1. TOP
  2. 嫌いな先輩社員どうする?職場の嫌な人との付き合い方4タイプ別対策

嫌いな先輩社員どうする?職場の嫌な人との付き合い方4タイプ別対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
嫌な先輩社員

会社で働く上で最も重要なのは、何より社内の人間関係ではないでしょうか?

仕事の中身や給料に満足していても、社内の人間関係に悩みがあれば、毎日の出勤は憂鬱なものになります。

職場の人間関係の悩みのうちでも、最もそれが深刻になってしまうのは、嫌な先輩社員がいる場合です。

業務であなたと関わることが多く、なにしろ相手は先輩ですから反論するのも難しく、職権や先輩グループの威光をカサに、無理難題を押しつけてきたり、無視したり、まるで幼稚なイジメのようなことまでする人もいます。

なにしろ同じ社内にいるので、ずっと避け続けるというのも難しいです。

そんな職場にいる難しい先輩はどうするか、先輩社員のタイプ別の対策を紹介します。

あなたが充実した会社生活を送るために、重要な人間関係の問題が解消するお手伝いが出来れば幸いです。

スポンサードリンク

嫌いな先輩社員の4タイプ

職場の嫌な人のなかでも、先輩社員というのは、関係から逃げるに逃げられなくて辛い思いをすることも多いです。

そんな嫌いな先輩のタイプを代表的な4つに分けてみました。


1.仕事に対して厳しすぎる先輩

2.威圧的な態度をとってくる先輩

3.無愛想で無視する先輩

4.嫌みやあなたの悪口を言う先輩

順に見ていきましょう。

スポンサードリンク

1.仕事に対して厳しすぎる先輩

仕事に対して異常なくらい厳しい先輩です。言っている事は間違っていないものの、技術的に無理な要求をしてきたり、ささいなミスでこっぴどく叱りつけたりするのが特徴です。

言っている事自体は正論なので反論も難しく、あなたがまだ仕事に慣れていない時には厄介な存在です。

注意程度の叱り方ならまだいいですが、怒鳴るように叱るタイプの場合は、あなたも委縮してしまうでしょう。

いくら能力が高い先輩でも、嫌なタイプの先輩に含まれます。

厳しい先輩

<キビシすぎる先輩の心理>

自身も過去に同じように厳しく指導されて成長してきた為に、後輩にも同じように接しています。

もっと遡ると両親のうちどちらかが細かいミスを逐一指摘したり、厳しかったりした場合、こういう人になってしまいます。

本人としてはキチンといい仕事をさせるために鍛えているつもりなので、まったく悪気はないのですが、ちょっとシンドいです。

また、実際に仕事がデキる先輩で、過去の自身とあなたの今の能力を比較するタイプだと、なかなかその先輩の基準をクリアするのは厳しいものがあります。

“あの頃の自分はできたのに、なぜおまえはできないんだ”といった感覚を持っているため、あなたを必要以上に厳しくしかりつけています。

また、あなたの仕事の品質が低かったりミスをする事で、その先輩自身も上司から叱られるという理由で、あなたの仕事を厳しく指導している可能性もあります。

<キビシすぎる先輩への対策>

最も効果的なのは、あなた自身の仕事に対するレベルを上げる事です!

…と言われても、いきなりは無理ですよね。

そこで、レベルアップするために努力している姿を、しっかりとその先輩に見せつけてやりましょう。

もちろんそれは見せつけるフリではなく、本当に努力する必要があります。

少しでも早く仕事を覚えたい、一つでも多くの仕事をできるようにしたい、そのために勉強して、現場でメモをとり、帰っては、努力しているその姿を先輩社員に見せるのです。

あなたの仕事への強い熱意を見せる事で、見込みのある人間と思わせる事ができます。

この手のタイプは、相手がやる気を見せれば自身の指導方法についてもしっかり考えねばと思うようになります。

そうすると、むやみやたらに怒鳴ったりすることは減り、あなたのレベル、あなたに合った指導方法をとってくれるようになります。

<このタイプの先輩への具体的対処方法>

  • 積極的に質問し、教えられた事もメモをとる。なぜ、どうしてと言った理由まで聞くと熱意が伝わる
  • 仕事用のノートと自身で作成し、会社に置いておく
  • 質問する時は、もじもじして申し訳なさそうに聞くのではなく、ハキハキとした口調で堂々と質問する
  • 例えもっと効率のいい方法を見つけても、はじめのうちは教えられた事をそのまま忠実に守る

あなたがどれだけ仕事に真剣なのかを、いかに先輩社員に伝えられるかが勝負です。

これらの方法をとる事で、あなたが真剣に仕事に取り組んでいる事と、その熱意を伝える事ができますよ。

2. 威圧的な態度をとってくる先輩

あなたにだけ偉そうにしたり、何かと威圧的な態度で突っかかってくるタイプです。

ミスをしたわけでもないのに、あなたにそういった態度を見せる先輩がこれに当たります。

こうしたタイプの先輩社員は、誰にでもではなく、誰か特定の相手にだけこうした一面を見せます。

言ってみればこれは職場内のいじめとも言えますね。あなたとしては、こんな対応をされる事に心当たりがなく、解決手段が分かりづらい点が厄介です。

ジャイアン型先輩

<威圧的な態度をとる先輩の心理>

あなたが先輩以上に仕事ができる場合は、嫉妬が原因であなたをいじめている可能性が高いです。

この場合、1の先輩とは逆に、あなたが仕事でデキる社員ぶりを見せたり、その先輩の至らないところをフォローしたりすると、機嫌を逆撫でしてしまいます。

かといってミスをすると、それを執拗に責めたり怒鳴ったりします。

また、仕事を抜きに、お互い人間的に合うか合わないかの相性がありますが、先輩側からすると、あなたとはソリが合わないと思っているため、それできつくあたる可能性もあります。

どちらにしても社会人としては、あまりにも幼稚な理由であなたにそういった態度をとっています。

先輩という立場を悪用して、いわゆる憂さ晴らしをするためにあなたをいじめており、本人も少しその自覚を持っていますが、それを悪いこととは思っていません。

<威圧的な態度をとる先輩への対策>

あまりにもその対応がひどい場合は、一人で悩まずに他の先輩や上司に相談するべきです。

例えばあなたがミスしてそれをしつこく責めてくるなど、度を超えているにしてもあなたの仕事内容がきっかけなら、上司の対応も難しいでしょう。

しかし、あなたに何も非が無ければ何も悩む必要はありません。少なくとも、その場で大ケンカをしてしまうよりも、上司に相談して被害を訴えた方が賢明です。

会社としてもいじめは大きな問題ですし、あなた自身が何か行動を起こすのは、会社の対応を見てからの方がいいでしょう。

上司がしっかりと対処してくれれば問題は解決します。

仮に会社が何も対応してくれなければ、激しく口論をして、嫌でもこの事を社内で問題にさせるという方法もあります。

また、あなた自身で解決し、最終的にその先輩社員とも良好な関係を築きたい場合は、何を言われても平然として、決して委縮したり怯える仕草は見せず、気にもしない態度を見せましょう。
それを守りつつ、会話の際には先輩の事をおだてる事を意識するといいですね。

こういう高圧的な態度に出る人は、人間的にはとても幼稚です。根源的な部分で自分に自信がないのです。だからちょっとおだててしまえば、意外にも簡単にいい気分になってしまうものです。

表現は悪いですが、幼稚な性格を巧みに利用してあなたがコントロールしてしまう事で、表面上良好な関係が築けます。

<このタイプの先輩への具体的対処方法>

  • 他の先輩社員や上司にこの事を報告、相談する。改善されなければ、何度でも訴える
  • 怖がっていると調子に乗ってくるため、全く気にもしていない強気な態度で接する
  • 先輩をおだてていい気分にさせる
  • あなたの方が実力的に能力が上でも、相手の事は先輩としてきちんと讃える
  • いくら嫌いでも、絶対にケンカはしない(ただし会社が何も対応してくれない時には口論するのは有り)

その先輩を会社の中で処分してほしいか、普通に接する事ができる良好な関係を築きたいか、あなたがこの先輩社員に対して最終的に何を望むかで、対処方法が決まってきます。

 

・・・次のページで、さらに対処法を紹介していきます。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす