1. TOP
  2. やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

やりたい仕事がわからない

やりたい仕事がわからないで悩んでいるあなた、頭の中で考えてみても、ぐるぐる同じところを廻るだけで、やりたい仕事はなかなか見つかりません。

やりたい仕事の前に、やりたいコトがわからない…で悩んでいるかもしれませんね。

自分は何の仕事をすればいいのだろう?自分の適職は?いや、自分だけの天職は?

・・・世の中には無数の種類の仕事があります。そもそもやったことがない仕事について、自分に合ってるかどうか、わかる筈がありません。

やりたい仕事を見つけるには視点を変えて考えてみることが必要です。

単にやりたい仕事はなんだろうと考えるのではなく、全く別の方向から攻め、やりたい仕事の発見に繋げるのです。

やりたい仕事がわからなくて困っているあなたが、やりたい仕事を見つけるためのヒントを紹介していきます。

スポンサードリンク

やりたい仕事 vs やりたくない仕事

1. やりたい仕事がわからないなら、やりたくない仕事を挙げてみる

やりたい仕事をあれこれ考えて迷うのであれば、まずはやりたくない仕事を挙げていき、選択肢の幅を狭めていくのも効果的な方法です。

選択肢が多くて迷う時には、消去法で対象外のものを除外していくことで、答えが見つかりやすくなります。

この方法はやりたい仕事探しにおいても使えます。

この方法で残った仕事に納得できないかもしれないですが、少なくとも除外した仕事に比べれば、あなたの中では魅力的な仕事になるのは間違いないのです。

スポンサードリンク

やりたい仕事 vs やれる仕事

2. 「やりたい」ではなく「やれる」仕事を考える

やりたい仕事が見つからないのであれば、やれる仕事探しにシフトチェンジしてください。

あなたの中で「やりたい仕事=楽しめる仕事」という考えを持っているとしたら尚更です。

仕事における楽しさは、遊びの時の楽しさとは全く違い、充実ややりがい、人間関係などによって得られるものです。

そして、これら全てに共通していることは、実際にやってみなければ分からないということです。

このため、まずはあなたができる仕事を探し、それに挑戦してみるというのもひとつの方法です。

その仕事に真剣に取り組んだ時、仕事の中で充実感や達成感を得られて満足できれば、それがあなたにとってやりたい仕事だったと、ここではじめて分かるのです。

やりたい仕事 vs やり続けても苦にならない作業

3. 長時間やり続けても苦にならない作業を考えてみる

一日の労働時間は基本8時間。会社で働くと、1日の3分の1、起きて活動している時間のうちの半分以上(通勤時間なども入れるとさらに)は会社での仕事のために使うことになります。

これを、自分がやりたくないことに費やしてしまうのは、苦行でしかありません。

しかし、何が楽しくて、何が苦しいのかは、人によって、まったく違います。

単純作業が苦にならない人もいれば、そんな退屈なことは5分と耐えられない!という人もいます。

人と会うのが好き、話すのが好きで一日中でも喋っていたい、という人もいれば、対人関係が苦手で孤独になにかをやりたいという人もいます。
(孤独に一人で稼ぎたいという人は、
人と関わらない仕事ベスト15 孤独に一人で稼ぐ!」)

文を書きだしたら止まらないという人もいれば、モノを作ることに没頭する人もいます。

(ライターの副業をしたい人は、
副業ライターの在宅ワーク!文章を書く仕事で稼ぐ方法12

自分が、長時間作業しても、苦にならないことはなんなのか、探ってみると、やりたい仕事に大きく近づきます。

スポンサードリンク

やりたい仕事を見つけるための人生の考え方

4. 一生その仕事をするという考えを捨てる

一度就職したら一生そこで働かなければならない”、こういった古い時代の重い考え方は捨ててください。

その気になれば、いつでも辞めることだってできますし、やりたい仕事が見つからない時は、転職をもっと気楽に考えても構いません。

とりあえずやってみよう”、この考え方が大切なのです。

さすがに何も考えずに仕事を決めるのはマズいですが、少しでも興味があれば、後は深く考えずにまずはチャレンジしてみることです。

その結果、辞めてしまうことになっても、それは一つあなたに向いていない仕事がわかったというだけの話。いつまでも悩んでしまうことなく次の仕事探しに向かうことができます。少し肩の力を抜いて、気楽に求人に目をとおしてみてください。

5. 理想のライフスタイルを考える

仕事として単体で捉えるのではなく、仕事と生活を含めたライフスタイル全体で捉え、理想のライフスタイルが叶う仕事を選ぶのも、一つの方法です。

“こんな仕事をしたい”のではなく、“こんな仕事生活”をしたいと発想を変えるのです。

例えば、夜はゆっくりしたいと思うのであれば、朝早くから始まる仕事を考えます。

仕事帰りに飲みに行く習慣が理想なのであれば、人と関わることが多く、都会が勤務地の仕事を考えます。

こうやって理想のライフスタイルそのものを視野に入れて考えれば、職種はかなり限定できるので、やりたい仕事探しにもかなり近づけます。

 

・・・次のページでは、「やりたい仕事の探し方」についてさらに詳しく紹介します。


そろそろ転職も考えた方がいいのかも…と思ったら、
転職診断テスト
13万人分のデータを元に予想内定社数予想年収まで算出!キャリア転職サイト@typeって?
【あなたがいまの勤め先以外の企業から、どの程度の評価をされるのかが客観的にわかれば、あなたに合った企業が見つけやすくなって、転職成功の可能性が高まります!】

年収1000万円を目指す人向け、
ビズリーチ
ハイクラス人材専門の転職エージェント ビズリーチがキャリアアップに最適なのはなぜ?
【バリバリ働いて高収入を目指す人にオススメ!】

関連記事

  • 旦那が転職!妻としてどうすればいい?

    旦那の転職の不安どう乗り越える?40代の夫が「会社を辞めたい」…

  • 40歳からの女性の転職は?

    女性の転職40代ではじめて正社員をめざして奮闘した結果…

  • 自分に合った仕事探しの方法

    転職先の探し方。希望条件の求人を確実に見つける8つの手順

  • 総務の仕事とやりがいは?

    総務の仕事内容は?意外と知らない総務・庶務の仕事

  • 保険の損得は?

    生命保険はいらない!ってホント?医療保障をどう考える?

  • 異業種への転職は?

    異業種へ転職できる可能性は意外と高い!成功のポイント5つ