1. TOP
  2. 老後資金の必要額は3000万円が現実的!老後の資金いくら必要?

老後資金の必要額は3000万円が現実的!老後の資金いくら必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
老後にいくら必要?

老後の資金はいくら必要なのでしょうか?

アラフォー世代ともなってくると定年退職後=老後のことが気になってきます。

老後資金の必要額まで貯金しようとしても、住宅ローンや子どもの教育費に学費などでお金は出て行くばかりで、ちっとも貯められない。

年金制度も頼りないし、いったいどうなるのやら……と、不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

そんな不安を解消するため、老後に必要な貯蓄額、頼りない年金制度の見通し、老後の生活にいくら必要なのかを調べてみました。

スポンサードリンク

老後資金の必要額はいくらなのか?

週刊誌やマネー雑誌などを見ていると「老後にはこれだけ必要!」といった記事をよく見かけます。

ただ、その額はさまざまで、3000万円だったり5000万円だったり、1億円だったりということもあります。

そんなに貯められないよ!」と悲鳴を上げている人も多いかと思いますが、実際のところ、いったいいくら必要なのでしょうか?

スポンサードリンク

老後資金1億円の場合…ざっくり計算してみた

たとえば1億円という額の場合、どんな計算がされているのでしょうか?

仮に65歳から90歳まで、老後の期間を25年としますと、1年間に使うお金は400万円。1ヶ月で約33万円になります。

・・・これが多いか少ないか。人によって、考え方や感覚によって、現在の生活費の水準、持ち家ローンの有る無しによって、全然違うでしょう。

しかし、老夫婦2人の生活で、生きていくために33万円が必要でしょうか?

ここにはさらに支給される年金もプラスされるので、1ヶ月50万円以上使う計算になります。

もちろん頻繁に旅行にでも行けば必要なのでしょうが……。この1億円というのは、かなり余裕ある老後を送るために必要な額のようです。

老後資金の現実的な額は?

例えば1か月に必要な額を30万円。期間を平均年齢に近い85歳までの20年間として再計算しますと、7200万円になります。

ここから年金の支給額(18万円×12ヶ月×20=4320万円)を引けば、2880万円になります。

老夫婦2人、1か月に30万円の生活費を確保するためには、65歳の時点で3000万円あれば、十分なのです。

スポンサードリンク

老後資金の最低必要額は?

とはいえ、65歳までに3000万円というと、けっこうな額のように思えます。

もう1棟、家が建ちそうな金額ですよね…。

ただし、ここには退職金企業年金投資や保険など運用している資金は含まれていません。

これらのアテがある人は、それ以外に必要な貯蓄の額を減らすことができます。

子育てが終わって扶養家族が減れば、必要な生活費も減り、急速に貯金を増やすことも可能です。

老後に必要なお金は?

また、定年退職後もパートなどで多少の収入を得ることも十分に可能です。

もしそのようなお金が別枠で期待できるなら、実際は2000万円もあればよいという計算も可能です。

 

・・・次のページで、さらに詳しく老後資金問題の対処法を紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす