1. TOP
  2. 40代で転職活動が長期化したら…焦りをどう乗り越えるか…

40代で転職活動が長期化したら…焦りをどう乗り越えるか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
40代で転職活動が長期化したら…

少子高齢化や人手不足が続くなか「35歳転職限界説の崩壊」という言葉を耳にするようになりました。

この言葉は、40代でも転職する人が多くなっていることを意味します。

あなたの周りでも40歳を過ぎて転職した人がいるかもしれませんね。

しかし、そうはいっても40代の転職は、若い人たちのように簡単にはいかないのが現状です。

転職活動が長期化してしまい、だんだんと「焦り」が大きくなってくる。

こういう人がとても多いです。

そんな状況を乗り切って、転職がうまくいった人は、どんな転職活動をしていたのでしょうか?

大きなポイントとなるのが、数多くの面接に臨むことでした。

[男性 47歳 広告業勤務 営業職]のケースを見てきましょう。

スポンサードリンク

40代で転職することになったきっかけ

私の転職のきっかけは、それまで勤めていた勤務先がグループ会社と合併したことです。

グループ会社と合併することによって、大規模な人事の見直しが始まり、リストラも行われました。

会社の先行きが不透明になったこと、長年一緒に働いてきた仲間が理不尽な処遇を受けたこと、これがまずきっかけです。

また、人事が見直されたために、業務の知識を持たない人が上司になってしまうなど、業務が円滑に進みにくい環境となってしまいました。

それまでの仕事でもっと改善できるところがあったのにやらずにいた、そこへ、自分の考えていた理想とは違った仕事の進め方をしなくてはいけなくなったことで本格的に転職を考え始めました。

そしてこのことを機に、いままで行っていた販促サービスだけではなく、広告をも包括した総合的な業務に携わりたいと考えました。

それが結局は退職して転職活動を始めた理由です。

スポンサードリンク

転職前に悩んでいたこと

転職前に悩んでいたことは、転職先での業務を順調に遂行することができるかどうか、ということです。

転職すると、初めて行わなければならない業務が多いこと、また、転職時には、年齢が40代中盤に差しかかっていたこともあり、より不安に感じられました。

そのほか、転職先の社風と人間関係についても不安に感じました。

人生経験が長れが、ある程度はそつなく人間関係を保つことができるものですが、そうは言っても、やはりなかなか反りが合わない人はいるものです。

職場のノリや雰囲気というものもあります。

転職先が私に合うかどうか、という点がやはり気になりました。

転職先は、転職サイトをメインで探す

転職先は、転職サイトをメインに探しました。

主に利用した転職サイトは、「リクナビNEXT」「マイナビ転職」「はたらいく」「ジョブセンスリンク」などです。

特に「求人新着情報」はこまめにチェックしていました。

しかし、求人新着情報に情報が載っていない場合は、検索条件を変えて探してみました。

それでもなかなか見つからない場合は、気分転換を兼ねてハローワークで求人を探しました。

応募先を絞ることができたら、「転職会議」や「会社の評判」などのクチコミサイトやホームページで、応募先企業のチェックを行いました。

スポンサードリンク

記入済みの履歴書・職務経歴書は常に3部用意

私が応募した会社は15社ほどでした。

一般的には、年齢の数だけ応募しなければならない、と言われており、私は、「多くの会社に応募しなければならない」と考えていたことから、記入済みの履歴書・職務経歴書は常に3部用意して、面接に備えていました。

履歴書や職務経歴書の記入は、意外と手間ひまがかかり、面倒に感じてしまいがちですが、事前に記入しておくだけでも、作業的にも気分的にも楽に感じられました。

転職は「あせりとの戦い」

一言で言うなら、転職は「あせりとの戦い」です。

転職活動が長くなればなるほど、ますますあせりを感じてしまいます。

生活費のこと、家族との関係のこと、孤独感など、いろいろあります。

生活費

なんといってもあせりを感じるのが「生活費」です。

当然ながら、仕事をしていなければ、収入は0円です。

しかし、支出はいつもと変わらないので、どんどんとお金が減っていき、不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。

生活費の面で、あまりにも不安に感じてしまったため、日雇いバイトを行い、収入の足しにしていました。

家族との関係

転職活動を始めたばかりの頃は、家族との関係はさほど悪くはありませんが、転職活動が長くなればなるほど、家族との関係が悪化していきます。

収入が入らないことに対する不安は、家族も同様ですし、あまりの不安に、お互いにいらだつことさえあります。そのため、ケンカになりやすいのです。

できることならケンカは避けたいですが、根本的な解決は、やはり就職を決めることだと思います。

孤独感

会社で仕事をしていると、まわりの人たちとつながりが保てていますので、なにか問題がおきても自分が孤独だと感じることはありませんでした。

しかし、無職の状態だと、社会とつながっていないこともあり、孤独に感じ、自分が情けなくなることがあります。

孤独に感じるのは家庭からでも同様です。稼ぎがないことから、家族から白い目で見られているように感じることもありました。

希望の職種へのこだわり

転職活動が長くなると、多くの会社の求人を眺めていることもあり、どんな会社に入れば良いのか分からなくなってしまうこともありました。

内定の出やすい会社」が良いのか、それとも「自分のやりたいことができる会社」が良いのか。

そんなことですら迷ってしまう自分がいました。長引く転職活動で、精神的に疲れていたのかも知れません。

そのような日々が過ぎましたが、転職活動を始めてから10か月後に、ようやく内定をもらうことができました。

スポンサードリンク

たくさん応募して面接は数多く行うべき

転職期間中は、面接は数多く行った方が良いと思います。面接をたくさん行うことで、徐々に面接に慣れてきます。

また、面接で失敗しても、その失敗を次の面接に活かすこともできます。

また、面接することで、その会社が自分に合うかどうかが良く分かると思います。

求人票を見ただけでは、さほど入社したい会社だと思わなくても、面接することで「自分にとって良い会社だ」と感じることがあります。

「内定」をもらうためには、面接をしなければなりません。

面接を受けようとおもったら応募しなければいけません。

失敗を恐れずにどんどんと応募して、面接すべきだと思います。

その結果、内定にまでたどり着けることができました。

転職後、最初の1年は「郷には入れば郷に従え」

転職して実感したことは「郷には入れば郷に従え」ということです。

実際に入社してみると、面接時の説明よりも賞与が少なかったことなど、会社側の説明と実際の事情が異なるケースが見られました。

ただし、1年目の社員が主張したところで聞いてもらえないのがオチです。

「郷には入れば郷に従え」のことわざ通りに行動して、1年目は様子を眺めて、主張するなら、仕事の実力がつき始める2年目以降が良いと思います。

ただし、あまりにも理不尽だと感じた場合は、会社に見切りを付けて、次の転職を考えた方が良いかも知れません。

「再就職」ではなく「転職」すべき

できることなら、会社に勤めている間に次の会社を決めてしまうのが良いと思います。

私のように転職活動が長引くと、生活費の問題や家族との関係悪化など、いろいろな問題が発生しやすくなり、毎日の生活がつらくなってしまいます。

この辺のことを私は甘く考えていました。

辞めてから転職活動をしてもすぐに私を必要としてくれる転職先が見つかるだろう、長くサラリーマン生活を続けてきて少し休みたいという気持ちもありました。

しかし、40歳も半ばにきて、それはもっとよく考えておけばよかったといまは思います。

これから転職しようかという人へのアドバイスとしては、退職してしまってからの「再就職」ではなく在職中に活動して「転職」すべきだと考えています。

もし、やむを得ない事情で、会社を辞めた後に就職活動をしなければならない場合は、生活費のこと、家族との関係のこと、孤独感のことなど、「会社を辞めた後の過ごし方」について、事前にイメージして、計画を立てておいた方が良いと思います。

あせりを克服するなら、まずは行動を

なかなか転職できないと、精神的に、あせりを感じてしまいます。そのような状態になると、転職活動すらためらいがちになることもあります。

しかし、あせりばかり感じていても、前に進むことはできません。

あせりを克服するなら、まずは行動しましょう。

行動すること、転職サイトに登録して求人を探し、書類を書いて応募して、それをすることで面接までたどり着くことができます。

もし、面接が上手くいかなくても、失敗をバネにして、次の面接に活かしましょう。

多くの会社の面接を受けて、面接に慣れたと感じるようになると、自分の中で余裕が感じられるようになります。

面接官もあせって落ち着きのない人よりは、余裕を持っている人を採用したいと感じることでしょう。

「案ずるより産むが易し」ということわざの通りに、まずは行動し、うまくいってもいかなくても、それを続けていきましょう。

40代での転職で大切なポイントは、
仕事辞めたい40代が未来を勝ち取るために大切な18のこと

40歳からの転職で考えておきたいことは、
40歳からの転職は?40代の転職で考慮すべき10のこと

あなたがしっかり行動して、早く内定されますように。

★会社に行くのが嫌で在宅で稼ぎたいという人にはネットビジネスがおすすめです。
ネットで副業したい初心者向け。在宅ワークで出来る仕事は?

★転職に役立つ資格を取りたい人は、
簡単に取れる資格<事務系9つ>就活・転職で有利に!

★やりたい仕事がわからない…という人は・・・
やりたい仕事がわからない…適職・天職を見つける17の方法

よく読まれている関連記事

あなたらしい働き方を応援します!
楽しい仕事へ@はたらくす