1. TOP
  2. 脱サラで成功しやすい仕事の特徴7 独立リスクの低い仕事!

脱サラで成功しやすい仕事の特徴7 独立リスクの低い仕事!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脱サラして成功しやすい仕事

脱サラしたい!起業独立したい!

やりたい事業のアイデアがあって燃えている人、
もうサラリーマンは嫌だから独立したい、
サラリーマンをやめて自由に生活したい!

…という人は大勢います。

しかし、それを実行に移す人は限られています。

なぜなら、“脱サラはハイリスク”…というイメージが強いからです。

一般的にサラリーマンを辞めれば、収入が不安定になることは避けられません。

なんといっても毎月決まった額の給料がもらえるという以上の安定はありません。

ただし、自分の裁量は限られ、自由は多くありません。また、いきなり給料が倍になることもありません。

でも、独立すれば、収入も自由度も青天井です。

冷静に現状を分析して成功しやすい業種・形態を選び、準備を怠らなければ失敗の可能性は下がり成功の確率は格段に上がります。過度に脱サラを恐れる必要はありません。

脱サラで成功しやすい仕事の傾向について紹介します。

スポンサードリンク

脱サラして成功しやすい仕事の特徴

1. 販路が確保されている

仕事で一番重要なことは販路を確保することです。

十分な人数、社数のお客さんを具体的にイメージできれば取りあえず安心できます。

2. 市場規模が大きい

飲食業とかIT関連など市場規模が大きい分野には、新規参入者が成功できる余地が十分にあると考えられます。

3. 差別化余地が大きい

1つの市場の中で他社と差別化できる余地が大きければ成功するチャンスも広がります。

例えばラーメンには多種多様な味があるため、オリジナリティの高いものを開発すれば一気にブレイクすることも期待できます。

4.ノウハウ・経験を活かしやすい

当然ながらまったく新しいことにチャレンジするよりサラリーマン時代の経験を活かせる仕事をする方が成功する確率は高まります。

5. 生活密着度が高い

趣味性の強い商品・サービスよりも生活密着度が高い分野の仕事の方が堅いと言えます。

飲食業であれば高級店やエスニック料理店より町の定食屋の方が安定的に稼げます。

6.固定費が少ない

人件費、不動産賃料などの固定費が少なければビジネスの安定性は高まります。

同業者よりも高い固定費を負担していれば利益確保は困難です。

7.副業からスライドできる

サラリーマンとして勤めながら副業として開始して、ある程度の収入を確保してから独立することができれば、独立直後の資金面などのリスクを最小限に抑えることができます。

いま現在の仕事を会社とは別にバイトとして請け負う、ネットビジネスで副業を行うなどがあります。

スポンサードリンク

脱サラリスクが小さい仕事

1. 家業の承継

脱サラして始める仕事で一番リスクが小さいのは家業です(足元の経営が大きく傾いていれば別です…)。

一番重要な販路が確保されている訳ですから、これほど心強いことはありません。

実家の農業を継ぐといった場合であれば、必要な機材もそろっているので当面の生活費さえあれば最低限の資金で始められます。

ユニクロ(ファーストリテイリング)、大戸屋など家業を継いだ経営者が大企業へ成長させた例も少なくありません。

2. フランチャイジー経営

ある程度の年齢に達してから脱サラするなら、フランチャイズビジネスのオーナー(フランチャイジー)がもっとも現実的な選択肢でしょう。

開業に必要な初期費用(総額300万~1000万円程度が多い)を用意でき、家族の協力を得られれば基本的に誰でもオーナーになれます。

フランチャイズビジネスは、アントレなどのサイトでまとめてチェックできます。

主な業態は、①コンビニ、②飲食店、③修理・衛生関係、④学習塾です。

このほか最近では美容関係(エステ、リラクゼーションなど)も増えています。

3.ITエンジニア・ウェブデザイナー

プログラマー、プロジェクトマネージャー(PM)、システムエンジニア(SE)、運用・管理者、ウェブデザイナーなどは、需要が多い上に初期投資をほとんど要さないため、いきなり従業員を何人も雇ったりしない限り大きなリスクはないでしょう。

個人で始めれば、たとえフリーランス・起業としては失敗しても、請負契約で特定企業に専属したりサラリーマンに復帰したりしやすい点もメリットです。

4.インターネットを利用したビジネス

ブログを書いて広告収入や販売収入を得るブロガー(アフィリエイター)は、サラリーマンとして勤めながら休日や隙間時間を利用して副業として始めることができます。

ネットオークションでの転売などの方法で稼ぐ人もいます。

これらのビジネスでサラリーマンとしての本業で得られる収入を大きく超えて安定してくれば、会社勤めを辞めることを検討できるようになります。

ただし、その手法が10年先も通用するかどうかは疑わしいです。

ネットの世界は移り変わりが激しいので、その時々の情勢に合わせて柔軟にビジネスを変化させていくことが大切です。

脱サラリスクが中程度の仕事

1.飲食店経営

脱サラして飲食店経営を始める人は大勢いますが失敗している人もたくさんいます。

失敗する最大の理由は事業計画の甘さにあります。

とくに資金計画がずさんな場合はすぐに廃業へ追い込まれます。

腕のいい料理人がマーケティングとコスト管理もしっかり行えば、長期的に店を維持できる可能性が高まるので、とにかく事業計画を疎かにしないことが大切です。

2.商店経営

既に営業基盤が確立された店を継ぐのではなく新規開業する場合は、それなりのリスクを伴います。

とくに趣味性の強い雑貨店などはまったくお客さんが来ない可能性があります。

ニッチな商品の場合はインターネット(ネットショップ、ブログ、SNSなど)を活用するなどして販路開拓に努めることが重要です。

3.農林漁業(Iターン)

家業で代々農家をやっているといった場合は先に紹介しました。

そうしたツテがなく新規就農したり、まったく未経験で漁師や林業を始めたりする人がメディアなどで取り上げられることも多くなっています。

最近では地方自治体や組合などが1次産業従事者を募集していますので、それに応募する手もあります。

一般的に地方自治体等の支援を受けて農業などを始めること自体はあまり難しくありません。

ただし事業として成功させるためには、規模拡大、販路開拓、生産技術の向上、コスト削減などさまざまな努力が必要になります。

Iターン転職については、
Iターン転職で人生を変えたい人が注意すべき17のこと

4.資格事業

国や専門機関が与える免許や認定資格に基づく独立開業しやすい仕事は、以下の3つに大別されます。

① 事務系

弁護士、会計士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、宅建士、建築設計士など

② 医療系

医師、歯科医師、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師、獣医師など

③ 技術系

理容師、美容師、トラック運送業(緑ナンバー)、個人タクシー業など

資格事業で成功するための最大のポイントは、「販路の確保」です。

資格を取得し看板を掲げれば自動的に集客できるほど甘くありません。とくに事務系資格は営業力が極めて重要です。

資格取得の難易度と事業の成功確率は全く比例しないことにも肝に命じておきましょう。

5.工事業・職人

脱サラして電気・水道工事業、工務店経営あるいは、大工、左官、とび職、鉄筋工など建設系職人、石工職人、庭師、伝統工芸職人などに転じることも考えられます。

多くの職人は10代から20代前半で修業を始めています。ある程度の年齢を経ている未経験者が職人としてのスキルを身に着けさらに独立開業するためには、これまでの経験も強みにして修行に励むことが大切です。

6.その他の一般的なビジネス

あなたがサラリーマンとして現在取り組んでいるビジネスや、それらの技術などをもとにした商品・サービスなどでそのまま独立起業する場合は、すでに一定の需要があることがわかっているため、リスクは小さいといえるでしょう。

ただし、サラリーマンであれば、営業なら営業、技術者なら技術のことだけ考えていればよかったことが、お金の請求・支払い入金の管理、税金、労務管理、さまざまな書類の処理など、経営に関わるあらゆることをすべてやらなくてはいけなくなります。

それをうまくこなしていけるかどうか、誰か助けてくれる人はいるかなど、しっかり考えておきましょう。

スポンサードリンク

脱サラリスクが大きい仕事

1.社会事業(NPOなど)

社会事業には、存在意義は高いものの利益を確保しにくいという特徴があります。

通常のビジネスは受益者(顧客)から十分な対価を得ることで維持されますが、大半の社会事業は受益者が支払う料金だけでは成り立ちません。

補助金や寄附を確保できなければ、すぐに経営が破綻してしまいます。

需要(受益者の数)が非常に多い社会事業では、財務基盤がしっかりしていれば長期的に事業を維持できます。

2.クリエイター

デザイナー(Web,ファッションなど)、ライター、カメラマン、建築家などクリエイティブな仕事は脱サラして始めやすい仕事の1つです。

ただし、一部の売れっ子以外はなかなか儲からず、生計を維持することも難しいのが現実です。

独立したものの仕事を確保できずサラリーマンに逆戻りという人も少なくありません。

3.スポーツ選手

言うまでもなくトップレベルのスポーツ選手は、企業に所属するアマチュアからプロに転向すれば多額の報酬を得られます。

2番手、3番手クラスの選手でも大学や高校チームの監督・コーチ、用具メーカーのスタッフ、スポーツ医療・生理学の専門家などに転身する道もあります。

4.芸術家・音楽家・芸能人・ユーチューバーなど

芸術・音楽・芸能分野でもトップレベルの人がプロになれば多額の収入を確保できます。

ただし売れなければ、スポーツ選手以上にツブシが効きません。

十分な収入を見込める転身先は学校の講師などに限られます。

5.文筆業・漫画家など

作家、ノンフィクションライター、翻訳家などの著述業や漫画家なども当たれば多くの報酬を手にできますが、そうした人はわずかです。

本が売れなくなったと言われて久しく、芥川賞や直木賞を受賞しても、それだけでは専業作家にはなれない時代です。

6.金融関連事業

FP(ファイナンシャルプランナー)、保険代理店、貸金業、投資助言・代理業などの金融関連事業は一定の知識・経験と資金(保証金)があれば誰でも開業できます。

ただし、同業者との差別化を図り一定数の顧客を確保することは至難の業です。

これらの事業で成功することは士業と比べてもハードルが高いのが現状です。

7.コンサルタント、カウンセラーなど

経営コンサルタントや心理カウンセラーなどの相談業務も、いかに顧客を確保するかに事業の成否がかかっています。

資格も不要で、誰で開業できますが、生き残れる人はほんの少数だけ。練りこまれた戦略とある意味泥臭いことにも取り組む覚悟が必要です。

8.起業アイデア

思いつきでビジネスを始めることほど危険なことはありません。

ビジネスモデルコンテストなどで優勝したからといって、それが現実の世界で事業として回っていくかどうかは未知数です。

そもそもこれまで誰もやっていないようなビジネスが本当に成り立つのか、始める時点ではまったくわかりません。

たとえ優れたアイデアであっても、事業として成功するためには、資金面・経営面などで、ビジネスの成功者からアドバイスを受けながら進めていけるといった環境を整えられるかどうかがカギとなるでしょう。

脱サラして成功するために確認すべきこと

1.人生観

脱サラを思いついたときは、まず自分の人生観を整理しましょう。

安定収入を得て家族を養うことを第一に考えている人は、成功する絶対的な確信を持てない限り脱サラすべきではないでしょう。

一方で組織の理不尽な要求に逆らい自分の意思を貫いて生きたいと考える人は、生活が不安定になっても脱サラする方が幸せかもしれません。

2.住居

まず社宅に住んでいる人は脱サラすれば自動的に転居せざるを得なくなります。

一般の賃貸物件や持ち家に住んでいても、収入の減少・不安定化、職場の変更などから転居の必要性が生じるかもしれません。

3.子供の養育・教育

脱サラして収入が減少したり不安定化したりすれば、子供の養育・教育にも影響を及ぼします。

またIターンして田舎で農業を始めるといった場合は生活環境が根本的に変わります。こうした変化が子供にとって望ましいことか否かを真剣に考えることも大切です。

4.両親の介護

いまは問題なくても介護適齢期の親がいる人は、介護に要する時間や費用を見積もることも重要です。

大企業社員や公務員であれば、介護休暇制度が充実しています。脱サラした直後に親の介護が必要になり、会社を辞めなければ良かったと後悔しないようにしょう。

5.資産・負債

いまの資産・負債を“正確に”把握することが極めて重要です。

とくに持ち家の時価評価を厳格に行うことが大切です。

戸建て住宅の建物部分と郊外型マンションの価格は、買ったその日から低下します。

時価が住宅ローン残高を下回る(自宅を売ってもローンが残る)リスクもあります。

6.収支見通し

脱サラすれば収入は不安定化しますが、支出はかなり正確に見通せます。

保守的な収支予測を立てて“最悪のシナリオ”を考えることが重要です。

例えば、収入ゼロで何か月間生活できるかをあらかじめ計算しておけば、脱サラが上手くいかなかったときの方針転換のタイミングを見極められます。

7.起業環境(参入障壁)

起業に適した環境か否かを見極めることも必要です。

いまは行政(補助金)、金融機関(銀行融資、ベンチャーキャピタル出資)とも起業を積極的に後押しするスタンスを強めているため、一般的には脱サラしやすい環境だと言えます。

ただし業種によっては引き続き規制が大きな参入障壁になっています。

例えば農地の取得に当たっては地域の農業委員会の許可を要します。こうした規制を乗り越えられれば逆にライバルの新規参入の障害になってくれる場合もあります。

8.配偶者・家族の意向

脱サラは配偶者や家族にも大きな影響を及ぼします。

周りの人の賛同や協力を得られない中で強引に独立しても上手くいかないでしょう。

あとから家族に「あのとき会社を辞めなければ...」と言われる可能性があれば、脱サラを見送る方が無難です。

スポンサードリンク

脱サラして成功するために大切なこと

脱サラして新たにビジネスを始めれば、失敗する可能性が大いにあります。

会社を設立して10年後も生き乗っているのは諸説ありますが10%前後といわれています。

それを認識した上でサラリーマンを辞める覚悟かあるかどうか、よく考えて決断することが大事です。

失敗したとしても、それを後悔しない覚悟が脱サラする上でもっとも重要なことです。

脱サラで失敗しても、またサラリーマンに戻って、その経験も活かして活躍することも可能ですし、再起をはかることもできます。

まずは綿密な計画を立て、着実に実行していくことが大切です。

はたらくすの執筆陣には脱サラ組もたくさんいます。

脱サラするのであれば、覚悟を決めてやるべきことをやってください。

サラリーマン時代とは違った喜びと苦しみの両方があなたを待っています。


スポンサードリンク

独立しやすい仕事は、
脱サラ!独立できる仕事一覧。独立開業しやすい職種は?

副業からネットで稼ぎたいという人は、
ネットで副業したい初心者にお勧め。在宅ですぐに出来る仕事は?

独立したい!というよりも一人で自由に孤独に働きたいという人は、
人と関わらない仕事!対人ストレスの少ない仕事BEST17

いまの仕事を辞めたらどうなるのかは、
仕事を辞めたらどうなる? 辞めた後の自由と困難シミュレーション

人生がどう変わるか、じっくり考えるために、
「サラリーマンを辞めたい」と思ったら、独立・転職前に読む話

しっかりと計画・準備して会社を辞めたならば、あとはもうやるだけです。あながた脱サラ成功しますように!

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす