1. TOP
  2. 総務の仕事内容は?意外と知らない総務・庶務の仕事

総務の仕事内容は?意外と知らない総務・庶務の仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総務の仕事とやりがいは?

総務の仕事内容は会社によって少しずつ違いますが、まず会社全体としての業務は、生産、販売、管理の3つに分けられます。この中の管理業務を全般的に担う部署が総務部門です。

多くの会社では、業務量や専門性を勘案して経営企画、経理、人事、ITなどを担う部署を会社規模の拡大に合わせ徐々に独立させていきます。そうして総務部門の業務範囲が少しずつ狭まる中で、最後まで残る仕事が庶務です。

庶務とはさまざまな事務のこと。総務の仕事といえば、事務職の代表例としてイメージする人も多いことでしょう。

この記事では、広い意味での総務のさまざまな仕事内容と、中核的な庶務業務、そして総務の仕事のやりがいについて紹介します。

スポンサードリンク

総務の仕事内容=事務?

事務職」といえばまずは総務部門での仕事を思い浮かべる人が多いかもしれません。

辞書では総務の意味として、「組織全体に関する事務を扱う職」(大辞林)、「組織全体に関する事務を扱うこと。また、その職にある人や、その部署」(デジタル大辞泉)と記載されています。

つまり総務の最も幅広い定義は、生産、販売以外の全ての業務を司ることです。裏方部門とみられることもありますが、会社を支える重要な部署であることに間違いはありません。

最近は、総務の代わりに「管理」と呼ぶ会社も多くなっています。いずれの場合も主な業務内容は以下の通りです。

1)企画系業務

  • 経営企画
  • 予算・投資計画、財務(資金運用・調達)、M&A
  • 業務企画(規程・マニュアル、ITインフラ整備)
  • 人事企画(採用、考課、研修等)
  • コンプライアンス
  • リスク管理(品質保証、情報セキュリティを含む)
  • 事務系業務

2)事務的業務

  • 経理、資金管理
  • 株式・新株予約権管理
  • 株主総会・取締役会の運営事務
  • 法務、登記、契約管理
  • 労務(入退社手続き、勤怠管理、給与計算、安全衛生管理等)
  • IT運用(ネットワーク・デバイス管理等)
  • 管財(施設・設備管理)

3)庶務的業務

  • 役員秘書
  • 庶務

………庶務については次の項目で詳しく説明します。

スポンサードリンク

庶務の意味とは?

総務部門から枝分かれする部署へ移管されることなく最後まで残る「庶務とは、簡単にいうと、「諸々の事務」のことです。

辞書にも、「いろいろな雑務。雑多な事務」(大辞林)、「種々雑多な事務」(デジタル大辞泉)と極めて簡潔に記されています。

こうした庶務部署には、「仕事の幅が広い」、「1つの仕事の業務量はあまり多くない」、「高度な専門性を必要としない」という特徴があります。

このため、総務部門では会社について幅広く理解しているベテラン社員を管理職に当て、スタッフは経験の浅い若手(主に一般職の女性)を多く配置する体制が一般的です。

また、大企業では企画、開発、製造、営業などを担う各部署に庶務担当者を配置し、総務部門との連絡調整や配属部署内での雑務を任せる場合が多いようです。

 

・・・次のページで、具体的に詳しく紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす