1. TOP
  2. 人事異動の目的は? 会社はあなたに何を求めてる?

人事異動の目的は? 会社はあなたに何を求めてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社が人事異動を行う目的は?

人事異動はいったい何の目的で行われるのでしょうか?

納得いかない異動、それは自分のことに限らず、職場の優秀な上司や部下が他部署に異動させられてしまった…といった時にも感じることかもしれません。

実は人事異動には、社員の能力向上と会社の持続的な成長、そして不正防止の意味があります。一つずつ見ていきましょう。

スポンサードリンク

人事異動の目的は人材・職場の活性化と不正の防止

人事異動には、仕事の引継ぎや取引先への挨拶などの手間に加え、名刺作成や引越し費用の補助などのコストもかかります。

異動する当人には新たな職場や仕事に馴染む苦労があり、異動先の上司・同僚・部下も人間関係を再構築しなければなりません。

このような負担を抱えてまで、なぜ会社は人事異動を行うのでしょうか?異動に納得いかない人がいたり、望まない異動をさせられる人がいたり…異動になにか意味があるのかと疑問に思う人も多いことでしょう。

会社が人事異動を行う最大の目的は、人材・職場の活性化、規律の維持です。異動を行うことで、会社は以下の5点の実現を目指しています。

スポンサードリンク

1.ノウハウの伝達。業務の効率性・有効性向上のための指摘

ある程度の就業経験を有する人が新たな職場に入る際には、前の部署でのノウハウや経験を、新しい部署に伝えるということが期待されています。

また、移動先の部署でずっと続いている非効率なことや不便なこと、「これはおかしいんじゃないか?」といったことに気づきます。ずっとそこで働いている人には気づきにくい問題点の発見です。

ITスキルの高い人であれば、データベース活用やエクセル・シート作成などの非効率な点などを色々と見つけることでしょう。

その際に、「新しい職場はITリテラシーが低い!」「自分のやり方を教えてやる!」といった見下した態度を取らず、まず今の「非効率な」業務のやり方を体験し、その理由や背景を考えた後に改善策を提案すれば、素直に受け入れてもらえる可能性が高まります。

別の例として、加工食品には原料、加工方法、重量、包装、保管環境、輸送方法等に関する品質基準があり、この基準を満たす製品を製造・出荷した割合を引き上げること(例えば不良品率の改善)が業務の有効性の向上となります。

効率性と同じように、他部門から異動してきた人の意見が有効性の向上に役立つケースは少なくありません。

例えば、商品本来の品質とは関係のない包装デザインに対する強いこだわりに対し、新参者が違和感を覚え得ることもあるでしょう。そうした時に、包装デザインに対する有効性の判断基準(品質保証基準)を緩和するように提案することが考えられます。

長年の間に、その部署独自のやり方が固定化し、問題点が見えなくなってしまいます。また、部門の方針が決まると内部者がその問題点を指摘することは、過去の経緯や人間関係のしがらみもあり難しいものです。そこを無邪気に指摘するのは、新参者の特権です。

2.人材の活性化・成長をはかる

営業部門から調達部門、経理部門から管財部門など、まったく異なる業務部門へ異動した人は、前の仕事の役割に対する理解を深められます

例えば、営業部門から調達部門へ移動すれば、1銭単位で原価を削減する苦労が分かり、営業時代に顧客の要望を安請け合いし値引きに応じていた自分の不明を恥じるでしょう。

また、より高い視点から組織や業務を見渡すことができるようになるため、業務や情報の流れ方の問題にも気づきやすくなります。

年功序列制度の崩壊とともに様々な部門を経験するゼネラリストを育成する企業は激減していますが、会社全体の業務システムの構築・刷新を行う際には、こうした人材が大いに活躍することでしょう。

スポンサードリンク

3.事業構造の円滑な転換への備え

日本の会社は、終身雇用制度と解雇規制で社員を簡単にクビにすることが出来ません。一度入社させた社員は何らかの部署で仕事をしてもらう必要があります。

人事異動を通じ多くの人材が幅広い業務に対応できるようになっていれば、世の中の情勢や会社の業績による事業の変化を吸収し、事業構造の転換をスムーズに進めることができます

例えばIT業界では、世の中に普及している中心的なデバイスがデスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンと変遷するにつれ、エンジニアに求められるスキルが変化しています。

エンジニアをハード設計、開発システム、プログラミング言語、クライアントなどの特性に応じ細分化された組織に押し込めれば、短期的には各人のスキルが上がり生産性も向上します。

しかし専門性の高い集団になればなるほど変化に対応できる人材が少なくなり、デバイスの進化に会社が追い着けなくなるリスクに対する懸念が生じます。

こうした中で技術職から営業、経理から営業、営業から商品開発など、全く畑の異なる分野への異動でさえさほど疑問を感じないよう、普段から異動が頻繁に行われている会社であれば、事業構造の円滑な転換を進めやすい素地があるといえるでしょう。

 

・・・次のページで、さらに詳しく解説していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす