1. TOP
  2. 会社を辞めたいほど人間関係が悪化してしまう理由とその後の対処法7

会社を辞めたいほど人間関係が悪化してしまう理由とその後の対処法7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社を辞めたいほど人間関係が悪化してしまったら…

会社を辞めたいほど人間関係が悪化してしまったら…どうしたらいいのでしょうか?

人間関係の悪化や煩わしさはサラリーマンや女性社員が会社を辞めたい理由として常に上位にランクインします。

仕事自体は好きだけれども人間関係が悪いので会社を辞めたいという話もよく聞きますが、それで辞めてしまうのはもったいない話です。

まずは人間関係が悪化してしまった理由を整理し、その上で辞める辞めないを…対処できることをまずはやってみてから考えることが大切です。

スポンサードリンク

[ INDEX ] この記事の目次

会社を辞めたいほど人間関係が悪化するまでに何があった?

いい人間関係を築くのには、かなり時間がかかるものですが、人間関係が壊れるのは一瞬だったりします。

もともと性格が合わないといったことも多いですが、あなた、または相手の言動のちょっとした行き違いで人間関係が悪化してしまうこともあります。

ここでは、職場での人間関係が悪化する主な理由、から、その改善方法、そして、それがうまくいかなくて会社を辞めることを真剣に考え始めた人のために、対処法を紹介します。

スポンサードリンク

職場で人間関係が悪化する理由

1. 仕事についていけない

新入社員や異動したばかりの人の場合は仕方がない面もありますが、自分だけ仕事についていけなければ周囲の人たちとの間で不協和音が発生し、ほどなく人間関係が悪化することは避けられません。

2. 仕事がつまらない

仕事がつまらないと思っていれば意欲がわかずスキルも向上しないため、周囲の人たちは不満が溜ります。自分を見る視線は厳しくなり関係は悪化します。

3. 労働環境が悪い

長時間労働、人手不足、単調な仕事など良好とは言いがたい労働環境の場合は、同僚同士の人間関係がギスギスとしたものになりがちです。

4. 足手まといになる人がいる

自分はしっかり仕事をしていても極端にスキルの低い足手まといになる人がいればチーム全体の人間関係がギクシャクします。

5. 同性の同僚が少ない

同性の同僚が少ないとイジメの対象になる恐れがあります。

女性集団を統括する男性管理職が吊し上げられるというケースが典型的です。

6. 同年代の同僚が少ない

自分と同年代の同僚がほとんどいないと仲間外れにされる恐れがあります。

常に若年者が中高年を尊敬し、ベテランは若手をフォローする…という関係が成立するとは限りません。

7. 学歴の近い同僚が少ない

大手メーカーの工場で有名大学卒の若手がイジメられるという話は昔からあります。

学歴に大きな差があれば異分子とみなされ人間関係に苦労することはいまでもよくあります。

8. 契約社員・派遣社員が多い

正社員の待遇は契約社員・派遣者社員より恵まれている場合が多いため、正社員の少ない職場では逆差別的に正社員がイジメに遭うこともあります。

9. 出向・天下り社員が多い

出向・天下り社員は出身母体の意向やカルチャーを背負っているため、そうした人が多いとさまざまな場面で利害や意見が対立しイザコザが絶えなくなります。

10. 人間性に問題のある人がいる

本来の人間性に問題のある人がいれば当然ながら人間関係は悪化します。

世の中にはなぜか問題のある人たちを引きつける組織がありますので注意しましょう。

11. 待遇が悪い

昇格のチャンスがほとんどない、スキルアップをあまり期待できない、給料が安いなど待遇面に著しい問題がある会社では社員の労働意欲が低下し人間関係も悪化します。

12. 会社の経営状態が悪い

会社の経営状態が悪く給与カット、希望退職、指名解雇などが行われれば、次は誰がリストラの対象になるのか?と、お互い疑心暗鬼になり人間関係は確実に悪くなります。

会社内の人間関係の改善方法

1. 仕事のスキルを高める

人間関係を改善するためには、仕事で周囲の人に迷惑をかけないようにすることが重要です。

半人前の人は仕事以外の面でも嫌われたりイジメられたりしがちです。まず仕事で文句を言われないようにしましょう。

2. 資格を取得する

技術系や管理系の職種の場合、情報処理術者や簿記などの資格を取得することにより、一定のスキルや向上心を備えていることを客観的にアピールして周囲の人の信頼を得る手もあります。

3. 積極的に話しかける

机を並べいつも一緒に仕事をする人でも、あまり会話がないとお互いのことがよくわからず、いい人間関係とはいえない状態のまま毎日を過ごすことになります。

何か直接仕事以外のイベントごとなどの時を見計らって雑談をするなどで関係を築くようにしましょう。

特定業務でときどき接点のある人と折り合いが悪い場合は、仕事以外のことでも積極的に話しかけることにより関係が改善されるかもしれません。

お互いに単なる「食わず嫌い」という可能性もあります。

4. 共通の話題をみつける

性別、年齢などからみて自分が異分子だと認めざるを得ないときは、多数派と共通の話題を探して雑談することにより親近感を高める方法もあります。

ただし中途半端な知識で話しかけると余計に嫌われる恐れがあるので注意しましょう。

5. 空気を読んで相手に合わせる

とにかく空気を読んで相手に合わせることにより人間関係を改善することも考えられます。

プライドの高い人に迎合すれば相手は確実に機嫌が良くなります。ただし自分がエライと勘違いして相手が一段と尊大になる恐れがあるため、極端にへりくだることは避けるべきです。

6. 過度に気を遣わない

開き直ってあまり気を遣わないという手もあります。

とくに新参者の場合は遠慮しがちで人に話しかけたり自分の意見を言ったりすることに気が引けることも多いものですが、そうした気持ちを捨てて自分の意見を遠慮せずに述べれば誤解が解けるかもしれません。

7. 会社を辞める

悪化した人間関係を改善するもっとも確実な方法は会社を辞めることです。

もっとも少し人間関係が悪くなったからといって、そのたびに会社を辞めていればキリがありません。会社を辞めることは最終手段だと認識すべきです。

スポンサードリンク

人間関係の悪化で会社を辞める基準

会社を辞めたい!と思ったとしても、辞めて後悔してしまうことも非常に多いです。

では、どこまで人間関係にトラブルがあれば、仕事を辞めるに値するのか、それをみていきまししょう。

1. パワハラ被害に遭っているか

罵声を浴びせられる、恫喝される、達成不可能なノルマを押し付けられる、同僚と同レベルの質・量の仕事を与えられない、自分だけ仲間外れにされるなど上司によるイジメが日常的に行われていれる場合です。

退職覚悟で人事部、労働組合、労働基準監督署などへ訴えることを考えましょう。

2. セクハラ被害に遭っているか

性別に基づく差別的な発言をされる、不必要に体を触られる、個人的な付き合いを強要されるといった性的な嫌がらせを受けている場合も人事部や労働基準監督署へ訴えることを検討しましょう。

加害者が上司の場合などは会社がまったく救済措置を講じてくれないこともありますので、腹をくくった対応が必要です。

3. 職場で孤立していないか

パワハラやセクハラに遭っていなくても職場で孤立する恐れがあります。

例えば会社の意向に反し労働組合の設立に奔走したため職場で浮いてしまうというケースがあります。

また性別、年齢、学歴、出身地などから異分子とみなされる人は、何となく同僚に距離を置かれ良好な人間関係を構築できないケースもあります。

4. 会社による職場環境の改善が期待できるか

会社が各人の勤務環境に配慮し人間関係が悪化しないように配慮したり問題が生じたときに積極的に介入したりしてくれれば良いですが、そういう会社は少ないでしょう。

とくに上司との折り合いが悪い場合に会社の支援が期待できなければ、問題が解決する可能性はほとんどありません。

5. うつ病を患っていないか

人間関係の悪化による精神的な負担が限界に達していないかチェックすることも重要です。

専門医の診断でうつ病を患っていることが明らかになれば、休職か退職を真剣に考えるべきでしょう。

人間関係の悪化で会社を辞めるための準備

いよいよ会社を辞めようと決めても、こんな会社はすぐに辞めてやる!ということは避けましょう。

特定の人との間で人間関係が悪化していても、それ以外の人とは、退職後も意外なところでつながっていたりします。

円満に会社を辞めるために、注意すべきポイントを解説します。

1. 引き継ぎ資料を作る

「立つ鳥跡を濁さず」という姿勢を明確にして円満退社を図るとともに、嫌いな人とできるだけ話をせずに済ませられるよう十分な引き継ぎ資料を準備することが重要です。

2. 退職願い提出のタイミングを見極める

円満退社を前提とした場合、辞めるタイミングの見極めも重要です。

繁忙期に仕事を投げ出したとか業績悪化時に逃げ出したとか思われないようにタイミングを計りましょう。

3. 円満退職の理由を考える

嫌いなヤツがいるとか上司を許せないとかホンネを言ってしまえば円満退職になりません。

家庭の事情とか他社に転職しないとできない仕事をやりたいとかウソでもいいので誰もが納得せざるをえない退職理由を考えることが大切です。

4. 退職表明から退職までの過ごし方を決める

職場で退職意思を表明してから辞めるまでに上司や同僚とどのように接するかを決めることも重要です。

円滑な引き継ぎを行うことを第一に考えるべきですが、嫌な職場に通い続けることも苦痛なので有給休暇の消化について交渉することも考えましょう。

5. 退職後にゴタゴタしないように備える

大企業ではあまり聞きませんが、退職後にも残務整理(引き継ぎ)を求められることもあります。

こうしたゴタゴタに巻き込まれないように退職条件をしっかり詰めることも大切です。

6. 転職活動の際の説明理由を考える

一般的に職場の人間関係の悪化を理由に退職したことは公表すべきではありません。

自分に非がなく100%会社や職場に問題がある場合でも、それを正直に述べると反体制的とか忍耐力が足りないとかネガティブな印象を持たれる恐れがあります。

転職活動の際にはホンネを隠してウソでも前向きな理由を述べましょう。

スポンサードリンク

人間関係で会社を辞めたいときは…

人間関係の悪化で会社を辞めるのは本来望ましいことではありませんが、無理に我慢して心身の健康を損ねては元も子もありません。

良好な人間関係を構築できない原因は周囲の人たちにあると割り切って、前向きに気持ちよく働ける職場を探しても良いのではないでしょうか。

女性が多い職場でトラブルになったら、
職場の嫌いな女性の同僚…女同士の人間関係トラブル対処法

嫌がらせをされたら、、、
職場の人間関係 Aさん(女性)から嫌がらせを…対処法は?

職場で孤立してしまったら、
職場の人間関係で孤立したら…孤立から復帰する9つの考え方

Sponsored Links
LP13

100%女性歓迎の求人で安心!正社員で成長したい女性の転職サイト【女の転職@type】

 

いい人間関係をもてる職場が見つかりますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす