1. TOP
  2. 人付き合いが苦手な人も…年配・中年女性・若い世代に好かれる3カ条

人付き合いが苦手な人も…年配・中年女性・若い世代に好かれる3カ条

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
年配、女性、若いとの接し方

人付き合いがどうにも苦手で困ってる…。

そんなあなたの職場にも、年配の上得意様から受付の年下の女の子まで、性別や世代を超えて誰からも愛されている同僚が、一人はいませんか?

年配の人や若い女の子と話しても、話題なんか合わないはずなのに、あんなに楽しそうに盛り上がっているのは何故なのか・・・。あの同僚は、どんな手を使っているのだろうか?元々の人柄なのか?

人付き合いは、会話のネタや話すペースなどを相手に合わせることがとても大事です。ということは、性別や世代ごとに、接し方も当然違います。

では、具体的にどうすれば、誰からも好かれる人、人気者になれるのでしょうか?

複雑なことは、全くありません。性別や世代ごとに3つのルールを守ればよいのです。

年配・中年女性・若い世代、それぞれに好かれる3カ条をお教えします。

スポンサードリンク

人付き合いが苦手な人が、誰からも好かれる人になる3箇条

人との話し方が分からないという悩みを持っている人はいませんか?人と人との関係、距離の取り方というのは難しいものですよね。

人付き合いが嫌いという人も、仕事上の取引先や顧客とのお付き合いというのは、多少は発生してしまうものです。それでなくても人付き合いが苦手なのに、世代が違ったり性別に立場が違うと、もはや何を言っていいのか?というところから詰まってしまいます。そんな時、どんな話題で、どんな会話をすればいいのでしょうか…? ひとまずその場で変な空気になったりすることなく、和やかに商談や打合せが終わるようにはせめてしたいですよね。

それでは、年配世代、中年女性、自分より若い世代、それぞぞれ具体例を上げて、説明していきます。

スポンサードリンク

年配世代との接し方3カ条「過去の武勇伝を聞け」「ゆっくり会話しろ」「頼れ」

取引先や顧客など、重要な仕事相手の中には、年配の人がたくさんいるでしょう。もちろん、自分の上司などにも。一般に、年配になっていけばいくほど、地位も重くなり丁重に扱わなければいけないのですが、その分年齢が離れていくので、何を話したらよいかわからないし、会話のペースも全然違うので、話しにくいことこの上ないですよね。

年配世代との接し方

でも、年配の人と上手に話すための3カ条がありますから、大丈夫です。これさえ心得ていれば、たいていの年配の人に可愛がってもらえます。

では、一つ一つ見ていきましょう。

1.過去の武勇伝を聞く

年配の人はほとんどの人が、過去の武勇伝を語りたがります。「俺が若い頃はこうしたもんだ」と語りたくて語りたくて仕方がないのですから、思う存分語ってもらいましょう。簡単な事です。「○○さんは、△△の仕事をされてたんですよね~」などと、その人が話したそうな話題をふるだけでよいのです。そして、「へぇ~。すごいですね~」と相づちを打ちましょう。

ここでポイントは、本当にその話をすごいと思って聞く事です。「あんまり、たいしたことねぇなぁ~」などと思わないようにしましょう。態度に出てしまいます。本当にすごい武勇伝が出てくることもありますから、「すごいなぁ~」と素直に感心しましょう。

2.ゆっくり会話する

これは、案外大事な事です。若者同士の会話なら、言葉尻をとらえて「だよねぇ~」「ってかさぁ~」などと、ポンポン新しい話題に変わったり、素早い突っ込みを入れたりしますが、年配の人はそんなことできません。頭のなかで考えるのも年とともに遅くなり、さらに、言葉がすぐに出てこなくなったりするものです。

また、よくあるのが、「それさっき聞いた」という話を、繰り返すことです。年を取ると、前に話したことを忘れてしまって、同じ話を何度もしてしまうのです。

また、自分の話に精いっぱいになってしまって、人の話を聞けなくなる、ということも起こります。そのため、こちらが話をしても、全く聞いていないこともしばしばです。

これらを踏まえて、たとえ話が繰り返しになってもしっかりと話を聞き、自分の話はあまりせず、相手のペースに合わせて、ゆっくり会話をしてください。

3.頼る

年配の人は、若い人にふところの広いところを見せたいものです。ですから、お店でおごってくれるという時は、素直に甘えましょう。もちろん、次に会った時に、「先日は、ごちそうさまでした!」などと、お礼するのを忘れないでください。年配の人は、そう言ってもらいたいがために、おごっているようなものなのですから。

また、仕事で困った時などに、頼るのもよいでしょう。若い人には逆立ちしてもできないような、年配の人ならではの人脈や老練さで助けてくれるでしょう。こちらにとっても助かりますし、年配の人にとってみれば若い人を助けることができてうれしいでしょうから、Win-Winの良い関係を築く事ができます。

中年女性との接し方3カ条「ほめろ」「話を聞け」「甘えろ」

中年女性には、気分に波がある人も多いので、接し方が難しいものです。また、一度嫌われてしまうと、挽回するのが難しいのも、女性です。特に、いつも集団で過ごしている女性たちに嫌われると、致命的なものがあります。

女性との接し方

でも、この3カ条を守れば大丈夫です。

1.褒める

女性をほめるのは、王道中の王道です。それは、さすがに見え見えでは、というくらいほめてしまっても、大丈夫だったりします。女性と言うものは、常に人に認めてもらいたい、という「承認欲求」が高いので、そこを満たしてあげる必要があります。

何でもいいのです。何か仕事を頼んだら、「ありがとう~。いつも丁寧に仕事してもらって、助かります!」、「早いですね~。さすがです!」など、いちいちほめてもいいくらいですし、また、「○○さんは、子育てしながら、ちゃんと仕事してて、すごいなぁ~頭が下がります」などと、わざわざほめるのもポイント高いです。

また、セクハラにならない程度に、外見についてほめても良いでしょう。「髪型変えた?素敵ですね~」、「あ、その服似合ってますね」など、女性はいくつになっても外見をほめてもらうのはうれしいものです。ただし、あなたが職場では硬派で通っているならば、そういう言いぶりはもともと慣れていないでしょうし、相手も「急にどうしたの!?」となってしまいますから、やめておいた方が無難かもしれませんね。

2.話を聞く

女性が仕事などで相談してきたとき、あなたはどう答えていますか?「それは、こうすればいいんじゃないかな?」とあなたなりの解決策をアドバイスしていますか?

はっきり言って、それは一番ダメな返しです。女性が相談する時は、解決策など求めてはいません。十中八九、話を聞いてほしいだけです。そして、同意を得たいのです。

例えば、「○○さんが言う事は、正解なのかもしれないけど、きつくて・・・」などと、○○さんの愚痴を、女性が話しだしたとします。「○○さんもきついかもしれないけど、君の為を思って言ってるんだよ」などと返してはいけません。「そうかぁ・・・大変だね。○○さん、きついんだね」と、ただただ、オウム返しするのが、正解なのです。

ただし、同じチームで働く後輩など教育すべき人の場合は、きちんと指摘してあげるべきです。この対応をしていいのは、あなたがその女性に対して全く責任が無い場合だけです。

いいですか?女性に解決策などを言っても無意味です。ただ、肯定してください。それだけで十分です。

3.甘える

女性には、母性本能というものがあって、甘えられるとうれしいものです。もちろん、相手が若い男性の場合の方がよりうれしいでしょうが、そこは、あなたとその女性がどういう信頼関係を築いているかにもよります。好感を抱いている相手に頼られると、悪い気はしません。そして、年上の女性ほど、それは強い傾向にあります。

頼った後は、「いつも助かります!」「やっぱり、こういうことは、○○さんにしかお願いできないんですよね!」と、ちょっとヨイショしておくことも大事です。そうすれば、お互い気持良く仕事ができるはずですよ。

スポンサードリンク

若い世代との接し方3カ条「説教するな」「新しい話題に敏感になれ」「頼られろ」

「最近の若者とはいまいち話が合わん」、と関わることを敬遠してしまう人も多いでしょう。いわゆるジェネレーションギャップというヤツです。自分もそんなに歳をとってるわけではないのですが、それでも自分より若い世代とは、話題が合わないことが次第に多くなっていくものです。

若い世代との接し方

しかし、会話のキャッチボールがうまく出来ないからといって、頭から「最近の若者は」と否定してしまうと、良い関係になることなどできません。自分も昔は若者だったはずです。いまでも気持ちだけは若者の筈?それを思い出して、柔軟な頭で対応してみましょう。

1.説教はしない

若い人は、説教されるのが嫌いです。自分も若いころはそうだったはずですよね。

年配の人には説教されてばかりなので、あなたが説教じみた事を言わず、若い人たちを肯定してあげると、彼らは「お、この人は何か違うな」と思うはずです。

「おまえはそうやって仕事するんだな。なるほど、そういうやり方もあるな。」と、まずは、肯定してあげましょう。その上で、「それもいいが、こうやってみてはどうだ?」と、すすめてみて、相手が納得しないようなら強制はせず、あくまで相手に選択権を与えてみてください。

頭から「そういうやり方だから、だめなんだ。こうやれ」と言うのとは、同じ事を言っているのに、相手の感じ方がまるで違うはずです。

2.新しい話題に敏感になる

若い人たちの会話に入りたいなら、ある程度は最新の話題に敏感になっておきましょう。もちろん、どっぷりとつかる必要はありません。ネットのニュースで何となく読んでおく程度でOKです。そして、「○○っていう新しいツールがあるそうだが、どんなんだ?」などと、具体的に聞いてみると、会話が広がるはずです。そもそも「ツールって何だ?」な、何も知らん状態で「説明して」と来られても、若い人からすれば、正直めんどくさいだけです。ある程度知識の下地がある状態で、かつ、ちょっとは興味がないと、教える気にもなれませんよね。

若者に媚びる必要は全くありませんが、新しい知識は仕事上でも役に立つかもしれませんから、積極的に新しい話題を取り入れる努力が必要です。

3.頼られるようになる

なんだかんだいって、若い人たちには頼れる気前の良い先輩が必要です。時には、おごったりすることもあるでしょう。でもそれは、あなたが可愛い後輩だと思い、相手もあなたのことを慕っていれば、頼られるのは当たり前のことかもしれません。

頼れる先輩になってください。そして、あなたがまだ若いころに、先輩にしてもらってうれしかったことを、後輩にもしてあげてください。そうすればきっと、後輩たちもあなたを慕ってついてくるはずです。

これは年配の人の3番の裏返しです。ぜひこのような人間関係を目指してください。

人間付き合いが苦手という人も、法則を守れば大丈夫!

いかがでしょうか。これで、世代や性別の違う人とのコミュニケーションがうまくいきそうな気がしてきましたか?

元々、人と接することが大好きで、誰とでもすぐに打ち解けて仲良くなるような人間、には残念ながら自分は程遠いよ……自分のことをそんな風に思っているのでしたら、自分を変えようとするよりも、人付き合いが上手な人が使っている「手段」だけを抽出して、活用してみましょう。最初はうまくいかないことがあるかもしれませんが、徐々に慣れてきて、会話も自然になってくる筈です。

そしていつしかあなたも、人付き合いが得意な人、と周囲から思われるようになってくることでしょう。

急がず、機会をみて取り組んでいきましょう。

会話や人付き合いが苦手、コミュニケーション障害をなんとかしたいという人は、
コミュ障克服!日常生活でのコミュニケーション能力トレーニング10

あなたの人間関係が、もっと良くなりますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす