1. TOP
  2. 30歳独身女性が転職キャリアプランを考えるときの注意点

30歳独身女性が転職キャリアプランを考えるときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「今年30歳になる独身女性です。先日、交際相手と結婚の話しが出ましたが、結婚しても仕事は続けたいと思っています。でも、彼はできるだけ家庭に入って欲しいと考えています。」

彼との結婚をきっかけに、今の仕事を辞めるか、続けるか、別の仕事を探すかなど、人生の方向性を考えることありますよね。

企業の採用担当者は結婚を考えている30歳独身女性をどのような視点で面接するのでしょうか。

自分は結婚をしても仕事を続けるつもりでいるけれど、彼は妻に働かず、家で専業主婦をしてもらうことを望んでいることを前提に、30歳独身女性の転職ポイントについて紹介します。


1.30歳独身女性の転職の壁と、対策・対応内容は?

女性は採用面接を受けると年齢に関係なく、結婚・出産について質問をされることがあります。

30歳独身ともなると、さらに当り前のように聞かれます。

結婚や出産について質問をされることを想定すると、自分の将来の働き方や転職先を決める要素は何だろう?と、ライフスタイルについて考える機会が増えるでしょう。

また交際相手が結婚後、子どもができたら専業主婦をして欲しいと望んでいる場合、自分が描いているライフスタイルと彼が求めているライフスタイルに差異が出てきた場合についても考えておく必要があります。

面接官に聞かれる質問内容の予想をし、相応しい回答方法、逆にこちらから質問した方がよい内容をまとめました。

さらに交際相手ともめずに将来設計を語れるような話し方対応策について詳しく見ていきましょう。

1)面接官はなぜ結婚・出産について質問をするのでしょうか

30歳独身女性の転職活動で、企業側が気にする点は、結婚・出産についてです。

新卒者であれば、結婚・出産については少し先の話しになるため、企業側は深く追求しないこともあります。

しかし30歳独身女性の場合は、現実味を帯びた問題として捉えられます。

当然のように、「結婚・出産後も働きたいと思っていますか?」「もし転勤の話が出た場合は受けることができますか?」とよく聞かれます。

これは中途採用の場合、企業側は即戦力として採用したい場合がほとんどです。

すぐに産休を取ったり、出産を機に退職されたりしてほしくないと考えるでしょう。

 

面接の場で結婚・出産後の働き方についての質問をされる場合は、欠勤頻度や退職時期を見抜くためがほとんどです。

したがって転職後も、

  • 仕事を続けてキャリアアップをしたい
  • 産休を取っても必ず復帰して会社に貢献したい

という自分の強い意志を伝え、理解してもらうことが重要です。

「結婚は考えていますが、生涯仕事は続けたいと考えています。御社は育児休暇など、今現在利用されている方はいらっしゃるでしょうか」

「将来は、子育てしながら仕事を続けていきたいと考えています。皆様にご迷惑をかけないように、御社の福利厚生や子育て支援サービスを教えていただけるでしょうか」

など、“働きたい”という強い気持ち“将来設計”を明確に伝え、質問をするとよいでしょう。

2)収入金額が上がる場合と下がる場合。そのときライフスタイルはどう変わる?

30歳になるとキャリアを積んできた分、現職での収入金額はみなに堂々と胸を張って言えるくらいになっているでしょう。

今まで慣れ親しんだ仕事をキャリアアップのために変える場合、転職先の企業側は応募者のキャリアを考慮した給与設定を提示します。

しかし今までの職種とは全く異なり、一から新しい仕事を覚え始める転職の場合、給与は下がる可能性があります。

収入・給与

収入が減れば、ライフスタイルも変わります。買いたいものが買えなくなり、付き合いも減り、彼との過ごし方の変化など、お金の節約が必要になるかもしれません。

収入は仕事をする上でのモチベーションになることもあります。

「採用された場合、給与額はどう設定されるでしょうか?」など、面接官からの提示がなくても、自分から素直に聞いてみるとよいでしょう。

3)転職条件を決めておきましょう

30歳での転職は将来を左右する大きな転機になるため、これまでの雇用条件を上回る転職先を希望する場合がほとんどです。

雇用条件は給与以外にも、勤務地や福利厚生が挙げられます。

さらに彼との結婚や出産を考えている場合、あなたが求める条件が揃っている必要があります。

  • 給与の増減
  • 福利厚生の内容
  • 転勤がある場合は近県なのか遠方の場合もあるのか
  • 産休は最大どれくらいの期間を取れるのか

など、具体的に確認しておく必要があります。

企業側はこれまでにもあなたと同じように、「30歳独身女性で結婚を考えている」という求職者の面接を多数実施し、採用した実績はあるはずです。

その方達の事例も面接前、もしくは面接時に確認しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

2.結婚を望んでいる彼との課題

30歳女性で考える問題は、転職先だけではありません。

交際相手と結婚の話しが具体的に出ている場合、結婚生活や出産のことを考えて二人で話し合う必要があります。

あなたは結婚後も働き続け、さらなるキャリアアップを望んでいるとします。

一方彼は結婚後、もしくは子どもが大きくなるまであなたに専業主婦を望んでいたとしたら

お互いの望んでいるライフスタイルの違いを、問題が起きたときにケンカで終わらせたくないですよね。

そのために前もってあなたの結婚後の希望を彼に話し、時には理解してもらえるまで説得する必要があります。

大切な交際相手との幸せな結婚生活を送るためにも、次の点に注意しましょう。

1)結婚生活と仕事を両立したい気持ちを彼に伝えましょう

あなたにとって大切なものは仕事だけではなく、結婚も同じくらい大切です。

結婚

交際中に結婚の話しが具体的に出ていた場合、いきなり「今は転職をしてキャリアアップすることが一番大切!」なんて言ってしまったら、彼は「おれと結婚する気はあるのか?」と逆に聞いてくるかもしれません。

これまで色々な場面で支えてきてくれた恋人を、転職をきっかけに失いたくないはずです。

仕事をバリバリ働きながら、彼との結婚生活も両立できたらいいですよね。

そんなときは、交際相手が思い描く結婚生活をしっかりと聞き、自分の希望と重ね合わせてみましょう。

彼が自分にどこまでのことを求めているのか、自分は彼にどこまでしてあげられるのか。

それを把握した上で、家事の分担をどうするのか、二人分の給与を生活費にどう工面するのかなど、具体的に話し合いましょう。

二人の話しがまとまらないときは、あなたの意見を彼に押し付けているだけかもしれません。

彼を大切に思う気持ちを伝えながら、自分は仕事を頑張りたい続けたいという想いを、彼にきちんと伝えましょう。

2)出産の時期について具体的に考えてみましょう

結婚する話しが順調に進めば、その先には出産の問題があります。

結婚してどのくらいの時期がいいのか、そもそも子どもが欲しいのか、二人目の出産も考えるのか、考えるならばどのくらいの出産時期がいいのか。

出産

30歳女性の場合は、のんびりと考えるわけにはいきません。

仕事でキャリアアップをしたい場合、転職後すぐに出産というわけにもいきませんが、仕事を優先するために家族を増やせない、ということは考えたくないはずです。

  1. 結婚して何歳までに子どもを作りたいのか
  2. 子どもは何人欲しいか
  3. 出産後、いつ頃仕事に復帰したいのか

この問題に関しても、交際相手としっかり話し合いましょう。

さらに企業側にも以下のことを確認する必要があります。

【企業で用意されている休暇制度について】

  • 産休期間
  • 復帰後は勤務時間を短縮して働けるか
  • 保育所に預けている子どもに何かあって呼び出された場合、早退することが可能か

あなたが困ったときにどこまで対応してもらえるかを、転職の面接時に素直に聞いてみるといいでしょう。

3)転職先で転勤の話しが出てきたら?

30歳女性で転職という場合は、即戦力での採用がほとんどです。

その場合、あなたの経験を必要とし、配属後に他部署からあなたのスキルを求められることも出てきます。

異動先が同じ勤務地内ならば問題はありませんが、遠方の勤務地への異動であれば、大きな問題です。なぜなら、あなたには結婚を考えた相手がいるからです。

結婚するということは、一緒に生活することが前提ですし、結婚後、彼はあなたに専業主婦を望んでいます。

あなたはキャリアアップも含めて転勤することに問題がないかもしれませんが、彼は反対するかもしれません。たとえ、今あなたのキャリアアップを尊重しいてくれていたとしてでもです。

そのときあなたは転勤を希望するのか、彼は転勤を許してくれるのか、または面接官に転勤を断れるのかなど、次のようなパターンを想定しておきましょう。

  • 転勤を希望し、彼も賛成した場合、ライフスタイルを見直す
  • 転勤を希望し、彼が反対した場合の説得方法
  • 転勤を希望しないが、転職先の転勤を断れるか、面接時に確認

事前に何も考えずにその場の勢いで転職を受けた場合、30歳独身のあなたの人生設計は大きく崩れてしまいます。

彼との結婚と自分の仕事のキャリアを両立させるために準備しましょう。

3.未来を見据えた人生設計を考えておきましょう

30歳の独身女性の転職には、考えなければいけない様々な問題があります。

結婚を考えている交際相手がいる場合は、なおさらシングル女性よりさらに考えるべき問題が多くあります。

その問題の大きさや重さは、20代女性の転職とは異なります。あなたにとっても一度きりの人生です。

キャリアアップという大きな目標を持って転職しようと決断したのですから、あとは目標達成に向けて、問題に一つ一つにしっかりと対策をするだけです。

あなたは転職活動をする中で、いくつもの企業に巡り合います。

  • あなたの目標を達成できる将来性のある企業に転職する
  • 転職先であなたのスキルを活かしキャリアアップする
  • 交際相手と幸せな結婚生活を送る

この3つを叶えるために前進しましょう。その際、企業側にも交際相手にも嘘をついたり着飾ったりする必要はありません。

入社後のミスマッチがあると、転職した意味がありません。

企業の採用担当者から受けるチェックポイントへの対策をしっかりと行い、また彼との円満な結婚生活を送るために、お互いに納得がいく結論が出るまで話し合いましょう。

あなたが幸せな人生を送ることができる転職となりますように!

あなたに最適な転職活動の進め方は?
転職診断
★自分の「個性」や「強み」がわかれば自己PRがもっと簡単に!

リクナビNEXTグッドポイント診断でわかる自分の5つの『強み』で転職を有利に進める


フリーター働いたことがない入社してすぐ会社を辞めた…という人も、
正社員
厚生労働省認定の就職支援サービス。既卒者、フリーター、中退者など14,882名が優良企業の正社員に!

35歳までの人で、もっと自分に合った仕事があるのでは?と思ったら、
仕事探しでも運命の出会いってあると思う。
あなたの特性に合わせて、自分では気づかないオススメ転職先を紹介してくれるサービス

よく読まれている関連記事&広告

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす