50歳からの転職で検討すべきこと18|転職先して大丈夫か?

50歳といえば定年まで10年ですが、年金支給開始年齢の引き上げ目途とされる70歳までは20年あります。60歳から70歳までの収入が心配だとか、60歳まで職場にいられない可能性があるという人は今から転職を考えるべきかもしれません。50歳からの転職で検討すべき要素と主な転職先候補を紹介します。

会社を辞めさせられそう…「退職したくない!」会社の態度別の対処法

会社が一旦採用した社員を、決定的な理由なく退職を迫ることは不当解雇につながり非常に難しいのが現実です。会社から辞めさせられそうになっても、辞めるか辞めないかの決定権は社員にあります。辞めないと明言すれば、身分保障はされます。会社が社員を辞めさせようとする時の対応についてお話しします。

プライベートを優先できる仕事17職種|自分の時間を大切にする!

仕事を通じて社会の発展に貢献したいと積極的に考えている人もいれば、食い扶持を確保できれば十分という人もいます。後者の場合、多少収入が少なくてもプライベートを優先できる仕事をしたいと思う人が多いのではないでしょうか。自分や家族の自由な時間を確保できる仕事の特徴と具体例を紹介します。

仮病の言い訳|後々バレない、会社をうまく納得させるための注意点

社会人でも会社に行きたくないときはあります。「何となく行きたくない」といった気持ちの問題であれば表面を取り繕う必要があります。相応の理由がなければ会社は休めません。下手をすると就業規則違反を問われ、懲戒処分を科せられます。心身の疲れを癒しリフレッシュするためのズル休みをするためには、会社に疑われない理由をうまく伝えなければなりません。

後輩指導のポイントは、見せる、聞かせる、させる、ほめる

みなさんが後輩指導を任されたときは何をすべきでしょうか。漠然と後輩に仕事を教えればよいと考えているだけでは失敗するかもしれません。 何を心がけて後輩指導に臨むべきか、何を指導するのか、後輩や上司は指導役の先輩に何を期待するのか。ここでは、これらについて解説します。

これから起業するなら|業種|仕事は何を選ぶべきか?

これから起業するなら何をすべきでしょうか。まずビジネスである以上、売上と利益確保を見込める事業を探す必要があります。その上で自分の能力・適正に合っていて意欲的に取り組むことができるビジネスで勝負することが大切です。これからの世の中と自分の能力などをうまく合致させて成功を目指すために必要な考え方を紹介します。

プライベートを優先できる仕事の特徴|自分の時間を確保する職種選びのコツ

仕事だけの毎日よりも、仕事もプライベートも両方楽しむことが出来るワーク・ライフ・バランスの配慮された仕事に就きたい。そんな風に思う人は増えているのではないでしょうか?しかしながら多くの会社では「プライベートを充実させよう!早く帰ろう!」という働き方になっているわけではありません。そこで、自分の時間を充実させることが出来る職種・職場の選び方やコツを紹介します。

【マンガでわかる】ビジネス書30|漫画なら読める!理解できる!?

「マンガでわかるほどビジネスは甘くない。」と思う人もいるかもしれませんが、ともかく漫画なら読みやすく、要点をつかむのにはもってこいです。ここでは、「実用的で直ぐに使えるノウハウ」が示されている著作を中心に、オススメのマンガでわかるビジネス書30冊をご紹介します。

28歳で2回目の転職を成功させるために知っておきたい20のこと

最近は新卒で就職した会社を3年以内に辞める人が30%以上いると言われています。28歳で2回目の転職をする人は決して珍しい存在とは言えません。しかし、早期に会社を辞める人に対しては、ネガティブな印象を持つ人が少なくありません。ここではそうしたネガティブな評価の具体的な内容とそれをポジティブに変えるためのアピール戦略を紹介します。

残業は強制できるか?| 管理職になったら知りたい残業の基礎知識

管理職になると残業が「させられる」側から「させる」側へと変わります。でも、もし部下が残業を拒否したらどうしたらいいのでしょうか。残業って強制できるものなのでしょうか?管理職として部下を残業させるために注意すること、法的な条件や裁量労働制といった残業が発生しない職種、強制的な残業についての判例について紹介します。

権利収入が得られる仕事20|あこがれの不労所得への道!

人が得られる収入は労働収入と権利収入に大別されます。株式会社でいえば労働者が得る給料と株主が受け取る配当金です。会社が順調に発展して売上高や利益が大幅に増えても給料が何倍にも膨らむことはありません。一方で株式の配当金や時価は劇的に増加することが期待できます。ほかにも誰でもよく知られた権利収入には特許・著作権、不動産賃料などがあります。分野ごとにどんな権利収入があるのか見ていきましょう。

60歳からの仕事探し|シニア求人を見つけるには?

現在、年金の標準的な支給開始年齢は65歳ですが、いずれ70歳に引き上げられることは確実だと言われています。さらに、給付額の削減も行われる可能性があります。ここでは60歳で定年を迎えた人が次の仕事を探す際の心得、仕事探しの方法、求人サイト、具体的な仕事例を紹介します。

サラリーマンに適した副業|いろんな方向性から28種類を紹介!

サラリーマンやOLの皆さんは副業について一度は考えたことがあるのではないでしょうか。「週末に副業で5万円稼げれば生活が楽になる。」「趣味を副業にして小遣い稼ぎができれば最高だ。」このように思ったことがある人は、副業にチャレンジできる可能性を考えてみてください。サラリーマンやOLが取り組みやすい副業を紹介します。

「高卒 資格なし」の人の転職戦略はコレだ!

一般的に「高卒、資格なし」の人の転職は応募できる仕事が限られます。 しかし、転職できない訳ではありません。もっとも重要なことは「困難」と「不可能」の違いを認識して、困難を可能にするための戦略を練って対処することです。ここでは、「高卒、資格なし」の人がよい転職をするための3つの戦略を解説します。

お金持ち職業に就く7つの方法|高給取りサラリーマン?独立起業?

お金持ちの職業と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?スポーツ選手、芸能人、起業家、投資家など、「億」単位の年収を稼げ“高嶺の花”の仕事だけではありません。一般のサラリーマンでもキャリアップしていけばこうしたポジションに就くことも夢ではありませんよ。どんな仕事をしている人がお金持ちになっているのかランキングを見ていきましょう。

給料は支給日0:00に引き出せる⁈振込時間に最速で引き出すには?

待ちかねていた、給料日!!!少し豪華なランチを食べる人、買い物に行く人、そしてローンの支払いにあてる人も多いかもしれません。そんな自分の給料が、いつ口座に振り込まれ、いつから引き出せるのか?もし万一、給料が遅れたら……気になる給料の支給と受け取りの仕組みについて、お伝えします。