1. TOP
  2. 退職金の相場、平均額は?自分の退職金カンタン計算方法

退職金の相場、平均額は?自分の退職金カンタン計算方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
退職金の平均って?あなたが貰える金額は?

退職金の相場はどのくらいなのでしょうか?

定年退職にしろ、転職にしろ、辞める日が近づいてきたら退職金のことが気になりますよね。

「そもそも、もらえるのか?」あるいは「どれだけの金額なのか?」と思いめぐらせるとキリがありません。

ここでは退職金の平均額、サラリーマンやOL、公務員のあなたがいくら退職金を貰えるのか簡単に計算する方法を紹介します。

スポンサードリンク

退職金って全員もらえるの?

退職金の支給は法律で定められているわけではありません。

会社に入ってしまえば必ず退職時に貰えるとは限らず、個々の会社の就業規則によります

仮に支給について明記されていないと退職金はありませんし、一方で明記されているのに支給されない場合は、申し立てを行うことで受け取ることはできるようです。

ちなみに、「平成25年就労条件双方調査結果の概況」によると、退職金給付制度がある企業は全体の75.5%。

つまり、4社に1社は退職金が制度として用意されていないということになります。

退職金制度のある会社の割合は平成5年(1993年)の92%をピークに低下の一途を辿っていて、平成年(2003年)には86.7%、平成20年(2008年)だと85.3%、そして、いまは8割をきっってしまったということです。

一方、企業規模別だと退職金制度を導入している割合は、次の通りになります。

・30~99人:72%

・100~299人:82.2%

・300人~999人:89.4%

・1000人以上:93.3%

数字を見てハッキリとわかったと思いますが、「大企業ほど退職金をもらえて、中小企業はもらえないケースが多い」ことを意味しています。

世間には30人以下の零細企業もごまんとありますから、実際は、退職金を貰えない・貰わなかった会社員はたくさんいると推測できます。

また、退職金をもらえるのは正社員だけ。派遣社員や契約社員、アルバイトだと普通はもらえません

スポンサードリンク

退職金のもらい方は2種類ある!

なお、退職金の給付方法には2種類あり、ひとつが、退職時に一括して一時金を支給する退職一時金制度」。

もうひとつは、労働者の退職後、一定期間または生涯にわたり一定の金額を年金として支給する退職年金制度」です。

企業によっては両者を併用したり、片方のみを実施するなどケースは異なります。

日本経団連による「2014年9月度退職金・年金に関する実態調査」によると、併用が66.3%と過半数以上を占め、退職一時金のみは12.9%、退職年金制度のみは15.7%という割合になっています。

退職金の額はどう計算して割り出せばいい?

そして気になる「自分はいくら貰えるのか?」という点。じつは、計算方法は大きく3通りあります。

1)給料と勤続年数から算出

2)勤続年数により一定の金額が支給

3)両者を組み合わせて算出する

実態はというと、多くの企業では基本給と勤続年数から退職金の金額は計算されているようです。よって、計算式は次のようになります。

1ヶ月分の基本給×勤続年数×給付率=退職金

 
基本給」とは、通勤手当や残業代などは含まない金額です。

 

次のページで、退職金の計算例など、さらに詳しく紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす