1. TOP
  2. おすすめ転職先!安定的な業種7+安定企業の特徴7

おすすめ転職先!安定的な業種7+安定企業の特徴7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
安定的な、おすすめ転職先

おすすめの転職先って、果たしてあるのでしょうか?

これまで特に、

「ブラック企業で大変な思いをしてる…」

「会社の業績不振で、リストラされてしまった…」

「業績悪化で給与が遅配になった!勘弁してくれ!」

・・・このように、自分が勤務する会社が不安定であれば、次は安定感のある会社に転職したい、と考えますよね。

リストラの心配をしたり、ブラック企業に使い潰される心配をしたりせずに、安定している会社で不安なく仕事をしたい…。

せっかく転職するなら、不安なく退職まで働き続けることができるような会社に転職したいものですね。

安定して働ける業種にはどのような業種があるのか、また、安定企業はどのような特徴があるのでしょうか。

安定感のあるおすすめ転職先について見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

おすすめ転職先:業種・職種は?

1.公務員

安定的な職種の代表と言えば、「公務員」です。

原則的に終身雇用となっているので、定年退職まで勤めることが可能です。

見方によってはこれ以上に安定している就職先はないので、子供がなりたい職業のランキングでさえ公務員が上がってくるのもいたしかたないところかもしれません。

しかし、公務員の中途採用なんてあるの?という疑問を持っている人もいるかもしれませんね。

民間企業と違い、公務員は中途採用で募集しているイメージがありませんが、実際のところはどうなのでしょうか?

人事院が発表した「平成26年度 年次報告書」によると、平成26年度の国家公務員の新人採用総数は7921名、中途採用者は常勤90名、任期付478名でした。

中途採用者は、常勤と任期付を合わせると568名となり、公務員も中途採用を行っていることが分かります。

公務員の中途採用は、特に若手の層では新卒と既卒者の区別をしないので、第二新卒をふくめて20代であれば、意外と門戸が開いています。これは地方公務員も同様です。

なお、公務員は、40代や50代が多く、30代が少なめな傾向が見られることから、係長級や課長補佐級の募集として、30代前後の募集が行われる場合もあります。

公務員は、まじめで従順な人や我慢強い人が求められます。

特に、30代以上の人が公務員に転職する場合は、専門的な能力が必須となることをあらかじめ理解しておきましょう。

公務員へ転職するには、
公務員に転職するには?何歳まで?試験は?自分は向いてる?

2.製造業

製造業も比較的安定的な職業と言えます。

しかし、本当に安定的な製造業を選ぶにはポイントがあります。

それは、「ニッチな製品を作っている」ことや、「ロングセラー商品を作っている」企業を選ぶことです。

ニッチな製品は知名度が低い商品が多いものの、ニッチなゆえ少数の会社でしか作られませんから、供給が限られるのです。

参考URL:経済産業省「グローバルニッチトップ企業100選

また、ロングセラー商品としては、食品や日用品、化粧品などで、実に100年以上にわたって親しまれている商品もあります。

そのような製品を作っている企業をねらうと、あなたの将来も安定的と言えるでしょう。

3.IT業界

IT業界も、全体としては安定感が見込める業界です。

IT業界内では技術の変化が激しく、流行り廃りがある一面もありますが、IT業界全体では人手不足の状況となっています。

コーディング中

経済産業省が2016年6月に発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、調査時点におけるIT業界の不足数は約17万人との推計を発表しました。

参考URL:経済産業省 
http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

今後、IT分野ではAI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータなど、さまざまなニーズが高まることから、人材不足が予想されています。

今後、少子高齢化がさらに進むこともあり、2020年にはIT業界において約37万人が不足すると予測されています。

また、プログラム言語は種類が多く、現在では新しい言語が多く使われているように感じられますが、古い言語も意外と需要があります。

そのため、長くIT業界で働いてきた人も、転職のチャンスは十分にあります。

IT業界の転職はエンジニア経験者がメインとなりますが、プログラム未経験者もチャンスがあります。

プログラミング言語の習得など、覚えなければならないことは多数ありますが、自発的に学ぶことでカバーしていきましょう。

4.インフラ工事関係

電気・ガス・水道など、インフラ工事関係も常に需要が見込めて安定的な業種と言えます。

ボイラー

2020年には東京オリンピックが開催されますが、それに伴って、オリンピック関連施設の建設のほか、外国人観光客の増加を見込んだホテルの建設などが予定されています。

建設需要が高まれば、必然的にインフラ工事の需要も増えます。

東北大震災をはじめとする大規模災害の復旧工事、オリンピックの特需が終わっても、日本のインフラは老朽化の傾向にあります。

既存のインフラ設備の改修需要が増えてくることを考えると、インフラ工事はますます必須の職業であると言えるでしょう。

専門的な知識や技能が必要となるため、未経験から転職する場合、20代など若い世代が有利です。

というよりも、若い人はこうした3k職場に転職したがらない、続かないというのが現状です。あなたが若ければそれだけで重宝されるでしょう。

30代以上の未経験者でも十分可能ですが、業務を行うにあたっては、積極的であること、体力に自信があることなど、年齢を気力と体力でカバーする気持ちが大切だと言えるでしょう。

5.介護職

現在はすでに高齢化社会ですが、今後も高齢化が進むことを考えると、介護職は非常に安定的な職業と言えます。

30代から40代で介護職に転職するケースも多く見られることから、十分に転職のチャンスがあると言えます。

介護

また、介護職が初めての方や経験の浅い方が比較的すぐに取得できる資格として、「介護職員初任者研修」があります。

研修を受けることで、介護に関する実務的なことが学べるので、より実践的に仕事に取り組むことができます。

介護職は、全体的に体力勝負の職場であること、また、夜勤も行わなければならないため、体力的、精神的に厳しい職場であると言えます。

引く手あまたの仕事ではありますが、給与水準が低く、実際には介護職から離れていく人も多いのが現状です。

転職にあたっては、この仕事でずっとやっていくんだという覚悟や気力が求められると言えるでしょう。

6.看護師

看護師は、景気の波に左右されないことから、安定感のある職業と言えるでしょう。

こちらも高齢化が進むことでますます需要が増える職業のひとつです。

看護師は病気で入院している人を看護するため、責任が求められること、また、夜勤も多く全体的にハードな仕事ですが、他の職業と比べると給料が高めであることが特徴です。

さらに、看護師は人手不足の状況が続いていることから、看護師資格を持っていれば他の病院に転職しやすいこともメリットです。

ただし、看護師は国家資格です。資格を持っていなければこの仕事をすることはできません。

社会人になってから、看護師を目指すには、働きながら看護師を目指す方法もあるものの、看護学校に入学して、看護師を目指す方法が一般的です。

本気で看護師を目指すなら、いったん退職してチャレンジしてみましょう。

7.警備員

警備員も安定的な需要がある職種です。

警備員

ビルなどの警備や、工事現場や駐車場での警備など、多くの現場で警備員を必要としています。

多くの職種では採用に年齢制限がある中で、警備員は年齢による制限がほかの業種と比べると少ないことが特徴です。そのため、中高年になっても転職しやすいこともメリットと言えるでしょう。

ただし、ビルの警備員は24時間連続の勤務する場合があること、工事現場での警備は、暑さや寒さ、天候を問わずに警備を行わなければならないため、場合によっては過酷な状況となる場合があります。

スポンサードリンク

安定企業にはどんな種類がある?

1.大手企業

「安定企業」で真っ先に思いつくのは「大手企業」でしょう。

大手企業は、中小企業と比べて安定した経営を行っている企業が多いです。

優良企業

業績が悪化しても、銀行、旧財閥グループの企業、場合によっては国からも支援されて、潰れてしまわないように守ってくれます。

そして、労働者を守るための法律は順守され、給料は確実に支払われるのがメリットです。

福利厚生の面も安定しており、大手企業に入社することで、幅広い面で安定感が得られます。

また、ネームバリュー、長年にわたって経営を続けてきたことによる信頼性なども特徴だと言えるでしょう。

家族や親戚、友人などに堂々と話して、「ああ、あの一流企業の…」と納得されやすいです。

家族が「入社して欲しい」と考えるのが大手企業です。

2.ロングセラー商品を作る企業

ロングセラー商品を作る企業も安定的な企業と言えます。

ロングセラー商品の一例としては、「三ツ矢サイダー」「ブルドックソース」「ニベアクリーム」などがあります。

あなたも小さい頃から慣れ親しんできた商品で、大人になった今でもずっと使い続けている商品は、一つや二つはあるのではないでしょうか。

ロングセラー商品は、長年にわたって売れ続けてきた上に、今後も親しまれ続ける商品であることでしょう。

ロングセラー商品を作っている企業を目指すのも一つの方法と言えます。

3.50年以上、または100年以上続く企業

長期間にわたって続く企業も、安定的な企業と言えます。

江戸時代以前、または明治時代から現代まで存続させてきた企業は、戦後の高度経済成長期や、価値観が多様化する現在など、時代の変化を乗り越えて現代に至っている企業であると言えます。

長年続いている企業は大手企業が多いですが、中には、中規模、あるいは小規模を維持したまま現代へと続いている企業があります。

日本には、100年以上の歴史がある企業も多数存在しています。

老舗企業が世界一多いとも言われています。

100年以上の歴史がある企業については、Wikipediaの「日本の老舗一覧」が詳しいです。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%80%81%E8%88%97%E4%B8%80%E8%A6%A7

4.ホワイト企業

ホワイト企業を一言で言えば、「社員を大切にする企業」です。

ホワイト企業の基準としてあげられるのが、年収が高いことや福利厚生が充実していることですが、その基準としてあげられるのが離職率の低さです。

新卒3年後定着率が90%を超えるとホワイト企業と呼ばれているようです。中には、新卒3年後定着率が100%の企業も存在しています。

ホワイト企業は、一般的には大手企業であることが多いですが、個性的な経営を行っている中小企業のホワイト企業も多数存在しています。

参考:東洋経済ONLINE「新卒3年後定着率ランキング」(2014年版)
http://toyokeizai.net/articles/-/33957?page=2

5.都心部の企業と競合しない地方の企業

特に首都圏でずっと生活してきた人は、就職先として都心部の企業しか思いつかないかもしれませんが、安定的な企業は地方にもあります。

田舎暮らし

おなじみの企業の本社所在地を調べてみると、インテリアの「ニトリ」は北海道、二輪車・自動車メーカーの「スズキ」は静岡県、製紙業の「大王製紙」は愛媛県です。

それ以外にも、地方に本社を置く企業は数多くあります。

また、大手に限らず、中堅企業であっても安定的な企業は数多くあります。

地方へ行くと有力なライバル企業がなく、その地域でほぼ独占的に営業しているような会社もあります。

地方在住だからとあきらめず、安定的な企業を探してみましょう。

6.営業利益率が安定して高い企業

財務の面から見てみると、安定している企業の特徴は、営業利益率が安定して高いことです。

営業利益率とは、売上高に対する営業利益(本業での儲け)の割合のことです。

営業利益率を見ると、本業で儲かる体質ができているかどうか、また、企業の管理効率について見ることができます。

営業利益率は、一般的には1~3%程度が目安となっており、5%を超えると優良であると見なされます。

財務の数字を発表している企業は、営業利益率も参考にしてみると良いでしょう。

7.財務の面で安定している企業

また、総合的に財務面で安定していることも、安定企業かどうかの目安と言えます。

財務の安定性を見る数値としては、まず「自己資本比率」があります。

自己資本比率とは、株主からの出資と内部留保額を合算した「自己資本」が「総資本」に占める割合のことです。

自己資本は返済する必要がありませんから、自己資本比率が高くなるほど、経営が安定します。

また、自己資本比率が低い場合、銀行などからの借り入れが必要となりますが、銀行から借り入れるためには、銀行融資を受ける能力である「資金調達力」が必要となります。

企業の安定性を、財務面からチェックしておくと、数字の上からの安定性を見極めることができます。

転職先に求める「安定」とは?

企業の安定性に関するデータ

ここで企業の安定性に関するデータについて見ていくことにしましょう。

少し古いですが、経済産業省は、「2005年度における中小企業の動向」に関するレポートを掲載しています。

参考URL:http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i1220000.html

このデータによると、全事業所ベースでは、開業1年で約3割の企業が廃業しています。

つまり、創業して間もない企業は、廃業のリスクが高いことがうかがえます。

2年、3年と、年数を経過していくごとに企業の存続率は向上していき、5年以上経過した企業は、約9割が存続しています。

このことから、長年存続した企業ほど、廃業しにくくなると言えるでしょう。

もちろん、創業したばかりのベンチャー企業がゆくゆくは大企業へと成長したり、長年存続してきた企業が時代の流れに逆らえず廃業したりするケースも見られます。

安定企業を見極めるには、創業年数を参考にしつつ、安定企業ならではの特徴も参考にしてみると良いでしょう。

自分自身が安定して働くことができる

ここまで、「安定した企業」で働くことをメインに見てきましたが、安定した企業に入社したとしても、思うように業務がこなせなかったり、人間関係で悩んでしまったりして、苦労してしまうケースもあります。

勤め先の経営は安定していても、自分がそこに安定的に勤め続けられるかどうかはまた別問題です。

逆に、いわゆるブラック企業に勤めていても、人間関係にさほど問題がなく、そのうえ仕事を順調にこなすなどして、苦にすることなく働いている人もいます。

大切なことは、自分自身が安定して働けるかどうか、ということです。

安定して働くためには、「報・連・相」などの基本的なコミュニケーション、または自発性や積極性など、社会人として基本的な能力を持っていることが大切です。

また、一件でも多くノルマを獲得する、一円でも多く稼ぐ、など、貪欲な姿勢も大切でしょう。

安定した企業に入社して、安定企業に依存するのではなく、自分自身が安定的に業務を行い、企業をさらに安定化させていく、という考え方が大切です。

自分自身が、会社にとって必要とされる存在になること

自分自身が常に安定的に一定の水準の業務を行うことで、あなた自身が会社にとって必要とされる存在となっていくことでしょう。

会社に必要とされる存在になることも、安定的に仕事をする上で大切です。

日々の業務をこなし、結果を出すことによって、職級が上がったり、重要なチームのプロジェクトに抜てきされたりすることがあります。

出世することで給料のアップが期待できるほか、重要なプロジェクトを任されることで、充実して業務に取り組むことができます。

充実して業務に取り組めることも、「安定的」と言えるのではないでしょうか。

充実感を持って業務に取り組むためには、日々の業務をこなし、結果を積み重ねていくことが大切です。

まずは、目の前にある仕事を一生懸命こなしましょう。ゆくゆくは、会社にとって、必要とされる存在になるはずです。

同業他社が「欲しい!」と思えるレベルの仕事ができること

会社にとって必要とされる存在となると、社内で抜てきされるにとどまらず、まれに、ヘッドハンターと呼ばれる人から連絡が届く場合があります。

ヘッドハンティングに応じる・応じないは、個人の自由となりますが、同業他社が「欲しい!」と思えるほどの仕事ができるようになると、「仕事を選ぶ」立場ではなく、「仕事を自由に選べる」立場となります。

このことこそが、本当の意味での「安定」と言えるのではないでしょうか。

もうリストラに怯える必要はありません。

「安定」を得るためには、日々、自分のスキルを磨き続けることが重要であると言えるでしょう。

スポンサードリンク

自分自身が安定した人材に成長することを目指すのが大切

安定感のある企業とは、一言で言えば、「社会から必要とされている企業」であると言えます。

安定感のある企業で、自分自身のスキルを活かし切ることができれば、ベストと言えるのではないでしょうか。

また、安定した企業に転職することも大切ですが、本当の安定感とは、あなた自身が必要とされている人材となることです。

社内はもちろん、他社もあなたが欲しいと感じられるようになれば、もはや十分に安定的であると言えるでしょう。

安定を勝ち取るためには、転職時の企業選びも大切ですが、それ以上に日々の努力こそが欠かせない、と言えるのではないでしょうか。

なんの仕事をしたらいいのか迷っている人は、
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

警察官、消防士、自衛隊員、海上保安官など、体力系公務員になるには、
体力系公務員への転職・試験前に知っておきたい23のこと

転職した方がいい人は、こんな人、
転職した方がいい人に共通する、仕事を辞めていい状況11

あなたが安定的に落ち着いて自分のパフォーマンスを発揮できる仕事で働けますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす