28歳【未経験職種】へ転職して、後悔しがちな落とし穴を避けるポイント

28歳 未経験職種への転職 20代

未経験職種への転職について、「28歳限界説」というものがあります。

一概には言えませんが、この説には根拠があります。

もしあなたが28歳前後で、未経験の仕事への転職を考えているのであれば、この「28歳限界説」に焦ってしまうかもしれません。

でも大丈夫。しっかりと準備して転職に臨めば、28歳を超えた年齢でも未経験の職種への転職は可能です。

ところが、よくよく考えておかないと、転職できたはいいけれど、「転職するんじゃなかった……」と後悔することになるかもしれません。

28歳前後で未経験職種へ初めての転職を検討している方へ向けた、転職を成功させるためのノウハウを紹介します。


1. 未経験職種への転職は28歳まで?

世間では、未経験職種への転職が可能な年齢について、28歳がひとつの限界点と言われているようです。

新卒で入社後3年目から5年目くらいのこの年齢は、企業としても社会人としても育成期が終わるかどうかの時期です。

そしてどんな業務でも社会人としての基礎力が備わり、一人前の戦力として活躍するためには、知識と経験の習得に2年ほど必要であると言われています。

これを前提とすると、企業人として脂が乗り出す30歳前半までに戦力となるには、28歳くらいで採用することが今後の伸び代を考えても、ひとつの区切りと考えられるのかもしれません。

しかし、これはあくまで「未経験職種に転職するひとつのいいタイミング」なのであって、必ずしも28歳が未経験職種に転職する年齢というわけではないのです。

事実、30歳台以降でも未経験職種に転職して、転職先で成功している人は確実に存在します。

現在は人材の流動化も進み、さらに空前の人手不足の世の中ですから、企業も人材確保のためには「未経験職種への転職28歳限界説」などのような固定観念に縛られる余裕などないのです。

年齢に限らず未経験職種に転職できる人は、現職でのキャリア形成、転職に際しての準備や心構えがしっかりとできている人なのです。

逆に、準備や心構えができていなければ、28歳という良いタイミングでも未経験職種への転職は難しいと考えられます。

スポンサードリンク

2. なぜ、あなたは未経験の仕事に転職したいのか

未経験職種への転職 理由

「思い立ったが吉日、即行動」と言いますが、特に未経験職種への転職に際してこの言葉はまったく当てはまりません。

まずは、あなたが未経験の仕事に転職したい理由を明らかにすることです。

それにより、あなたが転職を思いとどまるという選択肢も見えてきます。

1)この理由なら転職すべき

あなたが、今の仕事で一定の成果を出し満足している場合は、転職しても問題ないでしょう。

今の仕事の過程で得た経験や考え方をもとに、「自分のやりたいこと」「自分の強み・弱み」「転職後の自分のビジョン」がはっきりしていれば、次の仕事でのやりがいにつながるため、たとえ未経験職種に転職したとしてもうまくいくでしょう。

さらに、今の会社では上記3点が実現できないことが、はっきり説明できるため仕事を辞める時にも円満退職ができます。

2)この理由なら転職は早すぎるかもしれません

今の仕事に成果をあげられず、現状に辛抱できずに「何となく嫌になったから、飽きたから」という理由の場合は、転職してもうまくいかないかもしれません。

なぜなら、そのような人は自分が何をやりたいかすら分かっておらず、単に今の嫌なことや辛いことを乗り越える意味を見出せずに、感情的な原因で現状を放り出そうとしているだけだからです。

まずは今の仕事をやり遂げ、自分が本当に何をやりたいかを明確にしたうえで、改めて転職を検討しましょう。

3. 企業の情報収集

28歳 未経験職種転職 転職先の情報

未経験者の中途採用の場合、会社説明会などを開催するか否かは企業によりさまざまです。

しかし、会社説明会の有無に限らず、社会人経験を持つ者であれば志望企業の研究くらいは自ら率先して行うべきです。

インターネットの情報だけでなく、自分なりに社外の知り合いを訪ねたり、自分の足で志望企業の情報を収集することが何よりも大事です。

そして、面接時においても面接官からの情報収集に努めるように心がけましょう。

1)転職先の職場の環境も重要

意外と重要なのが、入社後のオフィス環境です。

従業員が大勢いて騒がしい、機械音がする、逆に静か過ぎる、臭いが合わないなど、急激な環境の変化が予想外のストレスをもたらし、入社後に実力を発揮できなくなる方もいます。

職場の人間関係は実際に働いてみないことにはなかなかわからないものですが、オフィス環境については面接時に質問、また可能であれば事前に見学するなどで、ある程度は様子をつかむことができます。

2)中途入社組に対してフェアか

外資系企業ではそうでもないのですが、古風な日系企業では新卒入社組と中途入社組の扱いに差を設けているケースもあるようです。

それは28歳という比較的若い年齢で転職しても、中途入社の括りであれば同様です。

特にマネジメント層への登用に顕著なようですが、これは日系企業に転職した以上は仕方ないと割り切りましょう。

ただし、雇用形態や福利厚生まで差分を設けているようなら、話は別です。

この点は、面接時においても重々確認しておきましょう。

3)中途採用者は多いか?少ないか?

過去に渡って中途入社、特に未経験採用者が多く、かつ定着しているのであれば、企業もそのような社員の扱いに長けているという見方ができます。

また、入社後の仲間作りにおいても、同じ中途入社の方がいることは心強いものです。

転職希望先の中途採用と定着率については、可能な限り調べておきましょう。

4)教育体制は充実しているか

未経験職種への転職であるために、入社後の業務知識不足は他の新卒入社の方と比べてハンデとなることでしょう。

だからこそ、あなたが能動的に求めさえすれば、会社は適切な研修や教育を施してくれるかという点は重要です。

ここで注意して欲しい点は、あなたが「未経験なのだから、黙っていても会社が自分を育ててくれる」という勘違いをしないことです。


4. 28歳で未経験の場合に、企業が見るポイント

28歳転職 企業が見るポイント

応募者が業界未経験者であることを前提として採用するのであれば、企業は即戦力採用とは異なる前提であなたを見ます。

以下では企業が28歳で業界未経験の中途を採用するにあたって、面接で何を見るかを挙げていきます。

これらを備えている人であれば、業界未経験でも採用で不利になる可能性は少ないでしょう。

1)高い専門性は期待していない

あらゆる業界で業務が高度化している現在、新卒時から数年しか経過していない28歳のあなたに対して、そもそも企業は即戦力となり得る専門性など期待してはいないでしょう。

それを前提にしているからこそ、未経験者であるあなたを採用試験に招いているのです。

多くの企業で28歳という年齢は、ようやく育成期が終了するか否かなのです。

企業はあなたがどの程度の専門性を持っているかというよりも、前職における新卒時からのあなたの成長と入社後のポテンシャルを見ているのです。

したがって、やたらと自分の専門性やスキルをアピールしても、面接官には響かないでしょう。

2)キャリアの棚卸しはできているか

28歳と言えど社会人経験は数年程度あるわけですから、企業はあなたが社会人として新卒時からどのような経験を積んで、どれだけ成長したのかを見ます。

具体的には、

  • 前職で熱心に打ち込んだ仕事
  • 工夫して取り組んだ仕事
  • 目的意識を持って取り組んだ仕事
  • 仕事により得たあなたの強み

それらをあなた自身の言葉で話せるか、という点です。

つまり、短い社会人経験年数の中でも、しっかりとキャリアの棚卸しができているか、ということなのです。

3)社会人の基本ができているか

当たり前のことですが、新卒採用ではないのですから企業はあなたが社会人のマナーを既に習得している前提であなたを見ます。

新卒採用時と異なり、言葉使いや身だしなみなどについて面接時に疑問を抱かれると、その時点で不採用になるものと思っておいて良いでしょう。

また応募した企業に対する最低限の礼儀として、企業・業界研究についても社会人ならではの切り口で行っているかという前提で、面接を行うでしょう。

4)視野は広いか

スペシャリスト志向の高い方が増えていますが、転職後も輝いている方はその道の第一人者になるだけにとどまらず、絶えず視野を広く持っています。

特に企業が未経験者を採用するにあたって、この視野の広さを重視する傾向があります。

なぜなら、視野が狭くては前職の常識や固定観念から抜け出せずに、未経験である転職先の仕事にいつまでも馴染めなくなる恐れがあるからです。

5)ストレス耐性はあるか

新しい仕事、新しい職場環境、新しい人間関係に移ると、それに慣れるまで人は多かれ少なかれストレスを感じるものです。

せっかく転職してもこのストレスに耐えられず、自身の能力を十分に発揮できないばかりか、うつ病になったり辞めてしまう人が少なからずいるのです。

このストレスに耐えうる人材を採用するため、あえて多少の圧迫面接を行う企業も存在するようです。

6)会社に定着しそうか

すでに「転職」を行動に移しているあなたに対して企業が警戒するポイントは、「採用して入社してもすぐに辞めてしまわないか」です。

未経験者を採用するのであれば、なおさらです。

だからこそ、企業は採用後のあなたが会社と仕事に対して共感を持ち、長く働いてくれる人かを見極めるため、入社後のポジションや業務内容など新卒時よりも多くの事項を開示した上で、「確認」に近い面接を展開します。


自分をオープンにしよう

あなたが採用面接を受けるにあたっては、不要な演技などせず可能な限り自分をオープンにすることを強くおすすめします。

あなたが採用面接を受ける最終目的は、「採用を得ること」ではないはずです。

ありのままの自分を見せたうえで、あなたを採用する企業でなければ、あなたが入社後のギャップに苦しむことになります。

あなたが経験したことのない職種に転職するのですから、なおさらです。

未経験でも転職後に活躍できる企業に入るために、不要な演技などせずあなた自身をオープンにしたうえで、あなたを採用する企業を選びましょう。

 
28歳で2回目の転職を検討しているなら、
28歳で2回目の転職を成功させるために知っておきたい20のこと

意外と公務員になってみるという選択肢もあります。
公務員への転職!30代でも間に合う?応募はどうする?

あなたが未経験職種で輝けますように。