1. TOP
  2. フリーターから正社員になるには?就職できた人7つの特徴

フリーターから正社員になるには?就職できた人7つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フリーターから正社員へ!

フリーターから正社員になりたい!

同じ時間を一生懸命に働いてもフリーターと正社員では年収、すなわち生涯賃金に大きな違いがあります。

いま、求人数は増加し、企業の正社員登用なども増えています。フリーターから正社員に就職するには絶好の環境です。

フリーター就活の具体的な方法について紹介します。

スポンサードリンク

フリーターから正社員になりたい…どうすればいい?

フリーターから正社員に中途採用された人の共通点」を探ってみると、次のような傾向が見られます。

1)アルバイト経験を活かした仕事に就いた

企業側としても、いままでまったくバイト経験もないようなニートだと、採用に二の足を踏んでしまうというもの。

一方で、関連するバイトを経験していれば、ある程度の仕事の能力や社会人としての最低限のマナーなどは身についていると考えてくれます。

逆にいえば、いきなり正社員での就職が難しい場合は、まずバイトでもなんでも、行きたい業種や職種の仕事をやってみるのもひとつの方法です。

2)仕事に関連する資格を取得している

資格は能力を証明するパスポート。特に業務に関係するような資格を持っていれば、採用のハードルは一気に下がります。

落ち着いて少しでもいい会社に入りたいという人は、まず資格を取得するという手もあります。

3)履歴書や職務経歴書をしっかりと作成している

履歴書や職務経歴書には包み隠さず、これまでのキャリアを明記し、志望動機をハッキリさせておくのもポイント。

企業の採用担当者は、そこに書かれている内容はもちろんのこと、キチンとした書類が作成できる能力があるかどうかを見ています。

ちゃんと仕事をして事業に貢献してくれそうな人材が欲しいわけですから、ここがいい加減だったり、空白ばかりでやる気が感じられなかったり、中身が曖昧では採用してくれるはずがないのです。

4)面接でハキハキとした受け答えができている

礼儀正しく、ハキハキと話すことができる人は、やはり面接官のウケがいいものです。

立派な志望理由や自己アピールなどを言わないまでも、自分のことをしっかりと話せるかどうかは大事です。明るく大きめの声ではっきりとしゃべることを心掛けましょう。

5)経験不問、未経験歓迎の求人に応募している

企業は即戦力となる人材を採用したいのが本音ですが、なかなか経験者だけだと応募者が見込めないので「経験不問・未経験者歓迎」の条件で募集をかけることは多いです。

未経験者歓迎の求人を見つけたら、応募を検討してみてはいかがでしょうか。

こういった企業は、経験がなくてもやる気や情熱があるようなら採用することが見受けられます。あえて、こういった会社に応募するという手もあるようです。

6)大企業よりも中小零細企業に応募している

大企業よりも中小零細の方が、就職はしやすいです。

大企業は新卒採用や転職による中途採用は積極的ですが、フリーターを正社員に登用するというケースは、ほぼありません

悲しいかな、学歴やキャリアが優先される世界です。大企業の採用は「買い手市場」にありますから、フリーターを採用する必要がないということです。

ところが、中小零細はそうではありません。人材難に悩んでいる経営者はたくさんいますから、そこに入りこむチャンスはあります。ラッキーなことに、日本の会社のほとんどは中小零細です。

まずはこういった会社を狙い、正社員としてのキャリアをスタートさせればOK。経験や実績を積むことができれば、キャリアアップ転職も夢ではありません。

6)元フリーターでも大歓迎!な職種に応募した

フリーターをいきなり正社員として雇ってくれやすい職種や業界と、そうでない職種というものがあります。

次に詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

フリーターからでも正社員として採用されやすい職種

1)営業職

「営業職」は、常に正社員を募集しています。

それこそ、未経験でもガッツややる気、コミュニケーションスキルが高いと判断されれば採用される可能性は高く、パフォーマンス次第でキャリアアップ、昇給だってできます。

ただし、ノルマがあったり、職場環境が良くないなど、ブラック企業かもしれないことも…。

事前に評判をリサーチするなどしてから応募に踏み切ることです。

2)介護職

「介護職」は人手不足が深刻な職種。

高齢化社会が進展するなか、多くの介護施設やサービス事業者が人材を募集しています。

業界自体が比較的新しいことから、未経験や無資格でも就職がしやすいといえるでしょう。

「人の世話が苦手ではない」「高齢者と接するのが得意」というなら、介護職を目指すというのもありです。

ただし、業務内容がハードなこともあり、離職率が高いのも特徴。向き不向きがあります。

また、世間でもいわれるように、薄給の職場も少なくありません。そういった点をクリアするなら、目指してみてはいかがでしょうか。

3)その他

「サービス業」「飲食業」「建設業」「物流業」も、フリーターから正社員に比較的なりやすい業種です。

飲食店であれば、アルバイトから正社員というコースは珍しくありません。

こういった業界や職種を狙ってみるのもいい方法です。

ただしブラック企業も多いので、応募から採用内定までの間のやりとりの中で、会社の様子や働いている人の態度をみて、注意しましょう。

ブラック企業の見分け方。求人情報で判定し転職前に気づく8つの方法

<応募のタイミングはいつが有利?>

正社員を狙うなら、求人に応募するタイミングも考えたいものです。

一般的に企業が社員を募集するのは春先。新卒と同時に中途採用を検討する企業もありますから、狙い目です。

また、秋口や年明といったボーナス後の時期は、正社員の退職や転職時期ですから、おのずと募集は増えます。

もちろん、思い立ったら行動すべきなのですが、タイミングも考慮することで、成功の確率を上げることも可能だということです。

フリーターを続けると生涯賃金はどうなる?

ご存知のことですが、フリーターが不利なのは、正社員に対して生涯賃金が著しく減ること。

年齢が上がると収入が増加しやすい正社員に比べると、フリーターはほとんど上がらず横ばい状態。

フリーターの年収は平均200万円前後で、若い正社員と比べるとさほど変わらないケースもありますが、30代、40代になるにつれ開きは広がります。

サラリーマンの平均年収は約400万円ですから、年間で200万円もの開きが生じるようです。

また、フリーター生活が長くなればなるほど、正社員への転職は厳しくなります。

フリーター期間が半年以下だと、男性は約7割、女性の約6割が正社員になっていますが、3年を超えると男性で約6割、女性で約4割と、正規雇用への道は険しくなるのです。
※各数字は、厚労省、総務省統計局調べによる。

スポンサードリンク

フリーターになった理由は?どのくらいいるの?

そもそも「フリーター(若年無業者)」とは、「15歳~34歳の男性または未婚の女性(学生を除く)で、パートやアルバイトで働く者又はこれを希望する者」というのが定義。

やりたい職業が見つかるまでの「モラトリアム型」、正規雇用になりたいもののなれない「やむを得ず型」、明確な目標があり生活の糧を得るための「夢追求型」に分類されます。

あなたのまわりのフリーター仲間も、「夢を追いかけたい」「特にやりたいことが見つからなかった」「就職できなかった」など、フリーターになった理由はだいたいこんなところではないでしょうか。

1980年代から90年代のバブル期、当時は空前の好景気ということもあり、アルバイトでも高給だった時代。正社員のように会社に縛られず自由に稼ぎ生きるというライフスタイルがもてはやされ、フリーターは増え続けていきました。

また、バブル崩壊後は就職難となり、フリーターを選ばざるを得ない若者も……。2003年の時点で、その数は217万人。

以降は、生活が安定しないことから避けるケースが見受けられたり、派遣社員というワークスタイルが定着したことも影響して、2008年には170万人まで減りました。

ところが、リーマンショックによる不景気で再び増加に転じ、2014年だと179万人(男性99万人、女性80万人)という数でした。若年層自体が人口減ということも関係しているようです。

それを示すかのように、15歳~24歳の比較的若いフリーターは減り続けているのに、25歳~34歳のある程度の年齢になったフリーターは増加の一途。2008年は若年83万人、中年87万人だったのが、2014年は前者が73万人、後者は106万人になっています。

統計数字には現れていませんが、これよりさらに年齢を重ねた「中年フリーター」も大きな社会問題になりつつあります。

なお、若年層人口に占めるフリーターの割合は、2014年時点で男性は6%、女性は6.8%、全体だと7.7%で、全体の割合は右肩上がり

つまり、人口減で数は減っているものの、割合としては増えているという実態もあるようです。

就職先をどうやって探すのがいい?

仕事を探す際は、求人サイトを積極的に使いましょう。

ハローワーク経由という手もありますが、ブラック企業が混じっているなど玉石混淆で、見抜くことは容易でありません。

求人サイトであれば、自分のタイミングで仕事を探すことができ、なかにはフリーターの正社員登用をサポートしてくれるところもあります。

コンサルタントの助けを借りながら、自分自身に向いた仕事を紹介してもらえるかもしれません。

具体的には、転職する人の定番サイト「リクナビNEXT」、フリーター、既卒などの若者の正社員就職支援に特化した「ハタラクティブ」、「ジェイック」「第二新卒AGENTneo」といった就職・転職サイトが知られています。

ハローワークを利用する場合は、「トライアル制度」を活用するのもお勧めです。

これは、3カ月間で雇用側と求職側が互いに適性を見極め、両者が正式に合意すれば正社員として採用が決まる制度。

要は「お試し」で働くことができ、その間は給与を受け取ることもできます。求人は窓口で紹介してもらえ、手続きもハローワークで行います。

傾向と対策を押さえて就職活動を行えば、フリーターから正社員に就職することは十分可能です。

もちろん、コネがあるならそれを使ってもいいのです。大事なのは、行動を起こすことです。

スポンサードリンク

フリーターの就活はいまが大チャンス!

何かとネガティブな面が際立つフリーターですが、その状況を打破して、正社員として就職した人はたくさんいます

折しも、いまの国内雇用環境は悪くなく、2015年11月の有効求人倍率は1.25倍と、1992年1月以来の高水準を記録しました。

先述したとおり、フリーター期間が長くなればなるほど、就職は不利になっていきます。

いま悩んでいるならば、すぐに始めてみませんか。

Sponsored Links

ブラック企業を避けて、フリーターから正社員になる支援サービスは、
フリーターから正社員で就職!既卒が就活をやり直しするには?

あらためてフリーターを続けるデメリットは、
フリーターと正社員…将来の違いが一目瞭然!デメリット9つ

早くあなたが正社員として楽しく働けますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす