1. TOP
  2. 体力系公務員への転職・試験前に知っておきたい23のこと

体力系公務員への転職・試験前に知っておきたい23のこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
体力系公務員に転職するには

民間から公務員への転職を希望する人の中でも根強い人気のあるのが、現場で体を張って働く「体力系公務員」です。

警察、消防、自衛隊、海上保安庁など、体力が必要でかつ危険な任務もある仕事です。

厳しい仕事ではありますが、待遇面などでは民間企業よりも恵まれていることがたくさんあります。

なんといっても社会、人の役に立つ仕事として憧れている人も多いです。

ですが、社会人になってから転職しようとすると、学生と違い試験対策や体力作りの時間作りは大変厳しいです。

チャレンジすべきか、もしくはチャレンジしないか、しっかり検討するための材料を、実際に民間から体力系公務員へ転職して働いた経験からお話ししていきます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

体力系公務員(警察官、消防士、自衛官、海上保安官)とは?

いわゆる体力系公務員とは、警察官、消防士、自衛官、海上保安官のこと。

事故現場や事件、災害現場、国防の現場などで身体を張って国民の生命、財産などを守る仕事です。

一般の公務員は市役所などに勤めてのデスクワークが中心ですが、体力系公務員では、身体能力を活用しての業務が多くなります。

スポンサードリンク

体力系公務員への転職前に検討すべきこと

どんな仕事でも体力は大事です。

しかし、「体力系公務員」とわざわざ言うからには、一般人以上の体力を必要とする公務員であることはすぐにわかるでしょう。

では、この体力とは何を指しているのでしょうか?

筋力、持久力、格闘能力などの運動能力などはもちろんですが、精神的な体力、タフさも求められています。

なぜ体力を必要とされるのかといえば、それは、ここにあげた仕事全てが「人命に直結する」仕事であるからです。

人を助ける仕事では、救助される側も、救助する側も「生きて帰ってくる」これが大前提となります。

その為には自らの肉体的体力も勿論ですが、精神的体力も必要となります。

体力系公務員の受験対策

体力系公務員には体力試験がありますので、机で一生懸命一次試験対策をしても体力があまりにないとなると合格することができません。

体力系公務員を目指すからには今からでも体力作りが必要です。

しかし、そうすると一次試験の勉強時間が無くなり…と悪循環の負のスパイラルに突入してしまいます。

運動中でも耳で勉強する、通勤時間を有効活用して勉強するなどの工夫が大切です。

スポンサードリンク

体力系公務員も頭脳を使う

体力系公務員も脳みそまでが筋肉ではお仕事ができません…。

なぜなら法的根拠に基づかなければ職務執行ができないからです。

体力系公務員では、合格し採用されると全寮制の学校に入ります。

授業では法律から実技まで、実技も手順からペーパーテストまであり、さらには毎月の漢字試験まであります。

漢字も止め、はね、払いまで全てチェックされます。

公務員は書類を残すことが多く、正式に残るものや証拠として採用される文章でもあるからです。

そして昇進試験も全てペーパー試験がついて回ります。

決して体力だけではこうした仕事に就くことはできないのです。

 

・・・次のページでは、体力系公務員の受験対策を紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす