1. TOP
  2. 女性の転職40代ではじめて正社員をめざして奮闘した結果…

女性の転職40代ではじめて正社員をめざして奮闘した結果…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40歳からの女性の転職は?

女性の転職、それも40代ともなると、はたして成功するのか不安に思う人は多いと思います。

現在のアラフォーが新卒だったころ、世の中は就職氷河期。

筆者である私もそのあおりを受けて新卒以来、非正規雇用で働くことを余儀なくされています。

自称「就職活動の敗北者」。やむを得ず幾度もの契約終了と再就職を重ねながら今日に至っているわけです。

しかし、40代になってから経験した転職で、やっとやりたい仕事への第一歩を踏み出したような気がしました。

転職活動を通じて感じた40代女性の転職事情を切り取りたいと思います。

スポンサードリンク

【40代女性の転職は厳しいものなのか】

確かに40代の転職は20代のそれと比べて厳しい面があることは否めません。とくに未経験の分野へ飛び込もうとするときはそれなりの覚悟が必要です。

また、私のように非正規雇用でしか働いたことがない人にとってだけではなく、正社員として働いていた人にとっても次に働けるところが正社員とは限らなくなってきています。

しかし裏を返せば様々な働き方が許容されていると分かったのが転職活動を終えてからでした。

スポンサードリンク

【「前職を生かして」では書類が通らない!】

私の前職は人事部内の教育部門でのアシスタント(派遣社員)でした。その前は事務職、一番長く続けたのはテレマーケティングの仕事です。管理職の経験はありません。

希望は正社員での人事職。不本意な契約終了でしたので、当然のごとく同じような仕事を続けたい、ステップアップしたいと思っていました。

しかし、昨今の派遣法改正や自ら経験した不本意な短期契約が続いた現状を打破したく思い、直接雇用に絞って転職活動を進めました。

登録した転職サイトは4つ。
人事はアシスタントとはいえ直近の仕事でしたし、1年3か月ではありましたが職務経歴書にも盛り込めるだけのキャリアがありました。

ですから当然のごとく書類が通ると思っていました

しかし、全戦全敗。

転職サイトを開いても求められるのは管理職や3年以上の現場経験。あまりにも40代の私に人事の仕事は経験不足だったのです。

前職は自分にとっての鎧とはなりますが、絶対的な武器にはならないと痛切に感じたのです。

【発想を変えれば、前職も生かせる】

一通り、転職サイトでめぼしい企業に応募しきって不採用になった後、私がとある広告を目にしてふと考えたのです。

「社員教育に携わる仕事は人事だけではない。今までの経験で十分生かす場がある。」

それはとあるコールセンターの教育・管理職の募集でした。「人事 教育」というキーワードにこだわっていた私が「人事」という言葉を省いて調べて出てきた求人でした。

まさに発想の転換でした。そこで嫌々ながらも10数年続けてきたテレマーケティング業界で社員教育をするポジションに切り替えたところ、面白いように書類が通り面接にこぎつけたのです。

スポンサードリンク

【面接の壁の突破方法】

ようやく面接にこぎつけた私。しかしなかなか次の面接に進むことができません。

この年代ともなると新卒でありがちな志望動機は後回し。職務経歴書を基にした質問が飛び交います。

前職で何をやってきたか、何ができるのかということが重視されてくるのです。

しかし、うまく話すことができない。
自分に正直であるとどうしても相手の様子をうかがってしまう。

相手の様子をうかがうから自分らしく話せないという悪循環にはまっていたのです。

そんな時に既婚者である私にアドバイスをくれたのは夫(40代)でした。同時期に転職エージェントを経由した面接を何度も受けており、模擬面接も受けていましたから、ノウハウは蓄積していたのです。

「本命までの練習と思って気楽に」「一喜一憂しないこと」

これを心得るだけでリラックスして面接に臨むことができたのです。

 

・・・しかし、それでスムーズに進んでいったかというと…。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす