訓練)として、職業訓練を無料(テキスト代などは自己負担)で受けることができます。

また、雇用保険を受給できない求職者であっても、「求職者支援訓練」として、職業訓練を無料(テキスト代などは自己負担)で受けることができます。

職業訓練校については、
失業保険+職業訓練!お金を貰いながら技能を身につけ再就職する方法

新たな職に就く時は、職業訓練校でスキルを習得した上で転職することも、一つの方法となります。

11.成長段階にある中小企業への入社を検討

転職を考える時、やっぱりいまより大きな会社、大企業をまずは検討することが多いと思いますが、未経験で35歳であれば、中小企業が狙い目となります。

人材紹介会社集合サイト「ミドルの転職」を運営するエン・ジャパン株式会社は、2016年1月に、「94%の転職コンサルタントが、ミドルの転職希望者に『中小企業への転職を進める』」という調査結果を発表しました。

中小企業のメリット
出典:エン・ジャパン ニュースリリース 2016年1月19日付 http://corp.en-japan.com/newsrelease/2016/3166.html

中小企業は30代や40代の「ミドル」を積極的に採用する傾向が見られますが、その理由は、「マネジメント力・組織力の強化」、「業務拡大に伴う増員募集」のためです。

中小企業が組織力を強化し、業務を拡大しようとする理由は、その企業が成長段階にあるからです。

さらに、中小企業で働くメリットは、業務における権限が広く、意志決定のスピードが速いことです。

そのため、大企業では任されなかった大きな仕事を、中小企業では任されることが多く、仕事にやりがいを感じることも多いでしょう。

中小企業への転職は、成長段階にある企業に的を絞っておこないましょう。

12.今は人手不足 正社員不足を感じる企業は4割に

アベノミクス効果や少子高齢化が原因で、多くの職場では人手不足に悩まされています。

企業を専門対象とする大手信用調査会社の帝国データバンクは、2016年2月に「人手不足に対する企業の動向調査」を発表しました。

従業員不足の企業の割合
出典:帝国データバンク 人手不足に対する企業の動向調査 http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p160203.pdf

それによると、企業の4割で正社員が不足しているとの結果となりました。

特に、放送や情報サービス、医薬品や日用雑貨品の小売では、正社員が不足していると答えた企業は6割を超えました。

これらの結果から、専門的な知識を必要とする業種で人手不足が深刻化していることが分かります。

さらに、旅館やホテル・自動車と自動車部品製造では2015年7月の調査よりも10ポイント以上も増加していて、急激に人手不足が進んでいることが分かります。

また、上記の業種以外に人手不足となっている業種は、メンテナンス・警備、飲食店、建設などがあります。

これらの結果を元に、人手不足となっている業界も検討しながら転職先を決める方法もあります。

13.給料は下がることを覚悟

このように、視野を広げて転職に関することを調べてみると、現在は転職の機会に恵まれていると言えるでしょう。

しかし、給料は下がることを覚悟しましょう。

35歳であれば、会社で10年以上勤めてきたことから、昇給したり、または昇進したりして、年々給料が上がってきたことでしょう。

35歳で経験のある業界や職種に転職する場合は、給与や待遇アップを目指しての転職となります。

しかし、未経験者として転職する場合は、その仕事に対してはイチからのスタートとなるため、今までの給料と比べると下がってしまうことがほとんどです。

さらに、前の会社ではボーナスがもらえたけれど、転職先にはボーナスがなかった、ということもあり得ます。

それをおしてでも転職したいと思える分野の仕事を見つけたならば、給料が下がることを前提にして、今後の生活設計を見直すなど事前に対策を講じておきましょう。

14.配偶者は、転職を理解している?

転職について、パートナーの理解はあるでしょうか?

最大の利害関係者であるパートナーの理解を得ることは非常に大切なことです。

仲の良い夫婦

夫婦の関係では、些細なことを含め、普段からお互いに話し合うことが大切ですが、それは転職についても同じです。

なぜ転職したいのか、転職したら何をしたいのか、転職によって何を得られるのか。

もし、パートナーが転職を引き留めようとする場合、その理由は何か、ということを良く話し合ってみましょう。それによって、今後の方向が見えてくることがあります。

最近のはやりでいうと、「嫁ブロック」により、転職しようとしていても、配偶者の反対により、転職が取りやめとなる場合があります。

嫁ブロックとは、夫の転職や独立などが妻の反対で取りやめになってしまうことを指します。

もちろんこれは男女逆の場合も普通にあります。

嫁のせいで転職が実現しない…というのはさぞやりきれない思いがすることでしょうが、配偶者だからこそ相手を理解していることもあり、むしろ、嫁ブロックによって自分で決めた転職先で後悔せずに済んだ、というケースもあるのです。

転職は、今後の人生を決める重大な決断です。良く話し合った上で決めることが大切です。

配偶者の理解が得られれば、一気に転職へと進んでいくことができます。

転職を家族や嫁に反対されたらどうするかは、
転職に反対されたら…親・妻・家族・彼女…3つの説得方法

15.素直さ、吸収力、柔軟性を持ち合わせている?

転職する時に必要とされることに「素直さ」「吸収力」「柔軟性」があります。

これらの能力は20代であれば普通に高い能力ですが、30代でもまだまだ十分に持ち合わせている、少なくとも未経験職種に転職しようという自由な発想の持ち主であるあなたであれば大丈夫な筈。

大切なことは、「転職したら、一日も早く仕事を覚える」という気構えです。

気持ちをしっかりと持っていれば、素直さ、吸収力、柔軟性は十分に発揮することができるでしょう。

また、35歳前後で転職すると、年下上司の元で働くことになる場合があります。

「年下上司の元ではちょっと働きにくい」と感じるかも知れませんが、逆に、上司としても「新人が年上だと使いにくい」と感じるものなのです。

それを解消するには、年上であるあなたが、素直さを持って上司から仕事を覚える、という心構えが大切だと言えるでしょう。

16.ビジネスの基礎力には自信がある?

35歳前後で未経験の職種に転職すると、業界の知識や仕事のノウハウこそ乏しいものの、ビジネスの基礎力を持ち合わせているという強みも持っているはずです。

例えば、報告・連絡・相談は確実に行うこと、段取りを考えながら効率良く作業を進められること、また、人を巻き込みながら作業を進められることなどがあります。

もちろんビジネスマナーなど、最低限のスキルも大切です。

ビジネスの基礎力がしっかりしていると、人間関係面でも信頼感が得られやすくなります。

ビジネスの基礎力がしっかりしていることで、業界の知識や仕事のノウハウが早く身に付きやすくなります。

業種は変わっても、ビジネスの基礎力は必須となります。

社会人として蓄積してきたビジネスの基礎力を活かしながら仕事を進めていきましょう。

17.ビジネスの基礎力+コミュ力でカバー

また、ビジネスの基礎力のほか、コミュニケーション能力も転職後には必須となる能力です。

新しい人間関係にとけこむことはもちろん、円滑なコミュニケーションなしには、ビジネスを順調に進めることができません。

一口にコミュニケーション能力と言ってもその内容は多岐にわたり、会話する能力、説得力、プレゼンで発表する能力などのほか、聞く能力もコミュニケーション能力に含まれます。

30代になり、部下をまとめながら仕事を進めてきた人なら、ある程度までは知らず知らずのうちにコミュニケーション能力が高まっていることでしょう。

これから転職にあたっていきなりコミュニケーション能力を向上させようというのは間に合わないかもしれません。

しかし、コミュニケーションが大切だという意識を持つことで、面接などを突破しやすくなり、転職後は職場での信頼関係を築いていくことが容易になります。

いまや「35歳は転職しやすい」という状況に

一般的な意見では「35歳は転職しにくい」という考え方の人が多いです。

しかし、データをみると、現在では35歳前後に限らず、40代でも転職するケースは増えてきています。むしろ「35歳は転職しやすい」年齢という見方が強くなってきています。

転職成功者の人数の伸長率
参考:DODA ホンネの転職白書 https://doda.jp/guide/ranking/091.html

転職する人の人数も増えていますが、それ以上に35歳以上で転職する人の伸びが著しいです。

ただし、30代になると、自分の考えだけで行動できた20代とは異なり、配偶者の考え方を尊重するなど、まわりの意見にも耳を傾けた上で行動しなければなりません。

この転職が失敗した場合、やり直しは20代で転職してまたすぐに転職するという場合よりもより難しくなります。

転職は、今後の人生を左右するイベントです。

転職するメリット、転職しないことのメリットを比較し、転職すると決めたなら、転職のリスクを把握し、対策を立てながら転職を成功させましょう。

いまの業界とは違う異業種へ転職するには?
異業種へ転職できる可能性は意外と高い!成功のポイント5つ

あなたがもう40歳だというときは、
仕事辞めたい40代が未来を勝ち取るために大切な18のこと

IT業界へ未経験者が転職すると…、
IT業界へ転職したので新3K、7Kのウワサを検証してみた

自分はどんな仕事がしたいのかわからない…という人は、
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

未経験でも楽しく働けるいい仕事にめぐりあえますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<女性に人気9つ>好きなことを仕事に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす