1. TOP
  2. 転職するなら何歳まで?○歳転職限界説~年齢は関係あるのか?

転職するなら何歳まで?○歳転職限界説~年齢は関係あるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
転職するなら何歳まで?

転職するなら35歳まで」と聞いたことがある人は多いと思います。

年齢が上がるにしたがって転職は難しくなる…。

なんとなくわかるような気がするのですが、なぜそうなっているのでしょうか?

せっかく職を変わるのであれば、やりがいがあり、今までの経験も生かせて、給料もアップ、という勝ち組に入りたいところです。

しかし、転職には年齢によるリミットがあるのでしょうか?

あるとしたら、よく言われている35歳というのは、なぜ35歳なのでしょうか?

35歳を過ぎても、転職で成功することはできるのでしょうか?

できるとすれば、何が必要なのでしょうか?

転職に成功しやすいのはいったい何歳までなのか? 転職の年齢限界説を検証します。

スポンサードリンク

転職する理由と年齢

転職する理由としてよく挙げられるのは、「他にやりたい仕事がある」「専門知識を身に付けたい」「待遇が不満」「休日が少ない」「会社の将来が不安」などです。

しかし、こうした悩みは年齢に関係なく誰でもが持ちうるものです。

また「リストラされた」「会社が倒産した」など、本人の意思とは無関係のところで、転職を余儀なくされるケースもあります。

悩みがあっても年齢が高いと、転職を諦めなければならないのでしょうか?

そんなことはない筈ですよね。

たしかに、会社によっては中途採用について35歳まで、あるいは40歳までと足切りを設けているところもあります。

しかし終身雇用が崩れ、会社を移る人は昔と違って格段に増えています。

また、20代の労働人口が減少傾向にあるため、スキルや経験のある30代、40代を、中途採用のターゲットとして見ている企業は増えています。

とはいえ年齢が高い人は、まだまだ転職のハードルが高いことは間違いありません。

それはどうしてでしょうか?

一般的に次のような理由が考えられます。

  • 新しいことを覚えるのが、若い人より遅い
  • 伸びしろが少ない
  • 経験やこれまでの自分のやり方などに固執してしまう傾向がある
  • 給与が高い
  • 上司より年上になってしまう

もちろん、経験があるということが有利に働いて、管理職として迎え入れられることもあります。

しかし、年齢が高くなるほど実力が問われ、競争が激しくなることは間違いありません。

スポンサードリンク

転職成功者の平均年齢

大手転職エージェントが行った2016年のアンケートによると、転職成功者の平均年齢は男性32.9歳、女性29.7歳で全体では32.3歳だったそうです。

割合を見ると、25~29歳が37.2パーセント、30~34歳が25.7パーセントと35〜39歳が14.6パーセントとやはり若手が健闘しています。

一方、40歳以上も15.1%と35〜39歳よりも高い転職成功率を記録しています。

若手が有利なのは間違いないといえますが、35歳あるいは40歳を過ぎても、転職に成功することは決して不可能ではないことが分かります。

年齢による転職限界説

それでは、さまざまな年齢限界説を検証してみましょう。

・28歳転職限界説

30歳以上になると即戦力が求められることから、未経験から希望の職種に転職するためには、28歳までにその職に就いている必要がある、というのが理由です。

例えば、企業の広報の仕事をしたいと考えるなら、28歳までには、小さな会社であってもその職に就き、数年間経験を積んだ後、さらなるチャンスを待つということです。性別に関係なく当てはまります。

・30歳転職限界説

主に女性の営業アシスタント、事務職に対していわれている限界説です。

この職種は長年勤めた経験値の蓄積をあまり必要としない場合が多く、企業側としても、若手を採用して人件費を抑えておきたいというのが理由のようです。

また、30〜35歳の女性の場合、「結婚や出産ですぐ辞めてしまうのでは」と、企業側が採用をためらうこともあるようです。

・32歳転職限界説

32歳というのは、管理職でない立場での転職のリミットといわれています。

つまり、新しい会社で上司よりも年上にならないギリギリの年齢ということです。確かに年下の上司、年上の部下は互いにやりづらい点があるかもしれません。

・35歳転職限界説

35歳を過ぎると一般に新しいことへの適応力が衰えるといわれることから、この説がでてきました。

新卒や第二新卒の場合は、これから伸びます、という可能性での採用もありえますが、35歳を過ぎると、大学を卒業してから十数年の経験がありますから、その間にどのような実績があったかなど、その実力が問われます。

そしてそれが社内だけでなく、社外にも汎用性があるかどうかが厳しく見られるというわけです。

スポンサードリンク

業種別にみる転職年齢

次に、業種による転職年齢の傾向はどのようになっているでしょうか?

事務・アシスタント系、販売・サービス系、営業系は、25〜29歳で転職する人が多いです。

豊富な経験がなくても行える、専門性を判断するスキルや資格が明確でない、などの理由で、ポテンシャルを評価した採用基準になっていることが考えられます。また、企業としても事務やアシスタント系の人件費はなるべく抑えたいため若手を採用する、などの事情もあるようです。

医療や化学系の技術職
も、25〜29歳の転職者が比較的多い業種です。

製薬メーカーが医薬品開発のために行う治験業務を、外部業者に委託することが増え、CRAと呼ばれる臨床開発モニターなど、医療や化学関係の技術者の需要が増していることが背景にあるようです。

ITの技術者は、近年AIやフィンテック、IoT(モノのインターネット)など新たなプロジェクトが増え、30〜34歳の即戦力の需要が増えています。

また、35〜39歳で管理職経験のある人は、プロジェクト管理ができる中堅クラスの人材として、引き合いがあります。

経験や実績によっては40歳以上でも転職に成功します。

企画やマネジメント系の職種
は、業界を問わず30〜39歳、あるいは40歳以上で、管理職経験者、特にリーダーシップのある人が求められています。

建築・土木の技術系は、40歳以上の転職者が30パーセント以上を占めています。

東京オリンピックに向けて建設の需要が増え、人手不足な上に、若い人になり手が少ないこともあって、年齢が高くても需要があるからだと思われます。

 

・・・次のページでは、ある程度の年齢になってから転職する人の傾向と対策を紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす