1. TOP
  2. 上手く会社を辞める方法~円満退職してアレコレ言われない3つのコツ

上手く会社を辞める方法~円満退職してアレコレ言われない3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
会社を上手く辞める方法

会社を上手く辞める方法を考えあぐねているあなた。

退職届がしっかりと受理されることが、イコール(=)円満退職ではないことはもうお気づきですよね。

会社に残る職場の人たちと、どのような接し方をすれば円満に退職できるのか?

確かに、ルールに則って退職することは重要なので、就業規則などを十分に確認した上で手続きを進めるようにしましょう。

しかし、それ以上に上手く会社を辞めるために重要なのは、やはり退職届が受理された後の社内メンバーとの関わり方です。

ここで、退職することになった説明がまずかったり、業務の引き継ぎがスムーズにいかなかったりしたら、後味の悪い退職になってしまいます。

あなたが無事に問題なく揉め事なくスムーズに上手く会社を辞めるためのコツを紹介します!

スポンサードリンク

会社を上手く辞める方法~会社への思い入れ別4タイプ

会社に残る職場の人たちと、どのような関わり方をすれば円満退職できるのでしょうか?

実は、円満退職には「コツ」があるのです。

そのコツさえおさえれば、退職日まで社内メンバーと円滑な関係を築きながら、上手く会社を辞めることができます。

そしてそのコツは、あなたが、「会社に対してどう思っているか」などによって異なります。

まずは、それを明確にすることからスタートしましょう。

[あなたの会社への思い入れ4タイプ診断]

上手く会社を辞めたい理由と言ってもぱっと思い浮かばない人のために、理由を大きく4つに分類してみました。

当てはまる項目が一番多かったところが、あなたのタイプになります。

あなたはどのタイプですか?

①恩義タイプ

職場で慕われている人
・会社への思い入れは強い
・上司や同僚、クライアントにも感謝している
・畑違いの業界に転職予定

②戦略タイプ

退職後もいい付き合いをしたい人
・会社への思い入れは普通
・取引先や業務上関わりのある会社に転職予定
・独立した際、仕事上でお世話になりたい

③回避タイプ

さっさと退職したい人
・会社への思い入れは低い
・退職時トラブルなど面倒な事態に巻き込まれそう
・退職後にできれば会社と関わりを持ちたくない

④猛進タイプ

退職トラブル
・会社への思い入れはゼロ
・一刻も早く会社と縁を切りたい
・周囲に嫌味を言われても問題ない

・・・どれが一番当てはまったでしょうか? 自分のタイプは分かりましたか?

それでは、この4つのタイプ別に、上手く会社を辞めるための具体的な方法をお伝えします。

スポンサードリンク

①恩義タイプ:会社を上手く辞めるコツ

<退職してあれこれ言われないための根回し>

「説得したら仲間になってくれる人」を探しましょう。

会社の仲間やクライアントを大事に思っているあなたは、おそらく会社にとって必要とされているでしょう。

職場で慕われている人

つまり、誰に相談したとしても引き止められる可能性が非常に高いと言えます。

そして、感情に訴えかけられることで退職時期がなかなか決まらなかったり、あるいは退職話そのものが無くなる可能性もあります。

そのため、最初に相談する人はあなたの話を親身になって聞いてくれ、会社や個人の事情を押し付けることなく、あなたの意見を尊重してくれる人を選びましょう。

そういう人はあなたの意思が固いと分かれば、今度はあなたがスムーズに退職の引き継ぎをできるよう取り計らってくれるでしょう。

<上手く会社を辞められる退職理由>

「自己実現」を軸に、退職理由を伝えましょう。

その場合、入社時の目標に立ち返ることが必要になります。

目標に向かって努力してきたこと、身に着けたこと、その過程で周囲の人に助けられたことへの感謝を伝えましょう。

その上で、実現したい将来像(目標)が変化したことを話しましょう。

ここでポイントなのは、その将来像が社内では実現できないものであるということです。

社内で実現可能となると、異動で解決するといった話に流れてしまうので、注意しましょう。

<退職にむけて準備すべきこと>

後輩や後任を育てましょう。

会社は新人だった頃のあなたに、採用前から莫大な先行投資をしています。

募集、面接、採用までの採用コストだけでなく、新人研修、OJTやスキルアップ研修など、将来的にあなたが会社に利益をもたらし続ける人材にするよう育成コストをかけています。

途中で退職するというのは、少し乱暴な言い方をすれば、それらを無に帰す行為です。

もちろん、会社側も全員が定年まで勤めないというのは想定内のことです。

しかし、もし会社に恩義を感じているならば自分が身に付けた知識やスキルを後輩や後任に継承しましょう。

あなたが仕事を通じて重ねた経験はあなた自身のものですが、培った知識やスキルはあなたの財産であると同時に、会社の財産でもあるからです。

その財産を会社に残すために、最後の仕事として人材育成に取り組んでみてはいかがでしょうか。

②戦略タイプ:会社を上手く辞めるコツ

<退職してあれこれ言われないための根回し>

あなたに「頼られたい人」を探しましょう。

業務上関わりのある会社への転職や独立を考えているあなたにとって必要なのは、いまいる会社での人脈です。

退職後もいい付き合いをしたい人

では、単純に人脈が広い人を選んだ方がいいのでは?と思うかもしれませんが、中にはその人脈を抱え込んで、他の人に紹介しない人もいます。

ここで重要になってくるのが、根源的に人に頼られることでパフォーマンスを発揮する人です。
そういった人は、頼りにされればされるほど惜しみなく力を貸してくれます。

頼るだけでなく、あなたからも何か価値を提供すれば退職後もWin-Winの関係でいられるでしょう。

<上手く会社を辞められる退職理由>

「将来的な貢献性」を軸に、退職理由を伝えましょう。

退職後も業務上関わりがあるということは、あなたはいまの会社にとって利益をもたらす存在です。そのことをまず明確に伝えましょう。

いままで会社で得た知識や経験を活かし、さらにスキルアップをして今の会社に還元するのであれば、協力してくれる人も増えていくでしょう。

<退職にむけて準備すべきこと>

退職後に請け負える仕事のスキームを作りましょう。

いざ自分が社外に出た時、いくら会社にとって利益になり得ることを提案しても、その受け皿がなければ意味がありません。

退職までの期間はそのスキーム作りに充てましょう。

システムを構築するのも良いですし、その事業に対し権限をもっている人への足掛かりを作るのも良いのではないでしょうか。

その際は、最初に転職を相談したキーマンがサポートしてくれるはずです。

スポンサードリンク

③回避タイプ向け:会社を上手く辞めるコツ

<退職してあれこれ言われないための根回し>

「世話好きな人」を探しましょう。

なるべく波風をたてたくない人にとっては、できれば避けたいタイプかもしれません。

しかし、世話好きな人は感情面にアプローチすれば必ずあなたの味方になってくれます。

さっさと退職したい人

そして、早く退職ができるよう取り計らってくれる可能性もあります。

さらに、世話好きかつおしゃべりな人であれば、いい意味であなたの退職したいという旨を噂として広めてくれます。

また、退職理由が「致し方ないもの」であれば、噂によって周囲の理解を得ることができるでしょう。

<上手く会社を辞められる退職理由>

「健康面の不安」を軸に、退職理由を伝えましょう。

あるいは「家族の問題」なども有効です。

余計な詮索をされたくない場合は、心身の健康面に言及するのもいいでしょう。そういう事情であれば仕方ない、と思われれば成功です。

中にはそのような理由では受け付けない人もいますが、キーマンが噂として広めてくれれば、同情票はどんどん増えていき、いざ退職の手続きをする時スムーズにいくでしょう。

<退職にむけて準備すべきこと>

完璧な引継ぎ資料を作りましょう。

ポイントは、「誰が見ても一目で分かるように資料をまとめること」です。

口頭での説明だけでなく、しっかり資料を残しておけば、たとえ説明した相手が異動になったとしても業務が滞りなく進みます。

退職後、「健康面で退職せざるを得なかったけど、仕事が丁寧で良い人だったな」という印象を持たれることを目標に取り組んでみましょう。

④猛進タイプ向け:会社を上手く辞めるコツ

<退職してあれこれ言われないための根回し>

残念ながら、このタイプの場合、あれこれ言われないようにするのは難しいです。

退職トラブル

ただ、トラブルを最小化するためには法律や就業規則に則って、タイミングを見計らった上で、人事部や退職に関して裁量がある人に伝えるようにしましょう。

<上手く会社を辞められる退職理由>

「一身上の都合」のみで大丈夫です。

このタイプに該当する場合、それ以上の理由を言うとこじれる可能性が高いので、上手く会社をやめるのであればシンプルに伝えましょう。

<退職にむけて準備すべきこと>

就業規則の確認をしましょう。就業規則には「退職する場合、1ヵ月前までに申し出ること」など、いつまでに退職の意思表示をすべきかが記載されています。

因みに、期間の定めのない雇用契約の場合、法律では会社を辞める場合には退職日の2週間前までに退職の意思表示をするよう定められています。

就業規則に書かれている期間が著しく長い場合は弁護士などに相談する方が良いでしょう。

スポンサードリンク

上手く会社を辞めるために一番重要なコツ

どんな事情があれ、辞めるということは周囲に多大な迷惑をかけるということです(もちろん辞めること自体は自由です。堂々と退職しましょう)。

とはいえ、あなたが抜けた後、職場の人たちが大変なのは想像できると思います。

それに対して辞めていくあなたができるだけのことをしていく、それが大切です。

多くの会社では一か月前までに退職の申し入れをするよう定めています。

もし可能であれば三か月~半年前には退職の意思を伝えることができればなお良いでしょう。実際、一部の公務員など職場によっては半年前までに退職の意思を示しておくことが慣例になっているようなところもあります。

1人抜けると、その穴を埋めるためにどこかの部署から異動させたり、新たに採用する必要が出てきます。

特に後者だと、採用コストがかかるため予算確保も含め準備期間を設けることで会社側の負担を軽減できます。

そしてそれは、社内メンバーの負担を軽減することにもつながるのです。

上手く会社を辞めたいのなら、出来るだけ余裕をもって退職準備をするようにしましょう。これが、実は一番重要なコツになります。

その上で今回ご紹介したタイプ別のコツをおさえて、とどこおりなく退職し、次のステップに進めるよう頑張ってくださいね。思う存分、自由に自分自身のキャリアを描いていきましょう。

円満にスムーズに退職するための手続きについては、
仕事を辞める手続き。円満退職するための12つの秘訣

退職の意思を伝えたら、かなり強く引き留められて困っている…という人は、
退職を慰留された…引き止めの断り方。スパっと辞める方法4

あなたが上手く会社を辞めることができますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす